薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の仕事術

薬剤師必見!仕事で役立つ実用的なアプリ10選!

更新日:

スマホを掲げる女性

調剤薬局の業界では、年々電子化が進んでいます。

患者さんサイドでは、お薬手帳の電子化・電子処方箋などが普及し始めています。

調剤薬局の現場ではレセコン・電子薬歴に続き、在宅医療では重たい書籍を持ち運ばなくても、その場で検索可能なアプリを常用するようになってきました。

タブレットやスマホに実用的なアプリをGoogle Playからダウンロードしておくととても便利です!

今回は、現場で役に立つアプリを紹介します。



現場で役立つアプリの紹介

お薬検索アプリ

薬の検索アプリは、患者さんの服薬している薬を調べる際にとても便利です。

ジェネリック医薬品の普及率に伴い、多くの患者さんがジェネリック医薬品を服用しています。

薬剤師にとって先発医薬品名は、見ればすぐに効能効果が分かるものですが、ジェネリック医薬品名となると膨大な量になりピンとこない人が多いのが現状です。

また、薬の相互作用を調べる際や既往歴や現病歴を確認するためにも、非常に役に立ちます。

総合お薬検索(無料)

開発元:QLife

薬局で薬剤師から投薬される医薬品だけでなく、ドラッグストアで売られている市販薬の両方を検索できるアプリです。

薬の効果効能だけでなく、薬の写真、保管方法まで丁寧に収載されています。

薬は、市販後の追跡調査などで副作用や相互作用情報などが随時追加されます。

その辺りもこのアプリは毎日追加更新が行われるので、書籍と異なり古いままという状態を避けられます。

総合お薬検索画面1

総合お薬検索画面2

使用シーン例

  • お薬手帳の情報
  • 相互作用の確認
  • 重複投与の確認
  • 市販薬の成分確認

分かりやすい表示なので、医療関係者以外の患者さんにも好評のようです。
LINE的な機能もついていて情報共有にも使えます。

医者からもらった薬がわかる本forポケットメディカ(一部有料)

開発元:株式会社C2

書籍:法研 医者からもらった薬がわかる本 第29版の約12000品目の薬剤データが収載されているアプリです。

ただし、無料範囲と有料範囲がありますので、注意してください。

無料の範囲は、フリーワード検索による薬品検索です。

有料の範囲は、同成分で他のメーカーの薬品を探したい時などで、他の薬品が検索できます。

また、お薬手帳とリンクして使用する場合も有料となります。

医者からもらった薬がわかる本forポケットメディカ画面1

医者からもらった薬がわかる本forポケットメディカ画面2

使用シーン例

  • お薬手帳の情報
  • 相互作用の確認
  • 重複投与の確認
  • ジェネリック医薬品のメーカーを確認
  • 服用方法の確認

無料で利用できる範囲が限定されているため、主にフリーワード検索が主となるかと思いますが、収載されている薬の品目が多いので安心して使用できるという特徴があります。

ジェネリック医薬品を習得するアプリ

薬剤師や医師・看護師の人材コンサルティング(転職エージェント)のメディカルリソースが開発したアプリです。

クイズ方式で先発医薬品とジェネリック医薬品を同時に習得できる、学習的なアプリとしても話題になっています。

一般処方名アプリ(無料)

開発元:株式会社メディカルリソース

実務で即戦力となる医療関係アプリが多い中、クイズ形式の学習機能を併せ持ったアプリです。

処方箋に一般名で処方される様になり、クイズ形式で勉強できるアプリを作りたいということで開発されています。

学生時は一般名で学習していましたが、現場では医薬品は商品名で覚えていきます。

一般名処方は、薬剤師からすると一般名から商品名に変換する作業が増えるということです。

薬剤師目線の学習機能を併せ持ったアプリとして、とても注目されています。

一般処方名アプリ画面1

一般処方名アプリ画面2

使用シーン例

  • ジェネリック医薬品の採用が多い薬局薬剤師向け
  • 日頃の学習の一環として楽しんで習得できる

問題は2000問ほどあり、その中からランダムに問題出題が行われます。

繰り返して回答していくことで、自然にジェネリック医薬品が覚えられるというアプリです。

薬の添付文書検索アプリ

医師や看護師、または患者さんからの専門的な質問に対応するには、添付文書が欠かせません。

通常は紙媒体の添付文書集や、書籍を薬局内に設置しています。

薬局内では手元にありますが、在宅医療現場に赴くときには重たい書籍を持ち運びません。

そのような場合は、アプリをスマホやタブレットにダウンロードして、いつでも見られると非常に心強いものです。

医療スタッフツール添付文書検索(無料)

開発元:Shigeyuki INOUE

基本的にこのアプリは、医療関係者向けのものです。

医療用医薬品、及び一般用医薬品の添付文書を独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のデータベースより検索できます。

また、インタビューフォームや重篤副作用疾病別対策マニュアル等のPDFも参照可能という優れものです。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構とはPharmaceuticals and Medical Devices AgencyでPMDAと略されます。厚生労働省所管の独立行政法人です。
機構法3条;医薬品の副作用又は生物由来製品を介した感染等による健康被害の迅速な救済を図り、並びに医薬品等の品質、有効性及び安全性の向上に資する審査等の業務を行い、もって国民保健の向上に資することを目的とする。

薬の添付文書検索アプリ画面1

薬の添付文書検索アプリ画面2

使用シーン例

  • 在宅を行っている薬剤師向け
  • 在宅医療現場でその場でいつでも見られる
  • 医師や看護師等からの問い合わせに対して迅速に回答できる
  • 患者さんからの専門的問い合わせに対してアプリを見せながら説明可能

患者さんや医療関係者からの専門的な質問に回答する際は、添付文書を慎重に読みます。

特に回答する際に質問者が目の前にいるときには、アプリの画面を見せながら回答する事で、安心を与えられるものです。

手軽に持ち運びが出来るスマホやタブレットは、そのようなシーンで薬剤師の強い味方となるでしょう。

ヤクチエ添付文書(無料)

開発元:リクルートホールディングス

開発元のリクルートが全面サポートする、薬剤師向けのヤクチエシリーズの1つである添付文書版アプリです。

ヤクチエシリーズは、薬剤師業務支援アプリとして、非常に薬剤師の間で話題となり10万以上もダウンロードされています。

開発元のリクルートホールディングズは、転職就職・働き方支援・結婚などさまざまなサービスを行っており、開発アプリもバラエティーに富んでいます。

「ヤクチエシリーズ」が10万ダウンロードを突破

薬剤師のための添付文書検索アプリ

ヤクチエ添付文書画面1

ヤクチエ添付文書画面2

使用シーン例

  • 在宅を行っている薬剤師向け
  • 在宅医療現場でその場でいつでも見られる
  • 医師や看護師等からの問い合わせに対して迅速に回答できる
  • 患者さんからの専門的問い合わせに対してアプリを見せながら説明可能

このアプリは、医療関係の中でも、特に薬剤師向けに開発された添付文書アプリです。

添付文書の中でも、薬物動態の血中濃度などのグラフは薬剤師にとって重要な情報です。

PDFで非常に鮮明に見えるので、とても使いやすいと薬剤師に好評のアプリです。

臨床検査値のアプリ

数年前から国立大学病院を始めとした基幹病院では、処方箋に検査値結果のデータを印字したものを併記して発行しています。

現在調剤薬局の薬剤師が得られる情報は、処方箋と患者さんからの情報のみです。

処方箋内容と薬歴だけでは、患者さんの症状や状態を正確に把握して服薬指導を行うことは案外大変なものです。

そこで、処方箋に臨床検査値の結果を印字して、医療機関への疑義照会の問い合わせを減らし、薬剤師が十分な服薬指導ができるように少しずつ変わってきています。

そのような流れを汲んで、薬剤師向けの検査値データアプリも開発されています。

ヤクチエ検査値(無料)

発行元:リクルートホールディングス

ヤクチエシリーズの検査値版です。

開発元のリクルートが全面サポートしています。

書籍「臨床検査項目時点」の1,166項目をまるごと網羅した検査値アプリです。

薬局薬剤師は普段の業務の中で検査値を見たり調べたりする機会は非常に少なく、薬局内に検査値関連の書籍を設置している所は稀です。

これからの薬局薬剤師の、日々の業務を手厚くサポートしてくれる心強いアプリです。

  • 検査値項目名(略語・別名・英名)
  • 測定法・検体
  • 基準値
  • 異常値を呈する場合(高値・低値 次に必要な検査)
  • プロフィール
  • 臨床的意義と検査値の読み方
  • 予想外の値が認められるとき

※「最新 臨床検査項目辞典」(櫻林郁之介・熊坂一成 監修)医歯薬出版株式会社出版物からのデータとなります。

ヤクチエ検査値画面1

ヤクチエ検査値画面2

使用シーン例

  • 処方箋に併記された検査値データの確認
  • 患者さんから検査結果を見せられた際の確認
  • 検査項目の内容や結果の見方を患者さんから聞かれた際に使用可能

※処方箋に検査値データ印字の取り組み
この取り組みは2011年辺りから始まっています。

目的は調剤薬局薬剤師による、患者さんへの薬物療法の安全性・有効性向上寄与のためです。

調剤薬局の薬剤師は、検査値結果に基づいて患者さんの状態を今まで以上に正確に把握することが出来ます。

例えば、薬によっては肝機能や腎機能の検査を必須としているものもあり、投与量の適正化や副作用の早期発見などが出来るようになります。

処方箋に検査値印字の例:医学書院「院外処方箋への検査値印字で保険薬局との協働を」

検査値印字は、調剤薬剤師の活躍が期待されている具体例と言っても過言ではないでしょう。

小児用量を確認するアプリ(有料)

小児の処方箋を受け取ると緊張が走ります。
これは新人薬剤師だけでなく、ベテラン薬剤師にも見られる現象です。

小児は年齢や体重によって、細かく計算をしなくてはいけません。

小児薬用量は、基本的には添付文書の成人に対する常用量から概算されます。

小児を対象とした臨床試験を実施することは、小児用の医薬品意外には希です。

ほとんどの場合は、児薬用量を体重や年齢で概算する必要があります。
手間がかかる上に絶対にミスは許されません。

処方箋が立て込んでいる時に、小児処方箋を受け取る薬剤師の味方となってくれるアプリを紹介します。

おしえて!小児用量(有料)

開発元:株式会社医薬情報研究所

調剤薬局に必ずと置いてあると言っても過言でない「薬価基準」等の書籍を発行している株式会社医薬情報研究所が開発しているお役立ちアプリです。

小児用量を確認するアプリ画面1

小児用量を確認するアプリ画面2

使用シーン例

  • 日常業務で小児の処方箋を調剤する際の確認
  • 投薬前の監査時に利用

小児に使用する医薬品の用量参考値を、年齢や体重ごと製剤量単位で教えてくれます。

小児薬量計算Lite(無料)

開発元:SeieiCommunications

年齢、体重、体表面積などを用いて補正する、代表的な小児薬用量換算式を用いて、小児の薬の使用量を計算するアプリです。

小児薬量計算Lite画面1

小児薬量計算Lite画面2

使用シーン例

  • 日常業務で小児の処方箋を調剤する際の確認
  • 投薬前の監査時に利用

小児に使用する医薬品の用量参考値を年齢・体重・体表面接を用いた計算式で算出してくれます。

勤務シフトの情報共有が出来るアプリの紹介

大手調剤薬局の場合、薬剤師の勤務シフト作成は会社のインフラを利用しています。

一方、中小規模の調剤薬局では、勤務シフトはまだ紙媒体かメールが大半です。

しかし数年前から一般的にLINEが普及されてきたことで、従業員間の情報共有の形も変化してきました。

勤務シフト管理者がアプリでシフトを作成し、グループLINEを通してシフト表を一斉送信するようにしているところも増えています。

連絡ミスやもれを防げるということで、現役薬剤師の間で好評です。

シフトヤ(無料)

開発元:メディクル株式会社

現役薬剤師100人の意見から作られたシフトアプリです。

開発元では、シフトヤ(シフト薬剤師版)だけでなくシフトナ(シフト看護師版)シフトドクター(シフト医師版)と職業別にアプリを作っています。

LINEやメールでシフト表を共有できます。

シフトヤ画面1

シフトヤ画面2

特徴

  • 早番・遅番などの様々なシフトに対応
  • 1ヶ月カレンダー形式で管理
  • 自分だけでなく店舗メンバー分も登録できる
  • 勤務表を作成したらLINEやメールで送信し共有できる

薬剤師ポケット(無料)

開発元:マイナビコーポレーション

転職エージェントのマイナビが開発した、薬剤師専用のシフト作成アプリです。

薬局薬剤師のシフトには早番、遅番、半日などがありますが、よく使用されるものとしてスタンプ型でタップ登録できます!

また、デザインも非常に豊富でバリエーションがあります。

勿論、こちらもLINEやメールで情報共有できます。

まとめ

スマホやタブレットは私たちの生活の中に定着し、時代の流れに応じて医療現場にもどんどん電子化の波が訪れています。

患者さんには、電子お薬手帳・電子処方箋という変化が訪れました。

そして、調剤薬局は電子化に対応できるシステムを整え始めています。

また、近年在宅医療業務が増加し、場所を問わず調べられる環境が必要となってきました。

必要に応じて、着々とお薬検索や添付文書検索を始めとした、実用的なアプリ開発が進んでいます。

今後ますます医療現場は電子化が進み、薬剤師へ期待されることも多くなってきます。
と同時に、かなり早いスピードでそれらをサポートするツールも開発されてくるでしょう。

薬剤師はこれらのツールを日常業務に、上手に取り入れていくことが必須となります。

業務をサポートしてくれるツールを上手く使いこなせるようになると、必然的に労働時間の短縮が可能となり、心の余裕が生まれてくるでしょう。

-薬剤師の仕事術

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.