薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

忙しいが自社製品の魅力伝える楽しさのある薬剤師MRの仕事内容

更新日:

MR

「医師の指示待ちの仕事に飽きた」
「もっとやりがいのある仕事がしたい」
「頑張った分だけ報酬がもらいたい」

こんな考えを持ったことがある薬剤師は、MRに向いている可能性がありますよ。

薬学部卒業後MRになる薬剤師はほんの一握り。
MRの仕事がどんなものなのか知りたくても、周りにMRがいなくて聞けない…なんて人も多いはず。

そこでMRの仕事内容や向き、不向きなど、転職に必要な情報をまとめてみましたので参考にしてくださいね。

MRの仕事内容

MR(Medical Representative)とは正確には「医薬情報担当者」と言い、自社の薬について医療関係者に伝える者とされています。

もちろん副作用情報を始め、薬の使用や症例に関する様々な情報を伝えて歩く役割もありますが、仕事のメインとなるのは自社製品の売り込みです。

医師や薬剤師と面会して自社製品のアピールをし、治療に組み込んでもらいます。

昔は医師にしか面会しないMRもいましたが、ジェネリック医薬品市場が拡大した現在では薬剤師への面会も欠かせません。
病院によってはジェネリックメーカーの選定を薬剤師が行っているからです。

自社製品の売り込みの他には病院や薬局での勉強会開催、学会の運営、医薬品卸のMSとの関係作りや自社での会議…MRの仕事内容は実に様々。
多くの仕事に優先順位をつけて効率よくこなして行かなければ、いつまでたっても仕事が終わらないなんてこともあります。

実際に何日も連続で夜中まで仕事が終わらないMRもいますし、毎日19時には家に帰れるなんて人もいます。
仕事の量や企業の規模、そして個人の技量によってMRの忙しさは変わってしまうんですね。

MRに求められるスキルは?

実はMRになるために必要な資格はありません。
薬剤師資格を必須としているのはごく一部の企業です。
(正確にはMR認定試験に合格しないと仕事に差し支える場合がありますが、入社後の取得でOKです)

MRとして仕事をするために何よりも必要なスキルは
「対話力」
です。

薬の売り込みが仕事のメインであり、薬が売れなければ会社は潰れてしまいますよね。

病院薬剤師、薬局薬剤師、ドラッグストア勤務も対話力はとても大切です。
でも正直話すのが苦手な薬剤師だっているし、上手く話せなくても仕事にならないってほどではありません。

でもMRはそうは行かないですよね。
忙しい時間の中で面会してくれる医師や薬剤師に興味を持ってもらい、自社製品の魅力を伝え、そして採用してもらうためには高い対話力と営業力が必要です。

「薬剤師なんだから薬の知識があるし有利でしょ~」
なんて考える薬剤師もいるかもしれませんが、各社営業成績トップクラスのMRは薬剤師ではないことが多いんです。

トップMRによく見られるのが住宅メーカーや食品メーカーなどの営業職からの転職組です。
彼らは医療業界よりも、もっと過酷な状況下で営業戦争を戦ってきたので対話力も営業力も高いんです。

薬や医療に対する知識が全くなくても、持ち前のハングリー精神でドンドン知識を吸収していきます。

薬剤師だから有利!なんて思わずに、営業としての力をつけなければ仕事をこなすことは難しいかもしれません。

薬剤師の知識って生かせる?

薬剤師資格は不要、多業界の営業経験者が有利…とは言っても、薬剤師であることが役立つのは間違いありません。

最初に有利になるのがMR認定試験のときです。

通常「医薬品情報 」「疾病と治療」「 医薬概論」の3科目を受けなければならないところ、薬剤師は医薬概論だけで済みます。

他の人に比べて勉強時間が少なくて済むので、その分自社製品の勉強など実際の仕事に生かせる知識をつけるために時間を使えますね。

実際の仕事に必要な知識でも、他学部出身者と薬剤師では視点や知識量が異なります。

例えばある1つの自社薬について医師に質問をされたときに、その薬のことを全て知っていたとしても薬剤師レベルの知識がないと答えられないことがあります。
細かい作用機序や他社薬との相互作用、その薬の対象ではなく疾患との関わりなどです。

医師が求めているのはインタビューフォームや文献に書かれている以上の情報です。
とことん学ぶことで他業種出身者も同等の知識を付けることは可能だと思いますが、薬剤師は学校で学んできた分やはり有利だと言えるでしょう。

ただ学校での勉強中は「広く浅く」です。
MRが求められるのは「狭く深い」知識なので、担当領域については薬剤師であっても時間をかけて勉強する必要が出てくるでしょう。

気になるMRの待遇は?

全体の年収平均は650万円~700万円です。
これは調剤薬局や病院など薬剤師が一般的に勤める職場でもらう年収よりも、200万円~300万円ほど高い数字です。
ただこれは大企業を含めた平均値なので、小さな企業のMRでは550万円ほどのこともあります。

外資系企業ではさらに高く1000万円を越えるMRも珍しくはありません。
その分ノルマは過酷で結果を出なければ、仕事を続けられなくなることもあります。

福利厚生もとても充実している企業がほとんどです。
その額は企業によって異なるものの、多くの場合家賃補助があり、家賃の9割を補助するなんて会社も。

財形貯蓄を導入している企業も多く、資産形成に役立ちます。
家族で行った旅行の旅費を一部補助してくれる企業もありますよ。

MRを志す人が福利厚生の有無で就職先を選ぶことはないかもしれませんが、家賃補助の額くらいは年収と合わせてチェックしておきたいところですね。

企業によって差があるとはいえ、薬局や病院から添乗すると、福利厚生の充実ぶりにビックリするかもしれません。

MRとして働くメリット

薬剤師がMRになる最大のメリットは、何よりも年収が上がることでしょう。
病院や薬局もポジションによっては昇給が可能ですが、どんなに高くても700万円程度。

大手製薬会社の支店長クラスともなれば3000万円近くもらっている人もいるので、夢が広がりますね。

自由になるお金が増えれば趣味にお金をかける、旅行に行くなどプライベートの充実度も上がります。

自分の担当領域に関しては、薬剤師として働いていたときよりも深い知識をつけることが可能です。
その経験や知識は決して無駄にはならず、薬剤師に戻ったとしても役立ってくれます。

MRになるデメリット

とにかく忙しい仕事です。
働く環境、所属する会社や支店によりますが、朝は早く夜は遅い、休日も学会出席…というMRは普通にたくさんいます。

薬剤師をしていたときのように定時で帰る、暦通りに休めるなんてことはあまりなくなってしまいます。

忙しさは企業の規模や雰囲気によってかなり異なるので、転職前にネットの口コミや転職サイトに相談するなど情報収集をしておくと良いですね。

MRに向いている薬剤師とは?

とにかくプラス思考でやる気のある人です。
医師に面会を断られても邪険にされてもへこたれず、明るくアピールを続けることができる人がMRとして成功します。

薬剤師の仕事が毎日同じことの繰り返しでつまらないと感じる人も、挑戦してみる価値がありますね。
MRは決められたノルマに向かって自分で考え行動しなくてはならず、その結果により自分の評価や報酬が変わります。

病院や薬局で一生懸命働いても、不真面目なあの人と給料は同じ…と嘆く人には、実力主義のMRの世界がピッタリかもしれませんよ。

ノルマノルマと言っても、こなせなければクビ!なんてことはそうそうありません。
(外資系企業ではあり得ます)
まずはノルマのキツくないと言われている会社に就職して、上手くいったらもっと上を狙って転職することもできます。

頑張ったら頑張った分だけ評価されたい!と思う方は辛いことがあっても評価や報酬を糧にして頑張れるので、MRの素質があると言えますね。

MRのキャリアアップ

MRのポジションは、内資系企業では成績+年齢、外資系企業では成績のみで決められることが一般的です。

MRは個人プレーと考える人もいますが、実際にはグループごと、支店ごとの成績も考慮されます。
自分のことだけ考えずに周りとの連携を重視することも、上に行くためには大切ですね。

ポジション名は会社ごとに違うのですが、係長クラスで年収700万円前後、課長クラスで850万円前後、部長クラスで1000万円を越えます。
MRになったからには、上へ上へと目指して行きたいですね。

ポジション以外のキャリアアップとして、一部製薬会社では「専門MR制度」を導入し始めています。
有名なのは「ガン専門MR」「糖尿病専門MR」です。

これらは公的な資格ではないものの、一定の基準以上の専門知識を身に付けていることを社内で認定したものです。
専門領域の医師に耳を傾けてもらいやすくなるので仕事がしやすくなりますし、給与も高くなります。

この専門MRになっておくことでその領域に強い別の会社のMRに転職するなど様々な道が開けてくるので、薬剤師の知識というアドバンテージを持ったMRなら積極的に挑戦したいですね。

まとめ

MRは一般的に薬剤師が就く仕事とは仕事内容も待遇も全く違います。

薬剤師資格を必須としないので「せっかく薬剤師になったのにもったいない…」と考える人もいるかもしれませんが、薬剤師MRだからこそのやりがいもあるんですよ。

例えば自社製品の魅力や使い方を医師に伝えることで、その病院では今まで取り入れていなかった治療が行われることもあります。

それにより患者さんの症状が良くなったとしたら、こんなにうれしいことはありませんね。
薬局や病院で働くのとは違った形で、MRも医療に携わっているんです。

現状に不満がある、今までとは違う新しいことをしてみたい!なんて薬剤師は、MRという働き方を検討してみませんか?

M3グループが運営。薬剤師10万人以上が登録済み。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人を全国4万件以上掲載。
薬キャリサイトイメージ

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.