薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

雰囲気重視な薬剤師にオススメ!クリニックでの働き方

更新日:

クリニック窓口

「○○病院」「○○クリニック」「○○診療所」「○○医院」

日本には色々な名前の病院があります。

全部大きく括ればどれも「病院」ではあるんですけど、ではクリニックや診療所ってなんでしょうか?

何となく「規模の小さな病院」というイメージがあると思いますが、具体的に説明するのは難しいですよね。

病院とクリニックや診療所では、仕事の内容や平均年収も全然違ってきます。

ここではクリニックでの働き方について、詳しく触れてみましょう。

病院や調剤薬局からの転職を考える参考にしてみてくださいね。

おすすめ薬剤師転職サイト
薬キャリ 年間2万人以上の薬剤師が利用
エムスリーグループが運営
マイナビ薬剤師 細かな希望について面談しサポート
5年連続利用者満足度1位
ファルマスタッフ 業界最大の求人数を掲載
日本調剤グループが運営

クリニックと病院の違いは「病床数」

クリニック・病院・診療所・医院…色々な呼び名がありますが、実は医療法上は「病院」「診療所」の2つに分類されるのみです。

まずはその2つの違いを見てみましょう。

病院と診療所の違い

病院

  • 病床数20床以上
  • 病床数や診療科目によって、医師・看護師・薬剤師の最低配置数が決まっている

診療所

  • 病床数19床以下
  • 医師が一人いれば他の医療従事者の人数に規定はなし

他にもいくつか決まりはありますが、大きな違いはこれくらいです。

つまり病院と診療所をわける大きなポイントは「病床数」ということに。

診療所は19床以下であればいくつでも良いので、入院施設がない場合もこちらに該当します。

医療機関は屋号

また、医療機関の名前は単なる屋号なので、「病院」「診療所」のどちらを名乗っても構いません。

法律的には「診療所」に該当する医療機関でも、「○○病院」と名前をつけて良いということです。

「クリニック」「医院」などを名乗るのにも特に制限はありません。

名前に「病院」と
ついているだけでは、病床数20床以上だと判断することはできないということですね。

入院患者のケアに携わりたいなど細かい希望がある場合には、病床数や業務内容をシッカリ確認しておきたいところです。

クリニック薬剤師の仕事は、基本的に院内処方の調剤

「クリニック」と名乗るのに決まりはないと言いつつも、「病院」の基準を満たしているのに「クリニック」の屋号をつける施設はほとんどありません。

つまりクリニックと名前がつく医療機関のほとんどは、病床数19床以下か入院施設なしです。

一般的に病院薬剤師の仕事は「入院患者の薬の調剤」「外来患者の薬の調剤」ですが、クリニックでは「外来患者の薬の調剤」がメインです。

最近では多くの病院・クリニックが院外処方せんを発行していますが、まだ院内での調剤を行っている施設もあります。

その場合は院内で調剤を行ったのち、服薬指導も行いますね。

まれに受付などを行う事務さんが患者さんに薬の説明をしてしまう病院もありますが、トラブルや患者さんの健康被害の原因になりますので、そのような施設に就職することは避けたいです。

転職希望のクリニックが院内処方を行っているなら、きちんと薬剤師が服薬指導を行っているかどうか事前にチェックしておきましょう。

クリニックや診療所薬剤師の年収は?病院と比べると?

一般的に病院薬剤師の年収は、調剤やドラッグストアの薬剤師に比べて「初任給など若い時代は安いが、退職まで勤めると高い」というもの。

役職がつくまではあまり給与が上がらず、大変…という話も聞きますね。

それでは病院薬剤師の中で、職場の規模による年収の違いはあるんでしょうか?

区分上の「病院」で働く薬剤師と、「診療所」で働く薬剤師の年収を比較してみましょう。

病院薬剤師の平均年収

  • 国立病院約572万円
  • 公立病院約608万円
  • 公的病院約601万円
  • 社会保険関係法人経営病院約641万円
  • 医療法人経営病院約502万円
  • 上記に当てはまらない病院約517万円

全体平均約558万円

診療所薬剤師の平均年収

  • 個人経営診療所約610万円
  • 医療法人経営診療所約786万円
  • 上記に当てはまらない診療所約566万円

診療所全体平均約689万円

参考中央社会保険医療協議会平成27年実施第20回医療経済実態調査報告

経営母体によって差はありますが、全体の平均年収を比べると診療所薬剤師の圧勝という結果に。

病院に比べて診療所は1人~2人など少ない薬剤師でやりくりをしているので、その分給与が高くなる傾向です。

調剤薬局薬剤師の平均給与は470万円ほどなのでそれに比べると高く感じられますが、調剤薬局の管理薬剤師の平均給与は約770万円です。

病院でも役職がつけば平均年収よりも200~300万円ほど給与が高くなるのが一般的ですが、調剤薬局と違い若い世代では役職につけません。

さらに診療所では元々一人体制のため役職などはなく、給与が平均年収程度で頭打ちとなることが多いのにも注意が必要。

つまり平均年収だけではなく「どの程度昇給するのか?」「昇格はあるのか?」なども考慮して、生涯見込み年収にも注目して転職先を検討しましょう。

クリニックで働くメリット・デメリット

平均年収は職場選びの基準の一つではありますが、環境などその他の要素も総合的に考慮する必要がありますね。

そこでクリニックや診療所を職場として選択するメリットとデメリットをまとめましたので、比較してみましょう。

メリット

「病院」よりも給与水準が高い

前述のように経営母体による差はありますが、全体では病院よりも診療所の方が、100万円以上平均年収が高いという結果に

病院で働きたいけど年収の低さが気になる…という方は、診療所の求人を優先して探すと良いですね。

もちろん長く勤めるつもりなら、最終的にどれくらいの年収まで上がるのかも調べておくことが大切です。

他医療従事者や患者さんとコミュニケーションが取りやすい

病院の規模が大きいほど、薬剤師以外とのコミュニケーションを取りにくくなってしまうもの。

その点クリニックや診療所は全体の規模が小さいので、普通に働いていてもほとんどの職員と話す機会がたくさんあります。

職場の雰囲気重視という方は、クリニックの方がオススメです。

院内処方で服薬指導をしているクリニックなら、患者さんと話す機会もたくさんありますよ。

未経験でも転職しやすい

一般的に調剤薬局やドラッグストアから病院への転職は難しいと言われていますね。

特に規模の大きな病院ほど、未経験の薬剤師は受け入れてくれません。

クリニックや診療所も経験者を優遇する傾向にありますが、未経験可という求人もそれほど珍しくはないんです。

病院未経験から病院勤務を狙うなら、クリニックの方が難易度が低いです。

デメリット

知識が偏りやすい

病院では複数の医師が様々な診察内容・処方を行うため、幅広い知識と経験を得ることができます。
診療科が多い大病院ほど、仕事が大変ですが知識もつきますね。

その点クリニックでは医師の数・診療科目が限られているので、あまり知識の幅が広がらないこと。

クリニック勤務でなるべくたくさんの知識をつけたいなら、ある程度規模が大きく複数の医師が所属している施設を選びましょう。

シフト外の休みが取りにくい

大学病院では薬剤師が50人以上在籍していることもありますが、クリニックでは1~2人くらいが一般的。

入院施設のあるクリニックならもう少し多いこともありますが、完全に1人薬剤師体制というクリニックも珍しくはありません。

そうなるとクリニックが休みの日以外でのお休みが取りにくいというデメリットが。

急病の場合などには系列のクリニックからの応援が入ることもありますが、そう簡単ではありません。

時には高熱で出勤しなくてはならないことも…。

プライベートも充実させたい、たまには有給を取って遊びに行きたい…という方は、薬剤師の配置人数が多いクリニックを選びましょう。

職場が閉鎖する可能性がある

公立病院も赤字経営が多いですが、個人クリニックも必ずしも上手く行っているわけではありません。

コンビニより多いと言われる調剤薬局ほどではありませんが、クリニックや診療所は突然閉鎖する可能性があることを覚えておきましょう。

特に院長が高齢のクリニックで後継ぎがいない場合には、院長の引退と共にクリニックを閉めてしまうことがあるので要注意です。

クリニックに転職するにはどうしたら良い?

クリニックの求人を見つける方法は、いくつかあります。

  • ハローワークで紹介してもらう
  • クリニックのサイトの求人情報を確認する
  • 知人に紹介してもらう
  • 薬剤師専門転職サイトに紹介してもらう

サイトと知人の紹介はチャンスが少ないので、あまり期待しない方が良いですね。

ハローワークには多くの求人が集まるものの、職場の雰囲気や将来的な年収などをシッカリ確かめたいクリニック求人にはあまり向いていません。

ハローワークは求人を紹介してくれるだけで、細かい内情は自分で調べる必要があるからです。

薬剤師転職サイトでは専属のコンサルタントがつきますので、ある程度の情報はコンサルタントがリサーチしてくれます。

特に年収のことなど聞きにくいことは、自分で調べるより担当者にお願いしたいところですよね。

いくつかのクリニック求人の情報をまとめてもらって、比較だけ自分で行うのもオススメ。
働きながら次の転職先を探す場合はあまり時間が取れないので、コンサルタントの調査を利用するのが賢い方法です。

薬剤師専門転職サイトはいくつもありますが、オススメは働きたい地域の近くに支店があるサイト。

遠方でも紹介はしてもらえますが、実際に担当コンサルタントが現場に足を運んで情報を集めてくれる転職サイトの方が信頼できますし、職場見学の際にも付き添ってもらえます。

クリニック求人は突然出てすぐに埋まってしまうこともあるので、希望条件を伝えておいてよい求人が出たら連絡してもらうようにしておくと、時間を無駄にせずに済みますよ。

もちろん時間があればハローワークやクリニックのサイトなどを巡って自分でも情報集めをしてみましょう。

クリニックは狭い空間で働くので、雰囲気も本当に大切。
条件だけに注目して後悔することのないように、多くの職場を比較してジックリ選ぶようにしたいですね。

まとめ

病院に比べて規模の小さいクリニックや診療所・医院などは、患者さんや職場の仲間とたくさんコミュニケーションを取りたい薬剤師にオススメ。

なかなか年収が上がらないという病院勤務の欠点もカバーしてくれますし、入院施設がなければ夜勤もありません。

その分事務さんが服薬指導をするなど違法行為をしていたり、院長が高齢で閉鎖の危機があったりとデメリットもあるので、転職先は十分に吟味して決めましょう。

転職サイトを使っても担当者によっては十分な情報を持っていないこともあるので、いくつかのサイトを掛け持ちして登録すると良いですよ。

薬キャリ

薬キャリ
年間2万人以上の薬剤師が「薬キャリ」を利用して転職活動をしています。 医療従事者のためのサービスを展開する、エムスリーグループが運営する転職支援サイトです。 全国の薬剤師転職支援会社40社から4万件以上の好条件求人を掲載しています。 未経験・ブランク明け・ママ薬剤師などでも探すこともできます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
転職希望者の細かな希望について面談し、サポートすることが強みです。 5年連続利用者満足度1位、医療業界での転職支援経験も豊富です。 利用年齢層は、28~34歳がメインで、調剤薬局勤務からの転職希望者が多く利用しています。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
日本調剤グループが運営する転職支援サイトで、業界最大の求人数を掲載しています。 調剤薬局への転職ノウハウを豊富に有しているのが強みです。 全国に16ヶ所ある営業拠点で転職希望者と医療機関や薬局との最適なマッチングを行っています。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.