薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

科学の力によって事件解決を目指す科学捜査研究所での薬剤師の働き方

更新日:

ミニチュア犯罪現場

薬剤師の職場は病院・調剤薬局やドラッグストアなどが主なものとして挙げられますが、中には警察署や麻薬取締部など珍しい現場で働いている人もいます。

その中に「科学捜査研究所」で「科学捜査官」として働いている薬剤師がいるって知っていますか?

ドラマなどテレビでしかあまり聞きなれないワードですが、な薬剤師が必要とされている職場なんですよ。

科学捜査研究所での薬剤師の仕事について調べてまとめてみましたので、ぜひ読んでみてくださいね。



科学捜査研究所略して科捜研とは、科学捜査を行う刑事部の付属機関

「科捜研」というワードはドラマのタイトルにも使われていたので、聞き覚えがある方も結構いそうですね。

ドラマを見た方ならわかると思いますが科捜研での科学捜査官の仕事は、DNA鑑定など科学の力により捜査を行い、事件を解決に導くこと。

刑事事件の解決が仕事のため、警視庁もしくは道府県警察本部の刑事部に所属しています。

科学捜査研究所は専門ごとに5つに分かれており、それぞれ担当する鑑定が異なります。

法医科:血液や毛髪などからDNA鑑定
物理科:火災の発生場所・発砲事件の再現実験・重火器や電子機器の鑑定
文書鑑定科:筆跡や通貨の鑑定・故意に消された文字の再現など
化学科:覚せい剤など依存性薬物や中毒薬物の鑑定・爆発物や高圧ガスなどの取締など

薬剤師が所属する可能性が高いのは、DNA鑑定を主とする法医科。

技術が低い時代には鑑定ミスにより冤罪を起こしたこともあるDNA鑑定ですが、現在ではかなり精度が高まっており間違いを起こす可能性は限りなく低いもの。

そのためDNA鑑定の必要性が高まり、科捜研法医科の仕事は増加傾向です。

科学捜査研究所で働くために必要な資格はなし

科学捜査官になるためには、実は必須となる資格はありません。

そうは言っても当然誰でもなれるというわけではなく、各領域に対応した専門知識を持っていることが最低条件と言えます。

前述のように薬学部卒業の薬剤師は法医科で必要とされており、他にも理学部化学科の卒業生などが所属しています。

同様に物理科は理工学部物理科や工学部機械システム工学科が多いなど、全体として理系学部を卒業している人が多い傾向。

製薬会社の研究職に近い印象がありますが、そちらは大卒での就職が難しいのに対し科捜研は学部卒でも問題はありません。

ただかなり狭き門ではあるので、同時期に院卒・博士卒の人が受験をしていた場合、そちらが優先される可能性は大いにあります。

薬学部卒業生が所属する法医科はDNA鑑定件数の増加から増員傾向にあるため、他の部門よりは多少ですが就職しやすい可能性が。

大卒であれば無資格でも受験資格があるため、薬学部卒業後に薬剤師免許を取らないまま就職しても問題はないということです。

同様に研究職に就いている薬学部卒業者の中には、国家試験を受けていないという人が結構いますよ。

年収は一般薬剤師とあまり変わらず。公務員のため福利厚生は◎

就職難易度が高く大変な仕事なので高収入と思われがちな科学捜査官ですが、実は平均年収550万円程度と病院や調剤薬局で働く薬剤師とほとんど変わりません。

初任給も約20万円と、調剤薬局の薬剤師と同じか少し低いくらいですね。

それと言うのも科学捜査官は警視庁・道府県警察本部の所属となるため、実態は公務員だから。

役職も刑事部に準じているので、巡査部長・警部補などです。

昇給等も公務員のため規定があり1年に1回昇給、別途住居手当や通勤手当が支給されます。

公務員はボーナスと呼ばず期末手当・勤勉手当と呼ぶのですが、そちらは年間約4か月分の支給です。

公務員の給与は一般薬剤師に比べてすごく高いとは言えないですが、福利厚生は圧倒的に良いですよ。

例えば女性にとって気になる子育て支援に関しては、育児休業のほかに部分休もあり育児と仕事を両立させやすい環境が整っています。

特に科捜研は一人一人を長く育てて高い技術や知識を身に着けてもらう必要がある仕事なので、女性に優しい環境作りに努めてくれています。

共済や福祉に関しても一般企業とは比べ物にならず、本人や家族の病気やけがに対して医療費を給付したり、結婚や出産に対しても給付金が支給されるんです。

科捜研の福利厚生は、働く女性やママ薬剤師にとってかなり理想的なものだと言えますね。

科学捜査官に向いている人とは?

調剤薬局や病院で働く薬剤師の仕事は正確さが欠かせないですが、科捜研での仕事も同じ。

わずかなミスがキッカケとなり事件解決を遠ざけてしまいますし、それにより新たな被害者が出てしまうかもしれません。

医療現場で働く薬剤師同様に、仕事が国民の命に直結している仕事。

現場で動く刑事さんが危険な仕事をしているのは周知の事実ですが、同様に科捜研で働く科学捜査官も高い緊張感の中で事件解決のために働いているということです。

緊張感を保ち続けなければならない大変な仕事ではありますが、公務員なので高収入と言えるほどではありません。

科学捜査官に向いているのは収入のためというより、正義感を持って自分の化学の知識を役立てたいと考えられる人ですね。

大学で学んだ化学の知識・実験や研究の経験を大いに生かすことができるので、患者さん相手ではなく実験をメインに働きたいと感じる方にも良いでしょう。

科学捜査研究所の求人はどのように探す?

化学の知識を国民のために使えるカッコいい仕事ではありますが、実は科学捜査官は驚くほど狭き門です。

募集は不定期であり、自治体によっては募集が全くないない年度もあります。

募集があったとしても各都道府県に1~2名など、他の薬剤師が就く職場に比べてかなり求人数が少ないんです。

「DNA鑑定の必要性が高まり、科捜研法医科の仕事は増加傾向」とお話ししましたが大量募集があるというほどでは全くなく、なろうと思ってすぐになれる職業ではありません。

中途採用の募集数はさらに少なく頻度もまれなので、警視庁もしくは希望自治体の道府県警察本部ホームページなどを頻繁にチェックする必要があります。

科学捜査研究所の求人は、薬剤師がよく利用する転職サイトなどには掲載されません。

そのため科学捜査官への転職を希望するなら警視庁の採用サイトをブックマークして、求人情報を見逃さないようにしましょう。

「現在の職場に不満があり、なるべく早く転職したい…。」と考えている方には、科学捜査官への転職は難しいですね。

今よりも良い職場へ転職し、ジックリと募集掲載を待つ方が金銭的・精神的に余裕が持てます。

テレビドラマなどでスポットを浴びる憧れの仕事ではありますが、中途採用での転職はかなり難しいと覚えておいてください。

まとめ

警察に所属し科学の力によって事件解決を目指す、科学捜査官。

薬学部を卒業し化学・薬学の知識を持っていれば、法医科所属の科学捜査官として採用される可能性があります。

ただし科学捜査研究所の求人数はかなり少なく、特に中途採用は難関中の難関。

公務員なので福利厚生は良いですが、特別に給与が高いわけではありません。

その上で刑事事件に関わる仕事なので間接的に人の命に関わる緊張感の高い仕事であり、大変な仕事ですがその分やりがいも大きいですね。

研究室での仕事・警察の仕事に興味がある方は、警視庁採用ページなどをチェックしてみましょう。

なかなか出ない求人なので「なるべく早く転職したい」という状況の方には向いていません。

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.