薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の業界

業務のサポートを行う薬剤助手や調剤薬局事務について詳しく解説!

投稿日:

薬剤助手

最近の一般求人誌を見ていると「薬剤助手」というタイトルの求人があります。

業務内容には一般事務、受付業務、 調剤薬局おける薬剤師のサポート業務(接遇・処方せん入力、レセプト請求)と書かれています。

このような業務内容は、今まで調剤薬局事務員という名称での求人が多かったのですが、病院内薬剤部でサポート業務に対する求人名称である調剤助手と、名称が混同して求人を出す会社が増えてきているようです。

今回は、日本における薬剤助手について解説します!

この記事のポイント

  • 日本では調剤業務は薬剤師しか行えず、薬剤助手が行うと無資格調剤となります
  • 主に病院薬剤部では薬剤助手、調剤薬局では調剤薬局事務という名称で呼ばれています
  • 調剤薬局事務に国家試験は存在しませんが通信教育などで試験を受けると修了証が得られます
  • アメリカにはテクニシャンという調剤技師制度があり資格業です
  • 年収は月収18~22万円が相場ですが、会社によって経験が優遇されます



そもそも薬剤助手とは?

薬剤助手に資格は必要か?

日本には薬剤助手という資格は存在しません。
薬を扱う職業としては大きく2つあり、薬剤師と医薬品の登録販売者です。

両者ともに国が定める法律により業務が行われるので国家資格となります。

薬剤助手という業務に関しては国が定める法律はないため、病院内薬剤部や調剤薬局で薬剤師のサポート業務をしてくれる助手的立場の人を示します。

病院で勤務している事務系の人は、基本的に総務や会計に所属しており、月々のレセプト業務やカルテ管理・会計を行います。

また、各医局には医師の事務的なサポートをする人がいて、医局秘書と呼ばれています。

同じように薬剤部にも薬剤師の事務的サポートをしてくたり、薬の配置や運搬を手伝ってくれる人がいます。

薬剤部でサポート業務をしてくれる人を、主に薬剤助手と呼んでいます。

病院内薬剤部で薬剤師のサポートをするのが薬剤助手

薬剤師の中でも、「薬剤補助」と聞いてピンと来ない人も多いかと思います。

聞きなれないのは、公立大学病院や私立大学病院等の大きな病院でよく耳にする名称だからではないか?と考えられます。

薬剤助手の業務とは

各病院によってサポートしてもらいたい業務は若干異なりますが、資格を必要としない一般業務が対象となります。

  • 医薬品の搬入
  • 医薬品の検品
  • 医薬品の納品
  • 医薬品の伝票の仕分けと管理
  • 処方箋の整理整頓
  • 医薬品の発注
  • 医薬品の補充
  • 薬剤部のデータ入力

などです。

実際に大学病院等で勤務した経験のある薬剤師ならば知っていると思いますが、医薬品の卸からの搬入作業は、時に半日かかる大仕事ですので助手の存在は大変ありがたいのです。

具体例を見てみましょう。

医科大学の事例

札幌医科大学付属病院薬剤部のホームページには、“現在薬剤部は、教授、薬剤師、薬剤補助員、事務職員で構成されており、オールラウンドな薬剤部の構築に力を入れています。”と薬剤部の紹介がされています。

そのため、薬剤補助員の欠員が出た場合は、求人名称は「薬剤補助員」となります。

私立病院の事例

私立病院の中には、他社にアウトソーシングして薬剤業務の一部を任せている所もあります。

A病院とB社の間で契約を締結して、業務の委託を行うといった形です。

病院の職員として業務が任せるわけではなく、例えば午前中は〇病院、午後は□病院などといった形で、その分野のプロとして病院薬剤部に派遣されて働くという意識です。

この場合は、所属しているB社からお給料が出ることになります。

求人事例

仕事の内容は、「薬剤師さんの助手として、院内薬品に関わる業務を担当していただきます!
病棟の定数薬補充分の準備、検品・納品、伝票管理、処方箋の整理、請求伝票を基に薬品の準備と補充など白衣の回収・配布、データ入力作業、薬品の仕分作業や付随する事務作業など」とあります。
※2018年3月28日薬剤補助業務求人内容より引用

このように、大きな病院内薬剤部では医薬品の卸からの搬入検品・納品・伝票管理、仕分けなどに付随する業務が多く、手間と時間がかかります。

これらの業務に、薬剤師免許を持っている薬剤師が、専任として配置されることはあまり意味のないことです。

医薬品の搬入や仕分けなどの業務は、どうしても薬剤師が行わないといけない訳ではないため、サポートしてくれる人を求めているのです。

調剤薬局で薬剤師のサポートをするのは調剤事務

調剤薬局では、一般的に「調剤事務」として求人募集します。

ところが最近になって、薬剤助手という名称で求人する会社も見かけるようになってきました。
※この経緯に関しては不明です。

病院での薬剤助手の仕事は、医薬品の搬入に係わる検品や伝票の仕分け等の書類に係わる作業が多いのですが、調剤薬局事務は患者さんの受付から処方箋のレセコン入力からレセプト提出など多岐に渡ります。

調剤薬局での調剤事務員の業務

  • 薬剤師業務の補助
  • 薬品配送準備
  • 処方せん整理業務
  • PCの入力業務(レセプト入力・請求書の発行など)
  • 在宅患者さんへの配達準備(主にお届け先の仕分け業務)

病院で薬剤師をサポートする薬剤助手の業務内容と比較し、調剤薬局の事務場合は浅く広く多岐に渡りサポートする必要があることが特徴です。

調剤薬局の事務は、処方箋を見て間違いなく入力する事、保険やレセプトに関する知識も必要で、全く何も知らない状況で滞りなく業務を全うするのは難しです。

そのため、調剤薬局事務の大半の人は就業前に通信教育のユーキャンなどを通して勉強しています。

調剤薬局事務の講座

ユーキャン

日本医療事務協会

通信教育ではユーキャン、通学では日本医療事務協会があり、調剤薬局事務を希望する多くの人が就業前に講座を受けて一通りの知識を習得しています。

アメリカの薬剤助手とは?

アメリカではテクニシャンと呼ばれる資格業

アメリカにはPharmacy Techniciansという調剤技師・薬局テクニシャンが存在し、資格業です。

日本語訳からは薬剤助手も調剤技師も似た感じなのではないか?と想像してしまいがちですが、資格業という点で業務の責任範囲が異なりますので注意しましょう。

Pharmacy Techniciansの業務内容

  • 処方薬を出すために必要な情報を出す
  • 薬の量を計測する
  • 処方薬をパッケージに入れたり、容器に詰め、ラベルをつける
  • 在庫管理をして、薬や備品の在庫不足があれば薬剤師に伝える
  • 処方箋受付、支払い、保険給付支払手続の処理
  • 患者の情報システムに入力する
  • 患者からの質問や問い合わせを薬剤師に伝え面談の調整をする

アメリカでPharmacy Techniciansとなるためには、薬科大学を卒業する必要はありません。

州によって条件は若干異なるようですが、下記が最低条件として存在します。

  • 高校卒業証書
  • 犯罪歴調査
  • 教育プログラムの修了
  • 試験

教育プログラムは200以上あると言われ、資格取得後も継続的な研修が必要とされています。

日本での薬剤助手の位置付けとは?

無資格調剤とは?

調剤業務が可能とされるのは薬剤師のみです。
これは世界共通の認識です。

ただし、例外があり薬剤補助制度が法律で定められている国は、薬剤師以外の補助者が行うことも可能となります。

日本では、国から認められた者以外が調剤業務をすることは違法で、それを行うと無資格調剤となります。

薬剤師法第19条
薬剤師でない者は販売又は授与の目的で調剤してはならない。
例外的に医師若しくは歯科医師が次に掲げる場合において自己の処方箋により自ら調剤するとき、又は獣医師が自己の処方せんにより自ら調剤するときは、この限りでない。
※患者又は現にその看護に当たつている者が特にその医師又は歯科医師から薬剤の交付を受けることを希望する旨を申し出た場合。

この例外は、医師法第二十二条 と歯科医師法第二十一条 に定められています。

薬剤師法第19条に違反した場合は?

違法行為を行った場合は、3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することになります。

無資格調剤の行政処分

薬局における過去の無資格調剤の処分事例を挙げます。

・2002年 高知県個人薬局経営者逮捕
高知県にて無資格調剤の事実が発覚し逮捕・起訴されました。薬局を営んでいた薬剤師の夫婦が無資格の事務員に調剤を行わせていました。

・2015年 大手調剤薬局のファーマライズ・ホールディングス事情聴取
グループ傘下の調剤薬局にて無資格調剤が発覚し、朝日新聞一面で報道されました。その後、事務員の不安をよそに薬剤師が調剤の指示をする赤裸々な会話内容も公開され厚生労働省より事情聴取を受けています。

・2017年 小田原市個人薬局(みずしま薬局)業務停止
保健所へ薬剤師が不在の状態で調剤を行った旨の連絡があり調査が行われました。その結果、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に違反したことが明らかとなり、10日間の薬局の業務停止となりました。

これらの無資格調剤の処分事例を見ると、薬剤師経営者が事務員に対して強制的に無資格調剤を行わせていたり、無免許の薬局開局者が投薬していたり、と指揮監督する立場の人間の異常な判断により違法行為が行われていることが分かります。

薬剤師でない一般人が何の知識も資格もない状況で、患者さんに薬を投薬するということは非常に恐ろしいことです。
患者さんにとっては、恐怖としか思えない社会問題です。

無資格調剤に関しては、以前から定期的に関係者に対して警告・周知が行われています。

多くの調剤薬局で、薬剤師の確保が難しいこと・薬剤師の人件費が高いこと、この2つの理由から調剤事務員に調剤業務の中のグレーゾーンといわれる部分にタッチさせている薬局もあると言われています。

忙しいから、薬剤師が足りないから、といった理由でちょっと手伝ってもらっている。

その手伝いの行為は、薬剤師法の違法ではないか?

薬剤師として今一度、法律遵守について考える時間を持つようにしましょう。

薬剤助手の求人の探し方と給料

薬剤師助手の仕事を希望する場合は、まずはインターネットで「薬剤助手」「薬剤補助員」「調剤薬局事務員」と検索すると求人情報を得ることが出来ます。

薬剤師の様に大手転職エージェントが転職サイトを作り大掛かりに募集を掛けるという訳ではありませんが、常に一定数の求人が出ています。

・大手転職エージェント
薬キャリリクナビ薬剤師などで調剤薬局事務に応募

・大手求人雑誌
大手求人雑誌のとらばーゆやタウンワークの求人広告

・ネット求人
インターネットで手軽に検索できるIndeed

などは調剤事務員・薬剤助手の求人情報が手軽に見つかります。

月給は18万~22万円というのが相場ですが、会社によって給料ベースが異なるので、キャリアのある人は転職エージェントや派遣会社に登録し経験を重視してくれる会社の紹介を受けることをオススメします。

薬剤師としては、経験の豊富な有能な事務員さんに来て欲しいものです。

理由は簡単で、事務員さんが有能だと、日常業務がさくさくとこなせますし安心して店を運営できるからです。

調剤薬局の事務員さんは、業務が専門的な割りには給料面に反映されない傾向があります。

少しでも今までの努力がお給料に反映されるように、転職する際には一工夫しましょう。

転職エージェントのコンサルタントさんを通して条件交渉したり、派遣先で認められて引き抜かれるなど、目線を変えた転職活動を行うことで案外理想の職場が見つかるかもしれません!!

まとめ

薬剤師の監督下で、業務のサポートを行う人を薬剤助手や調剤薬局事務と呼んでいます。

薬剤補助という名称は、病院内薬剤部のサポート業務ということから付いた名称のようです。

最近では、調剤薬局でのサポート業務に対する求人に調剤薬局事務員でなく薬剤助手という名称を用いている組織もあるようで、混同して使用されていますが、病院内薬剤部と調剤薬局とではサポート業務の内容が、若干異なりますので注意しましょう。

また、アメリカでは調剤技師という立場の人がおり、資格業です。

日本と大きく異なるのは、薬の計量など日本でいう調剤業務の一部を行える権限を持っていることです。

国によって定められている法律が異なりますので、今一度業務範囲を確認しましょう。

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の業界

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.