薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の悩み

ドラッグストアで働く薬剤師にノルマあるの?どうやって達成すればよい?

投稿日:

ノートとペンで書かれたドルマーク

OTCや健康食品、そして処方薬と様々な知識を身に着ける機会があるドラッグストア勤務。

特に調剤併設店ならOTCと処方薬両方の勉強ができる上に、年収も高め。

調剤併設のドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は約590万円と、薬剤師全体の平均年収より50~80万円近くも高いものです。

そんなドラッグストアへの転職を考えているけど、「ノルマがあるらしい…」「ノルマが達成できないとどうなるの?」と不安を抱えている人もいるよう。

そこでドラッグストア薬剤師の販売ノルマについて、詳しくお話しして行きます!

ドラッグストアへの転職の参考にしてくださいね。

おすすめ薬剤師転職サイト
薬キャリ 年間2万人以上の薬剤師が利用
エムスリーグループが運営
マイナビ薬剤師 細かな希望について面談しサポート
5年連続利用者満足度1位
ファルマスタッフ 業界最大の求人数を掲載
日本調剤グループが運営

結局ドラッグストアにノルマはあるの?

「ドラッグストアは一律でノルマがある」
「薬剤師にはノルマがない」

色々な情報がありますが、結論として薬剤師にもドラッグストアで働いていればノルマはあります。

ノルマの課し方は企業によって異なるので薬剤師は除外という店もあるかもしれませんが、基本的にはあると思っておいた方が良いですね。

例外として、調剤併設店の調剤限定で働く薬剤師にはノルマがないことがほとんどです。

ドラッグストア薬剤師のノルマと聞くと医薬品の販売目標があると思われますが、職種に関係なく一律に販売推奨品は変わらないのが普通。

ただその商品が化粧品であれば美容部員さんのノルマが多くなりますし、栄養ドリンクなどであれば薬剤師や登録販売者のノルマが多くなります。

ノルマになりやすいのは自社製品で利益率の高いもの・高額な化粧品(日焼け止めや基礎化粧品)など。

中には正社員だけではなくパート・派遣社員にも多少のノルマが課せられる企業もあり、ドラッグストア勤務とノルマはセットと思っておいた方が良いですね。

ノルマを達成できなくても、特に問題はなし

ドラッグストアで働くと必ずノルマがあるなんて聞いてしまうと働く意欲をなくしてしまうかもしれませんが、実はこのノルマは達成できなくてもほとんど問題ないんです。

店長など管理職であれば売上がボーナス査定に関わることがありますが、一般社員であればノルマの達成率により給与が大きく変わることはありません。

目標が達成できなかったからと言って何かペナルティがあるわけではないですし、あまり気にしていないなんて人も。

ノルマという言葉からイメージする「クリアしなくてはならない数値」というよりは「できれば達成したい目標」というレベルのものです。

当然クリアできた方が良いのは間違いないですが、ノルマを負担に感じたりそれだけを意識して働く必要もありません。

しかもノルマは常にあるわけではなく、販売を推進したい商品がある期間のみという企業も多いですよ。

ドラッグストアの仕事は常にノルマに追いかけられている…なんてことはないので、安心してくださいね。

ちなみに同じようにノルマが課せられる仕事であるMRの場合、非達成でのペナルティはないですが達成率が直接給与や昇進に関わってくるので、ドラッグストアでのノルマよりもずっとシビアです。

ノルマ非達成のペナルティがないのに、ノルマがある理由

ノルマを達成してもしなくても良いとなると、なぜノルマがあるのか不思議ですよね。

ここでドラッグストアの社員にノルマを課す、メリットとデメリットを見てみます。

メリット

仕事にメリハリが出る

ドラッグストアの仕事は調剤薬局や病院よりも同じ内容の繰り返しになりがちで、なあなあで毎日を過ごしがちです。

ノルマがあることで仕事への明確な目標ができ、同時に達成感も得られます。

ノルマがあった方がやる気が出るので良いと言う人もいるくらいですよ。

単純に売り上げがupしやすくなる

販売目標となる商品は利益率の高いものです。

つまりノルマを課してその商品を多く売れば、当然店舗・企業の売り上げはあがります。

売り上げが落ちている店舗で独自のノルマを課して、売り上げを上げようとするケースも。

やる気が高い社員の選別になる

未達成でもデメリットがないと言っても、やはり達成した方が上からの印象が良いのは間違いありません。

店長・SVなどポジションを狙って行きたいなら、達成できるようにした方が良いですね。

特に昇進を狙っていない・パートや派遣など昇進が関係ない場合はあまり気にしなくてもOKです。

デメリット

ノルマを負担に感じる人もいる

未達成でも問題ないとは言え、正直ノルマノルマとうるさい上司がいないわけではありません。

ハイハイと流せる人なら良いですが、自分を追いつめてしまう人もいます。

特に薬剤師は真面目な人が多いので、どうしてもノルマが気になって仕事が辛く感じてしまうことも。

日常業務がおろそかになる

ノルマに追われるあまり、ノルマ達成に関係ない日常業務がいい加減になってしまうことが。

ノルマクリアも大切ではありますが、それよりも日々の仕事をこなす方が大切です。

中には売りたい商品をお客さんに押し売りのようにアピールしすぎる人もいるので、相手を不快にさせない程度の売り込みにとどめるように気をつけたいですね。

ノルマを課すことにはメリットもデメリットも当然あり、ノルマがある環境の向き不向きもあります。

あまり気にしすぎず「達成できたら嬉しいし、できそうならやってみよう。無理そうなら諦めよう。」くらいの気持ちでいることが大切。

ドラッグストアのノルマクリア方法

ノルマは達成しなくても構いませんが、できればクリアしたいですよね。

ここでノルマをクリアするためのコツを、いくつかご紹介します。

ノルマ商品について、よく勉強する

当然ですが、自分がちゃんとわかっていない商品をお客さんにアピールすることはできません。

ノルマが決められる時期に勉強会を開催する場合が多いので、必ず参加しておきたいところ。

合わせてサンプルがあれば自分でも使って、使用感などをシッカリ伝えられるようにしておくと良いですね。

競合商品についても勉強する

例えば栄養ドリンクがノルマ商品だったとして、お店には似たようなドリンクでもっと安いものも売っているはず。

お客さんから見れば「こっちの安いものでも同じじゃない?」と思うわけです。

つまり安い商品と比べた場合のメリットやアピールポイントを分かっておかないと、説得力がありません。

あわせて少し高い商品との比較もしておくと「リーズナブルで中身が良い」という伝え方もできます。

無理しない範囲で1言だけでも声かけする

たいていのお客さんは買いたい商品が決まった上でドラッグストアに来ているので、目的ではないものを勧められても購入には至りません。

何人も何人もにセールストークをスルーされると心が折れかけてしまうものですが、本当に一言でも良いので声かけをコツコツすることが大切。

興味がなさそうであればしつこく話さないようにしておけば、トラブルになることはそうそうありません。

特にレジ担当のときは一言の声掛けがしやすいので、積極的にレジに入るようにすると接客スキルも伸びやすくなります。

ノルマ達成への圧力がキツイ…どうする?

一般社員の給与にはあまり関わらないノルマ達成率ですが、店長クラスになると店舗の売り上げでボーナス査定や昇進・昇給が上下することも。

そのため自分の成績を落とさないように、自店の社員に過度に圧力をかける上司もまれにいます。

そんなノルマへの圧力をかけられてしまったとき、一番良いのは「気にしないこと」です。

上で売り込みをしやすいのはレジ担当のときとお伝えしましたが、逆に言えば品出しがメインの人はあまりノルマ達成できません。

ノルマ達成率を考えて仕事のローテーションを組むことはあまりなく、ノルマ達成は運や普段の仕事内容にも大きく左右されます。

そのため未達成であってもそれほど悔んだり気にする必要はなく、応援・激励などあれども上司が圧力をかけるのは間違っています。

圧力をかけられても「ハイハイ」と気にせず過ごせる方なら良いですが、どうしてもツライようなら店長より上のポジションの方に相談してみましょう。

大きい企業であれば労働組合に匿名で相談することも可能です。

それでも改善されないようであれば、異動願いを出してみます。

それも叶わない、そこまでする元気もなくなってしまった…という場合には、あまり悩まずに転職をオススメします。

ドラッグストアでは常に薬剤師を募集しており、特に前職もドラッグストアであればほぼ間違いなくすぐに就職が可能です。

調剤薬局に移る方法もあわせれば転職は難しくないので、あまり一つの場所にこだわってムリしないようにしてくださいね。

まとめ

ドラッグストアでの勤務にノルマは付き物ですが、絶対に達成しなければならないものではなく、営業職のように常にノルマが課せられているわけでもありません。

気にしない程度に適度に頑張る…くらいでOK。

「ノルマが厳しそうだからドラッグストアへの転職はやめよう」なんて考える必要は全然ありませんよ。

ドラッグストアには病院や調剤薬局に比べて医師の介入がない分、自由に接客・指導ができる楽しさがあります。

ノルマのことを気にしすぎずに、OTCや健康食品に興味がある方はドラッグストアでの仕事を検討してみてくださいね。

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の悩み

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.