薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の資格

ステップアップを目指すなら!薬剤師が取得可能な認定資格、専門資格総まとめ

更新日:

がけの先から目指す先を見つめる男性

薬剤師の認定資格として、一番有名なのは認定薬剤師資格ですよね。

これは正式には「研修認定薬剤師」と呼ばれる資格で、卒業時に認定手帳をもらったことをキッカケに取得を目指す方も多いでしょう。

しかし薬剤師の取得可能な認定資格や専門資格は、まだまだたくさんあります。

そこで薬剤師の仕事に役立つ様々な資格の、概要と取得方法や難易度などを簡単にご紹介します!
※難易度は難しさではなく、取得しにくいものを「難易度が高い」としています。

今後のワークプランを立てる参考にしてくださいね。



このページの目次

認定薬剤師

研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)

難易度C

各薬剤師の日常業務を良質なものとするため行われた自己研鑽に対し、認定を行うもの。

新規4年以内、更新3年ごとに指定単位を取得し、申請すれば認定となる。
薬剤師免許の更新と同じ効果を期待して認定制度開始となったが、現状認定によるメリットはあまりなし。

認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)

難易度C

6年制薬学生の実務実習を担当・指導する際に、必要となる資格。
指導薬剤師不在の場合は、実習生を受け入れできないため管理薬剤師や薬局長となるためには必須としている薬局・病院が多い。

実務経験5年以上の薬剤師がワークショップ・講習会へ参加し、申請することで認定となる。

小児薬物療法認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)

難易度A

大人よりも繊細な薬剤量・副作用の管理を必要とする小児科領域に対する専門的な知識を持って、医療チームに貢献できる薬剤師を育成するため創設された。

認定のためには研修を受けたのち、年1回行われる試験に合格する必要があり。
小児領域は苦手とする薬剤師も多く、病院・薬局共に重宝される資格。

精神科薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度A

症例によって同じ病名でも治療が大きく異なる精神領域に対し、高度な知識と技術を持って医療に貢献するために制定された認定制度。
精神領域は苦手とする薬剤師も多く、特に入院施設のある精神科では高い専門性が必要とされるのでとても役立つ資格。

認定には精神領域での実務経験5年以上に加え、講習会参加・精神疾患患者への指導実績を満たした上で、試験に合格する必要があり。
薬局薬剤師でも取得可能だが、病院勤務よりも難易度が高くなる。

緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)

難易度A

国民の2人に1人がガンになる現代で、治療だけではなくQOLを高めるために痛みを取り除くことを目指した緩和ケア治療に対する知識を高めることを目的とする。

緩和ケアを専門としている病院はまだ少ないので実用度は低いが、これから高齢化社会が進むにつれて注目される認定資格。

申請時に3年以上緩和ケアに関わるチームに携わっていることが必要とされるため、緩和ケアにこれから関わりたいと考える薬剤師が取得するには向いていない。

スポーツファーマシスト

難易度B

アンチ・ドーピングに対する知識を、正しく持った薬剤師に対する認定資格。
ドーピングは市販薬などから無意識に行ってしまうケースも多く、正しい知識を広めるための活動などを行う。

講習会に参加し、試験に合格することで取得可能。

がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度A

複雑化するがんの薬物治療に対し、高い専門知識を持って医療に貢献できる薬剤師を認定したもの。
抗がん剤は苦手とする薬剤師が多く、専門治療を行っていない施設であっても役立つシーンが多い。

がん関連の講習会参加・がん患者への服薬指導実例報告・認定試験への合格などが必要であり、がんを多く取り扱う病院・薬局に勤めていないと取得が難しい。

感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度A

主に院内の感染制御に対する専門知識を持ち、加えて感染治療に対する薬物治療への貢献ができる薬剤師を認定するもの。
感染制御・感染治療共に病院・薬局で役立つ知識だが、就職に有利とまでは言いにくい。

申請時に院内感染対策チームに所属して3年以上感染予防活動に従事している必要があるため、病院勤務の薬剤師でなければ認定を受けられない。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度A

HIVの病態・薬物治療や感染に関わる様々な知識を持って、治療に臨める薬剤師を認定するもの。
HIVに対する知識はあまり高くない薬剤師が多いため役立つ知識ではあるが、あまり活用する機会がないという面もあり。

申請時に病院に勤務しており、HIV患者に対する指導を3年以上引き続き行っている必要がある。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度A

成人よりもはるかに薬に敏感である胎児や乳児の健康に直結するため、妊婦や授乳婦に対する投薬はとても注意が必要。
妊婦・授乳婦に対してはどの薬剤師も注意をはらっているが自信がないという人も多く、どの現場でも役立つ実践的な認定資格。

申請時に病院に勤務しており、妊婦・授乳婦に対する指導を3年以上継続している必要があるため、薬局薬剤師は認定が受けられない。

漢方薬・生薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)

難易度B

漢方薬・生薬に対する専門知識を持った薬剤師が認定を受けることができる。
漢方薬や生薬はどんな領域の治療にも活用されており、西洋薬のように数値で効果や副作用を測ることができないため専門的な知識が要求される。

漢方薬局などでは就職にとても有利。

講習会参加の上で、試験に合格すると認定となる。

日本医療薬学会認定薬剤師(日本医療薬学会)

難易度S

日本医療薬学会・日本病院薬剤師会認定の資格において、所時が前提となることが多い。
希望する認定資格の申請資格にこの資格が記載されている場合、先に取得する必要がある。

認定には5年以上日本医療薬学会会員であることを前提として、学会参加や論文発表が必要となるため長い時間をかけて計画的に進める必要があり。

プライマリ・ケア認定薬剤師(日本プライマリ・ケア連合学会)

難易度B

高齢化が進む現在において、病院単位ではなく地域で健康を支えるためにプライマリ・ケアという医療への関わりが注目されている。

特に在宅医療に進む個人病院や薬局は増える傾向であり、プライマリケアの知識はとても重要視されている。

認定には講座への出席と症例等の提出、試験の合格が必要となる。

救急認定薬剤師(日本臨床救急医学会)

難易度S

救急医療に対する知識や技術をつけるための認定資格であり、普段の薬剤師業務の中ではあまり身に着かないスキルを磨くことができる。

ただし申請には2年以上救急医療に従事した実績が必要であり、かなり特殊な認定資格と言え身近ではない。

抗菌化学療法認定薬剤師

難易度A

日本では抗菌薬を多用しすぎているという現状があり、正しく抗菌薬を使える知識を持った医療者が少ないためとても重要視されている認定資格。

また病院の感染防止対策加算の施設基準に専任薬剤師の存在が必要とされているため、就職にも有利。

5年以上抗菌化学医療に携わった実績・症例報告・研修単位などが認定に必要。

日本禁煙学会認定専門指導者(日本禁煙学会)

難易度B

ここ数年日本でも分煙・禁煙が進み、禁煙薬が保険適応になるなど医療へも関わるようになってきている。

認定資格がなくても問題なく禁煙治療は行えるが、あると正しく患者を禁煙に導くことができるため実践的な内容。
2時間程度の講習と筆記試験の合格で認定となる。

専門薬剤師

認定資格と専門資格は似ていますが、一般的に専門資格の方が難しいです。

がん認定薬剤師とがん専門薬剤師のように、同じ領域の認定資格と専門資格がある場合、多くの場合認定薬剤師を先に取得する必要があります。

認定資格と説明が重複する部分は省きます。

がん専門薬剤師(日本医療薬学会)

難易度A

薬剤師の専門資格として唯一、医療法上認定を受けていることを広告可能であり、就職にも有利。

認定のためにはがん薬物療法に関する5年以上の研修歴・講習会参加・症例提出の上で年1回行われる試験に合格する必要があり、がんを扱う病院で働く薬剤師でなければ認定は難しい。

感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度S

申請時に感染制御認定薬剤師であり、感染制御に関する学術論文を2つ以上発表している必要がある。

その上で筆記試験に合格する必要があるため、難易度はかなり高い。

精神科専門薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度S

申請時に精神科薬物療法認定薬剤師であることが最低条件。
加えて日本精神神経学会等、精神領域に関わる学会に所属している必要がある。

申請には精神領域に関する学会発表が3回以上必要。
筆記試験に合格すると、専門薬剤師として指定される。

HIV感染症専門薬剤師(日本病院薬剤師会)

難易度S

申請時にHIV感染症薬物療法認定薬剤師であり、日本エイズ学会の会員である必要があり。
HIV領域に関する学会発表を2回以上行った上で、筆記試験に合格する。

妊婦・授乳婦専門薬剤師(日本病院薬剤師会)

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師であることが条件で、日本産科婦人科学会等への会員になる必要もあり。

妊婦・授乳婦領域に関わる学会発表を3回以上行った上で、試験に合格すると専門薬剤師となる。

薬物療法専門薬剤師(日本医療薬学会)

難易度S

薬剤師として広く様々な領域の薬物治療において活躍・精通している薬剤師を認定するもの。
薬剤師の中でも特にレベルが高く広い知識を持っている薬剤師として認められた証拠となるため、とても有効な資格。

実務経験が5年以上の薬剤師で日本医療薬学会の認定薬剤師であることが最低条件。
その上で5年以上の指定研修、国際学会での発表が2回以上必要なため、専門薬剤師の中でも特に難易度が高い。

腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師(日本腎臓病薬物療法学会)

難易度S

透析・腎移植・慢性腎不全など腎臓に関する治療に対し、正しい知識を持って治療に貢献できる薬剤師を認定するもの。

腎臓治療の専門病院・門前薬局でなくとも、腎機能低下患者はかなり多く日常業務の中で腎機能を加味した用量監査を行うためにも役立つ重要な知識。

10年以内に3回以上腎臓治療に関する学会発表が必要となるため、腎臓治療を専門としている病院に勤めていなければ取得は難しい。
認定薬剤師と専門薬剤師を別に設けている学会が多いが、こちらはどちらも同じ資格を指す。

医療スタッフとして役立つ資格

栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)(日本静脈経腸栄養学会)

難易度A

様々な疾患により口から十分量の食事を摂取できない人のための栄養摂取方法である、静脈栄養・経腸栄養のスペシャリストを認定するもの。

静脈栄養・経腸栄養についてだけではなく、当然栄養そのものに対する高い知識も必要。
管理栄養士が持つことが多い認定資格だが、調剤や服薬指導で栄養管理に関わる薬剤師にも役立つ知識。

管理栄養士のほか薬剤師・看護師・医師などの国家資格を有することが最低条件。
5年以上栄養サポートに対する業務に従事し、セミナー参加、試験合格の後に認定となる。

薬剤師が栄養サポート業務に関わることは珍しく、なかなか認定要件を満たすのは難しい。

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)(日本糖尿病療養指導士認定機構)

難易度B

日本の糖尿病患者数は最新調査で1,000万人を超え、糖尿病患者への適切な指導能力・技術・知識は全ての医療従事者にとって欠かせないもの。

その中で糖尿病患者、糖尿病予備軍者への正しい生活指導を行えるエキスパートを育成するための認定資格が、CDEJ。

講習会の受講、認定試験の合格のみで認定可能であり、現在どのような働き方をしている薬剤師でも目指しやすく、価値のある認定資格。

サプリメントアドバイザー(日本サプリメントアドバイザー認定機構)

難易度B

健康意識の高まりからサプリメントを活用する人が増え、その中で粗悪なサプリメントの存在・過剰摂取・薬との相互作用など様々な問題も。

サプリメントアドバイザーはサプリメントを正しく安全に使用するための知識を伝える役割を担い、健康維持に役立つ保健機能食品やサプリメントの啓発も行うサプリメントのスペシャリスト。

ドラッグストア勤務薬剤師は当然、調剤薬局などの服薬指導でも患者に訊かれることが多いため、とても役立つ資格。

認定には日本臨床栄養協会に入会の上で必要単位を受講し、認定試験に受講する必要がある。

日本褥瘡学会認定師(日本褥瘡学会)

難易度B

高齢化が進む中で寝たきりとなってしまう患者も多く、褥瘡に悩む方も増える傾向。
さらに在宅医療が進む中で薬剤師の知識や技術も褥瘡治療に必要とされるように。

痛みや不快感が強い褥瘡を正しく治療するための知識を医療従事者が正しく持つために制定されたのが、日本褥瘡学会認定士。

4年以上日本褥瘡学会所属の上で褥瘡治療に薬剤師として関わり続けていれば、書類提出のみで認定可能。

2年以上褥瘡治療に関わった経験があれば、先に「在宅褥瘡予防・管理師」として認定を受けることもできる。

一般販売者・医療以外の現場などで役立つ資格

毒物劇物取扱責任者

難易度-

毒物・劇物を取り扱う必要がある場合に、施設に一人毒物劇物取扱責任者が必要です。

ドラッグストアやホームセンターなど毒劇物の販売所のほか、医薬品・化粧品などの研究施設で必要とされる資格。

薬剤師であれば書類の提出のみで得物劇物取扱責任者となれるため、職場で必要となった際に申請すればOK。

食品衛生管理者

難易度-

食品衛生法の規定により、食品の製造や加工において衛生管理を行う責任者を務める者。

薬剤師であれば申請のみで指定されるが、あえて薬剤師が食品衛生管理者として必要とされるシーンは少ない。

製造責任技術者(医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器)

難易度-

医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器を製造する施設において製造業の許可を取る必要があるが、その許可を得るにあたって製造責任技術者(製造管理者)を必ず配置する必要がある。

薬剤師であれば書類提出のみで資格が取れる上に一部兼任も可能なため、製造業での管理者として薬剤師の求人が出ていることも。

応募のために事前に資格を取得しておく必要があるわけではないため、優先度は低い。

麻薬取締官

難易度S

違法薬物を取り締まる役割を担う、麻薬取締官。

違法とは言え相手は薬物のため薬の知識が必要とされ、現在麻薬取締官の約半数は薬剤師で構成。

薬剤師が麻薬取締官になるための受験資格は、薬剤師免許を現在所持しているか取得見込みである上に、29歳以下である必要があるためチャンスは少ない。

さらに薬学部卒の麻薬取締官の募集は欠員が出たときのみであるため、試験合格以前に試験自体が行われない年もあるため、かなり門が狭い。

検疫委員

難易度S

大規模な伝染病が流行した場合、流行の危険性がある場合などに感染拡大や予防のための活動を行うもののこと。

試験はなく書類・面接のみでの選考となるため合格自体は難しくはないが、募集がかなり少なく不定期であるため、就職することの難易度は高いと言える。

向精神薬取扱責任者

難易度-

薬剤師にとっては身近である向精神薬だが、取扱いや保管には十分な注意を払って管理をする必要があるため専任の責任者が必要。

向精神薬の製造施設のほか、調剤薬局・病院など向精神薬を扱う施設には、必ず向精神薬取扱責任者の配置義務がある。

一般的に管理薬剤師・管理者などが兼任する。

薬剤師であれば申請のみで取得できるため、必要となったときに申請すれば問題ない。

環境衛生指導員

難易度A

一般廃棄物・産業廃棄物などの運搬業者・処理施設などが、法律に基づいて管理・運営されているか監視する職員。

地方公務員試験合格ののち、廃棄物処理や環境衛生業務に関わり環境衛生指導員としてふさわしい能力・経験があると判断されれば任命される。

廃棄物処理には化学物質が使用されることもある上に、廃棄物自体も環境汚染に関わる物質が含まれることがあるため薬剤師の能力が活かせる仕事だが、公務員試験合格が必須のためあえて目指すメリットはそれほどない。

食品衛生監視員

難易度A

空港や港などで輸入食品に関わる安全管理を担う仕事。

微生物検査・理化学検査などから感染症が国内に広がることを防ぐ役割。

薬剤師は食品衛生監視員採用試験の受験資格があるため1年に1回行わる試験に合格し、国家公務員として採用される必要がある。

地方自治体の食品衛生監視員になる場合には、自治体ごとに規定が異なるため随時確認が必要。

薬事監視員

難易度A

医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器の品質を管理する仕事。

製造施設や取扱い施設の監査・医薬品などの広告において誇大表現や虚偽がないかの監視、違法薬物の製造・輸入などを発見し指導する。

薬剤師免許を所持した上で国家公務員試験を受験し、薬事に関わる仕事を経験する中で任命を受け薬事監視員となる。

就職の際に必要となる資格や就職に役立つ資格

MR認定試験(MR認定センター)

難易度A

MR(医薬情報担当者)は製薬会社の営業職として捉えられるが、本来は医療従事者に医薬品の適正使用のための情報を伝達・収集を行う職業のこと。

MR認定資格がなくてもMRとして活動は可能だが、一部MR認定資格保持者のみの面会を行う医療機関もあるため基本的には必須。

製薬会社などで基礎研究を受けるか、MR認定センターの基礎教育を受けなければ受験資格がないため、多くの人が製薬会社に所属してから認定試験を受ける。

試験は年1回のみ行われ、薬剤師は一部科目が免除となるので少し有利。

労働安全・労働衛生コンサルタント(安全衛生技術試験協会)

難易度B

各事業所の労働安全・労働衛生の水準維持や向上のために指導を行う専門家のこと。

労働安全や労働衛生に対する知識に加えて、指導力や経験も求められる。

筆記試験・口述試験の合格により認定を受けることができ、薬剤師は一部科目が免除となる。

公害防止管理者(産業環境管理協会)

難易度B

産業成長と共に問題が広がる公害に対し、高い知識を持って公害原因となる物質の流出を防ぐための管理を行う者。

公害発生施設ごとに公害防止管理者を配置する必要がある。

資格取得の方法は試験を受ける方法と認定講習を受ける方法があり、資格の認定区分などが細かく分かれているため、必要となってから取得する方が良い。

治験コーディネーター(CRC)認定資格

CRCになるために必要な資格はないが、認定資格がいくつか存在し所持することで医療関係者からの信頼が高くなったり、昇進・昇給・転職に有利となる。

CRCの認定資格には現在CRC公認試験(日本SMO協会)・日本臨床薬理学認定CRC試験(日本臨床薬理学会)・SMONA公認CRC試験(SMOネットワーク協同組合)がある。

一番取得が簡単なのはCRC公認試験で、資格所持者を優遇する企業も増えているのでCRCなら積極的に取得したい資格。

その他あると便利な資格

メディカルアロマセラピスト(日本統合医学協会)

難易度A

アロマに使用する精油には薬理作用を持つものがあり、上手に使用することで心身を健康に導くことが可能なため、医療や福祉の現場でアロマセラピーが注目されている。

特に精神疾患などメンタル面での不調に良い効果が得られる可能性が高く、その他終末期ケアなどにも良い影響が期待される。

メディカルアロマセラピストは医療や福祉の現場で活躍できる資格。

資格取得には日本統合医学協会指定の講座を受講した上で、試験に合格する必要がある。
薬剤師は一部試験科目が免除となるが、講座受講に時間とお金がかなりかかるので薬剤師が目指すのはあまり現実的とは言えない。

ヘルスケアアドバイザー(HCA)(ヘルスアンドビューティケア人材育成センター)

難易度B

ヘルスケア全般に対する知識を持ち、健康維持のために必要な生活上のアドバイスを適切に行うための資格。

主にドラッグストアで働く者に向けた資格だが、調剤薬局の服薬指導でも役立つ内容。

通信教育やDVDにて講座を受講し、試験に合格することで認定となる。

ビューティケアアドバイザー(BCA)(ヘルスアンドビューティケア人材育成センター)

難易度B

化粧品・スキンケアなど美容に関する知識や技術に精通し、正しくアドバイスができる者を育成するための資格。

主にドラッグストアのビューティー部門で働く社員のための資格。
薬剤師としてはあまり活躍の場がないが、皮膚科領域には役立つ知識。

通信教育やDVDにて講座を受講し、試験に合格することで認定となる。

ベビーケアアドバイザー(BBA)(ヘルスアンドビューティケア人材育成センター)

難易度B

赤ちゃんとその家族に対する正しいアドバイスを行える者を育成するための資格。

赤ちゃんの身体の構造や育児方法だけではなく、妊娠や出産など赤ちゃんに関わる様々な知識をつけることが可能。

通信教育やDVDにて講座を受講し、試験に合格することで認定となる。

漢方アドバイザー(KPA)(ヘルスアンドビューティケア人材育成センター)

難易度B

漢方薬の使用や症状に対する適切なアドバイス、服用に対する注意を行うための知識を持つ者に対して認定される資格。

ドラッグストア店員向けの資格のため、薬剤師にとっては難易度が低め。

金銭的負担を除けば簡単に取得できる反面、服薬指導など処方薬としての漢方薬使用に対する知識までは得られない。

薬剤師なら漢方薬・生薬認定薬剤師を目指す方が実践的。

通信教育やDVDにて講座を受講し、試験に合格することで認定となる。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

難易度B

介護士のように実際に介護を行うわけではなく、介護が必要となる人に対して適切な介護サービスが受けられるようにプランを立てる仕事。

具体的にはケアプランの作成や、介護保険の給付費管理・介護サービス事業所との連絡や調整などを行う。

薬剤師として通算5年以上かつ900日以上仕事をしていればケアマネージャーの受験資格があり、筆記試験に合格したのち実務研修を受けることで登録となる。

臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会)

難易度S

医師や薬剤師のような医療からのアプローチではなく、精神面に心理的アプローチを行い心の健康を促す仕事。

カウンセラーと呼ばれることが多く、学校や企業に配置されることが増えてきている。

薬剤師がスクールカウンセラー等として働く機会は一般的にはないが、薬以外の方法で精神疾患を支える知識をつけるのは服薬指導などにも役立つ。

ただ受験資格自体臨床心理を学べる大学を出ていることが最低条件なので、薬剤師が仕事をしながら取得を目指すのは現実的ではない。

産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)

難易度B

メンタルを支えるカウンセリングを始め、キャリアプラン・人間関係など、働く上での悩みに対するサポートを行う仕事。

臨床心理士よりも簡単に取得できるので、人気が高い。

日本産業カウンセラー協会が開催する講座を受講し、試験に合格すると認定となる。

薬剤師にとって難しい試験ではないが、講座受講にかかる費用はそれなりに大きい。

まとめ

薬剤師向けの資格は、まずは認定薬剤師から目指すのがスタンダード。
興味のある分野や今働いている病院・門前病院の診療科目に関わる資格から進めるのが良いですね。

プライマリ・ケア認定薬剤師などこれから必要になる機会が増えると予想されるものや、知識を活用する機会が多い漢方薬・生薬認定薬剤師もオススメです。

専門薬剤師資格は学会発表を必須とするなど難易度が高めなので、認定薬剤師を取得してから時間をかけて取得を考えましょう。

薬剤師の専門資格以外ではサプリメントアドバイザーなどが日常業務に役立てやすいですね。
資格取得まではしなくてもテキストを読むだけでも参考になりますよ。

薬剤師の知識やスキルは薬剤師である限り高め続けることが可能です。

10年後どんな薬剤師になりたいか想像しながら、資格取得を考えてみてください。

-薬剤師の資格

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.