薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

国を守る存在である自衛隊に、薬剤師として在籍する薬剤官という仕事

更新日:

自衛隊の後姿

災害時などが起きたときに被災者を支えてくれて、万が一の時には私たちを守ってくれる存在である自衛隊。

薬剤師には全く無縁の世界に思えますが、実は自衛隊にも薬剤師が存在しています。

学校の就職説明会で見かけたことがある方もいるかもしれませんね。
私も興味があり、説明だけ聞いたことがあります。

ただ身近に自衛隊薬剤師がいる方は珍しく、あまりその仕事内容や待遇が知られることがない職業ですので、自衛隊での薬剤師の役割や働き方についてまとめてみます。



自衛隊での薬剤師の仕事は管理業務が主!隊員の健康を守る大切な役割

病院や調剤薬局などで働く薬剤師の仕事は調剤と服薬指導が大半ですが、自衛隊で働く薬剤師の仕事は「医薬品に関わる管理」が主なものです。

もちろん調剤も行いますが、病院などのように1日の大半を調剤業務が占めるということはあまりありません。

薬剤師が自衛隊に入隊した場合、陸空海いずれかの群の薬剤官として配属されます。

つまり医療衛生に関わる様々な業務を担当するということです。

具体的な仕事内容は所属する部門で多少の違いはありますが、基本的には薬品の管理や調剤、医療費の管理などです。

医薬品の購入や管理はもちろん、検査に使用する試薬や器材の管理も薬剤師が担うことがあります。

部署や役職によっては衛生に関するすべての予算管理を受け持つこともあるため、責任感を持って臨む必要があります。

自衛隊に所属する薬剤師の多くが各地にある「自衛隊病院」で仕事をすることになりますが、自衛隊の海外ミッションに隊員の健康を支える衛生科隊員として同行することも。

日ごろの厳しい訓練を行う隊員の健康だけではなく、海外任務に就き心身共に負担が大きい状態の隊員たちを支える重要な役割を、自衛隊所属の薬剤師は任されているということです。

もちろん任務に同行するためには隊員として最低限の体力やスキルを、訓練にて身に着けておかなければなりません。

責任重大ではありますが、とてもやりがいのある仕事ですね。

年収は比較的高め、充実の福利厚生も魅力的

薬剤官の平均年収は650万円程度で、病院や調剤薬局の薬剤師と比べて高めです。

平成29年2月1日の募集要項では薬剤科の初任給は243,100円となっており、珍しいですが大卒も大学院卒も同じ。

別途ボーナスが年2回あり、昇給は年1回あります。

さらに職種・職域に応じて、住居手当・扶養手当・航空手当・乗組手当・航海手当・地域手当なども。

一般的な薬剤師は住宅手当すらほとんどつかないことが多いので、自衛隊薬剤師の待遇はかなり恵まれていると言えますね。

さらに完全週休二日制なのも魅力的。
祝日や年末年始も休めますし、お盆休みも取得可能です。

勤務時間は勤務地により多少異なりますが、8時~17時が一般的です。
勤務開始時間が少し早めな分終了が早いので、終業後のプライベート時間がタップリありますね。

また自衛隊勤務は福利厚生も一般企業よりも良いものです。

例えば防衛相共済組合の宿泊所やスポーツ施設を会員価格で利用可能だったり、一般の会員制スポーツクラブの割引制度もあります。

財形貯蓄など貯蓄に関わる福利厚生もありますので、上手に利用することで将来に向けた蓄えを作ることができますね。

自衛隊薬剤師の福利厚生は、薬剤師の中で比較的福利厚生が良いと言われる製薬会社勤務と同じかそれ以上のものですよ。

自衛隊で働くことのメリット・デメリット

一般的な薬剤師とは全く違う形で働く薬剤官。

自衛隊に所属して仕事をすることによるメリットとデメリットをまとめましたので、転職を迷っている方は参考にしてみてくださいね。

メリット

特殊な経験を積むことができる

他のどんな職種とも違う自衛隊薬剤師。

その経験は唯一無二のものであり、他では絶対にできない経験を積むことができます。

海外任務など特殊な経験だけではなく、管理業務などを学べるので企業の管理薬剤師への転職がしやすくなります。

もちろん調剤・服薬指導も行うため、調剤薬局や病院への転職もそれほど困りません。

特殊な経験を積みながら転職にも有利な仕事というのは、他ではなかなかありませんね。

福利厚生など待遇が良い

平均年収が一般薬剤師よりも高いだけではなく、福利厚生が充実しているのが魅力的。

女性なら気になる産休・育休も自衛隊員は公務員のため、法律に基づきシッカリ取れます。

土日祝は基本的に休みで年末年始など長期休暇も取りやすい環境なので、プライベートを充実させたい方にも向いている仕事と言えます。

デメリット

転勤が多い

自衛隊は転勤回数が多いことで有名です。

一般隊員で1~3年ごと、薬剤師でも3~4年ごとに転勤があるのが普通です。

さらに勤務地の希望はほとんど通りません。
縁もゆかりもない土地に転勤になるなんてことは、全く珍しくないんです。

家族がいて頻繁な転勤はムリという方には、自衛隊勤務は難しいですね。

就職のチャンスがとても少ない

常に求人が出ている薬局や病院とは違い、入隊試験は年1回のみ。

新卒ではない中途採用の場合でも、年1回しかチャンスがありません。

しかも以下で詳しくお話ししますが、年齢制限まであるんです。

「やりたいと思ったらいつでもなれる」というわけではなく、チャンスには限りがあるのが自衛隊求人のデメリットと言えてしまいますね。

自衛隊薬剤師になるなら数少ないチャンスを逃さないようにする必要があり

薬剤師が自衛隊に入隊するためには、自衛隊幹部候補生試験を受ける必要があります。

年1回の募集で通常は5月~6月に試験があり、一次試験の筆記試験、二次試験の小論文試験・口述試験・身体検査に合格すれば晴れて入隊。

募集要項については自衛官募集ホームページに随時掲載されます。

募集人数は例年5名程度であり、決して広い門ではありません。

さらに注意しなくてはならないのが「20歳以上28歳未満」という年齢制限があること。

通常薬学部を卒業するのに6年かかりその時点で24歳となっているので、チャレンジできるのは4年間のみということに。

もし転職組で自衛隊に興味があるなら、すぐに行動しなければ間に合わなくなってしまいます。

試験に晴れて合格し入隊となっても、すぐに薬剤官として働けるわけではありません。

薬剤師は自衛隊と言っても一般隊員のように実際に体を使った仕事に就くわけではありませんが、任務に就くにあたって最低限の体力は必要です。

そのため入隊後は約1年間幹部候補生学校での、教育訓練を受けることになります。

運動が苦手だからついていけない…ということはありませんが、自衛隊の訓練ですのでそれなりにハードです。

体力くらいは入隊前にシッカリつけておかないと、続けられないでしょう。

幹部候補生学校での寮生活を終えれば、各地の陸海空自衛隊へ配属となり、薬剤官としての仕事がスタートします。

自衛隊薬剤師は門が狭く年齢的な制限もあり、就職のチャンスがとても少ないという意味でも特殊な仕事です。
薬剤官になってみたい!と思うなら、すぐに行動を始めましょう。

まとめ

国を守る存在である自衛隊に、薬剤師として在籍する薬剤官という仕事。

かなり特殊ではあり体力面でのハードさもありますが、国を支える隊員の健康を任されるとてもやりがいのある仕事です。

給与・福利厚生など待遇面でもかなり優遇されてはいますが、なりたい人はみんななれるというわけではないことに注意。

特に中途採用を考えているなら年齢制限はもうすぐそこなので、なるべく早く行動を始めることをオススメしますよ。

もし転職サイトに登録しているなら、担当のコンサルタントが自衛隊薬剤師についての情報を持っている可能性があります。
転職活動のヒントになるかもしれないので、一度聞いてみると良いですね。

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.