薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

スピード・正確性が求められる血液センターでの薬剤師の役割とは

更新日:

赤いハート型の木

薬剤師が働く職場の大半が病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社で占められていますが、他にもいくつか選択肢があります。

その中に「血液センター」で働くという選択があるのをご存じですか?

一言で「血液センター」と言われてもピンと来ない方も多いと思いますし、どんな仕事内容なのか想像しにくいですよね。

そこで血液センターで働く薬剤師の仕事内容や、給与など気になるポイントをまとめてみました。

医療現場以外の仕事に興味がある薬剤師は要チェックですよ!

おすすめ薬剤師転職サイト
薬キャリ 年間2万人以上の薬剤師が利用
エムスリーグループが運営
マイナビ薬剤師 細かな希望について面談しサポート
5年連続利用者満足度1位
ファルマスタッフ 業界最大の求人数を掲載
日本調剤グループが運営

血液センターは日本赤十字社の運営する「血液製剤製造所」

血液センターと聞くと、献血ルームをイメージする方が多いと思いですよね。(私もそうでした。)

血液ルームで集められた血液は即座に血液センターに送られ、血液製剤になります。

つまり血液センターは、血液製剤を作る施設のこと。

併せて医療機関に血液製剤を提供する役割も担っています。

献血ルーム・血液センター共に、法律に乗っ取って設立・運営する特殊法人の日本赤十字社が運営しています。

日本赤十字社の正社員は、公務員と同じ給与体系である「準公務員」という扱いです。(みなし公務員と呼ぶこともあります。)

薬剤師の多くは正社員として採用されるため、給与・福利厚生は公務員並みの待遇ということに。

大学病院などに勤めなくても公務員扱いを受けられるのは、とても良い環境だと言えますね。

血液センターでの薬剤師の仕事は、血液製剤の製造や品質管理が主

薬剤師が血液センターで行う仕事は、大きくわけると「血液製剤の製造」「血液製剤の品質管理」の2つです。

製造部門へ配属になった場合には、輸血用の血液製剤を実際に製造する業務にあたります。

献血により提供された血液はそのままではなく、赤血球・血しょうなどに分けられて製品化されます。

その製造自体を薬剤師が受け持つわけですが、専門的な知識・技術は当然としてスピード感も要求される意外にハードな仕事です。

身体から取り出された血液は24時間以内に製剤化する必要があり、場合によっては夜間など緊急的に調整する場合も。

品質管理部門へ配属になった場合には、血液製剤の品質を確認する試験・品質維持のための研究などを行います。

血液製剤に関する品質管理は、微生物検査や抗体検査など多岐に渡るものです。

こちらも少しのミスが患者さんの命を奪うことになるため、緊張感を高く持つ必要がありますね。

製造・品質管理以外では医療機関からの問い合わせに対応する学術情報担当も、薬剤師の配属される可能性がある部署です。

様々な部署での仕事を経て経験を積んだ薬剤師は、各血液センター全体の営業所管理者となり血液製剤の製造から出庫までを管理する仕事に就くことができます。

営業所管理者となると責任・仕事量が大きくなりますが、同時に給与も高くなるため血液センターで長く働くつもりなら目指して行きたいポジションです。

血液センターで働くメリットとデメリットとは?

薬剤師の職場としては、ちょっと特殊な血液センター。

その血液センターで働くメリットとデメリットをご紹介しますので、転職を検討するヒントにしてください。

メリット

研究職に近い仕事ができる

製薬会社や化粧品・食品会社での研究開発職は、多くの薬剤師が憧れる仕事です。

ただ博士卒ではないと就職できないなど、ハードルが高い仕事でもありますね。

血液センターでの仕事は実際の医療現場の仕事ではないので、研究開発職のように実験室での仕事です。

研究職とは違い新たな薬を生み出す仕事ではありませんが、多くの患者さんの命を支える薬を作ることには変わりありません。

それなのに学歴が研究職ほど重要視されず、意外にハードルが低いのが血液センターを選ぶメリットの1つ。

患者さんと話す機会がない

「病院でコツコツ調剤をしたいのに、病棟業務が苦手…」
「調剤薬局で働いているけど、実は服薬指導が嫌い」

こんな薬剤師は全然珍しくありません。
薬剤師は基本理系ですし、コミュニケ―ションが得意ではないという人も結構いますよね。

そんな薬剤師にとって、患者さんと話す機会のない血液センターの仕事は天職。

当然職場の仲間と話したり相談したりする機会はありますが、患者さんやお客さんのように気を遣って話続ける相手ではないので気が楽です。

職場が安定している

血液センターの職員は公務員ではありませんが、準公務員という扱いです。
待遇面では実質公務員とそれほど変わりありません。

さらに他に同様の認可法人が存在しておらず唯一無二の献血を管理する法人のため、職場としてかなり安定しています。

薬剤師の仕事は基本安定していると思われていますが、調剤薬局がコンビニよりも多いと言われている今、実際には安定している職場とは言えません。

病院だって公的病院は赤字ばかりですし、個人病院はいつ閉鎖するかわかりません。

それに比べると血液センターがつぶれる危険性などは全くない、とても安全な職場だと言えます。

デメリット

薬や治療に関する知識・経験が積めない

病院・調剤薬局に勤めていれば診療科により多少の知識差は出ますが、年数を追うごとに次々と薬や治療に対する知識や経験を積むことができます。

職歴さえあればどこに転職しても、それほど困ることなくすぐに仕事に慣れるでしょう。

血液センターで働く薬剤師はとても離職率が低いですが、職場のメンバーに馴染めず転職を考えてしまうことがあるかもしれません。

そうなったときに医療現場に出たことがないと、実際の現場の仕事に馴染むまではかなり時間がかかってしまいます。

特に病院求人は未経験者不可が多いので、血液センターからの転職は難しそうです。

患者さんと話す機会がない

こちらはメリットでも挙げましたが、別の視点から見ればデメリットにも。

黙って仕事をし続けるのが苦手な人にとって、血液センターの仕事はあまり向いていません。

患者さんとコミュニケーションを取って仕事のやりがいを感じるタイプの人は、調剤薬局やドラッグストアの仕事を探しましょう。

また、血液センターの仕事ではコミュニケーションスキルがつきませんので、病院・調剤薬局など患者さんへの服薬指導がある職場へ転職する際には不利になる面もあるでしょう。

求人数がとても少ない

上記2つのデメリットは、自主学習や慣れでカバー可能です。

実際には大きなデメリットと言うほどではありません。

つまり血液センターの仕事は安定しており実験好きな薬剤師にとってかなり良い条件なんですが、本当に求人数が少ないんです。

血液センターに就職したいと思った瞬間に求人が出ていることは本当にまれで、長い時間をかけてチャンスを見つけるしかありません。

今すぐ転職したいという方には向いていないと言えます。

血液センター勤務の年収はどの程度か

血液センターの母体である日本赤十字社に所属する正社員は、準公務員として公務員と同じ給与をもらうことになります。

公務員である薬剤師の平均初任給は約320万円。

毎年昇給はありますがそれほど高額ではなく、全体での平均年収は500~600万円程度です。

役職がつくともう少し高くなるのですが、MRや研究開発職として働く薬剤師のように高額年収は期待できません。

血液センターで実際に働く薬剤師に対するリサーチによると、初任給はもう少し高く400万円前後のようですが平均年収はやはり500万円程度。

病院や調剤薬局に比べて特別に年収が高いということはないですね。

血液センターへの転職を考える場合は、年収アップではなく仕事内容に着目するのが正解です。

血液センターに転職する方法とは?求人数はかなりレア

病院や調剤薬局ほど激務ではなく安定した収入を得られる血液センター。

かなり良い職場環境ではありますが、実はかなり転職が難しいんです。

血液センターへの転職は研究開発の経験があった方が有利ではありますが、特別なスキルが必要なわけではありません。

つまり全くの未経験でも応募は可能ですが、求人数がとても少ないんです。

実際に今血液センターの求人を調べてみましたが、ネット上のリサーチでは見つかりませんでした。(2018年1月現在)

献血ルームの仕事はかなり大変で離職者が多く求人も多いんですが、血液センターは離職率が低く求人がなかなか出ないのが求人が見つからない理由です。

つまり「血液センターに転職したいから辞める」というのはかなり無謀ですし、「今の職場が辛くて早く辞めたい…」という方は別の仕事を探した方が良いですね。

それでもチャンスがあれば血液センターに就職したいという方は、「血液センターのHPを頻繁にチェック」「薬剤師専門の転職サイトに登録」こちらの2つを行いましょう。

血液センターのホームページはエリアごとにわかれており、それぞれ求人情報が掲載されています。

追加募集があれば随時更新されるので、見逃さないようにチェックしておきます。

特にボーナス後など離職者が出やすい時期には忘れずに見ておきたいですね。

また、ホームページに載らない求人もありますので薬剤師転職サイトへの登録は必須です。

公開求人も自分のチェックでは見逃してしまう可能性がありますが、転職サイトに登録しておけば求人が出た段階で連絡をもらえます。

血液センターの求人は数が少なくエリアによっては激戦となってしまうため、転職コンサルタントに面接のアドバイスをもらうのも良いですね。

本当に出会えるチャンスの少ない求人なので、転職成功のための確率は上げるだけ上げておきましょう!

まとめ

血液センターの仕事は学士・修士卒でも研究室での仕事ができる珍しいものです。

スピード・正確性共に高いものが要求されるため仕事内容に対するプレッシャーはありますが、とてもやりがいのある仕事です。

病院や調剤薬局など医療現場の仕事が向いていないという方は、狙ってみたいですね。
待遇や職場が安定しているのも魅力的です。

ただ血液センターの求人は研究開発職よりも数が少なく珍しいもの。

転職を考えるなら長期的に求人を探す必要があります。

時間をかけつつこまめに求人有無をチェックしたり、薬剤師専門転職サイトを上手く使うなどして、レア求人である血液センターへの転職成功率を上げましょう!

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.