薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の業界

高齢化とともに需要が増える在宅医療と薬剤師の関わり方について

投稿日:

重ねあうお年寄りの手

薬剤師、特に調剤薬局勤務の薬剤師は無視して通れないほど医療業界で注目されている在宅医療。

高齢化が進むほど必要とされる領域のため、今後さらに需要が増えると予想されます。

在宅医療に関する調剤報酬の増加と共に、より多くの役割が薬剤師に求められるようになりましたね。

そこで薬剤師の関わる在宅医療について、今まで在宅医療に関わってこなかった方にもわかりやすく要点をまとめてみました。

在宅医療ってなんだろう?薬剤師はどう関わってるのかな?

「在宅医療」とは?高齢化社会で必要とされる理由と薬剤師の必要性

はじめに「在宅医療」とは、「病院など医療機関に出向かずに総合的な医療サービスを受けること」です。

一般的に自宅で医師の診察を受けることを「往診」と呼びますが、それと在宅医療の意味は少し異なります。

どちらも自宅で医療を受けることに変わりはないですが、往診は患者が求めて医師や看護師に自宅に来てもらうこと。
急に具合が悪くなって病院に行けないときなどにお願いする感じですね。

対して在宅医療は定期的に医療従事者に自宅へ来てもらうことです。
一般的な「定期受診」に当たる内容ですね。

健康維持に努めていても年齢を重ねると薬が必要な人が多くなるものですし、さらに年齢を重ねれば病院へ通うのが大変になりますね。

つまり高齢者が増えている今、在宅医療の需要も増え続けているということです。

そして「往診」では薬剤師の出番はあまりないですが、「在宅医療」となると薬剤師が求められるようになるんです。

患者の状態を長期的に管理するということは、薬が適切に服用できているかどうか・服用に対するトラブルはないか・副作用の兆候はないかなど薬剤師的な視点から医療への介入が必要です。

これらのチェックは通常病院を受診していれば当然のように薬剤師によって行われる医療なので、在宅医療であっても同様に提供されるべき医療ということです。

つまり在宅医療の現場では、薬剤師が必要不可欠ということですね。

在宅訪問で行う薬剤師の仕事内容は、基本的に薬局内と同じ

在宅医療と聞くと身構えてしまう薬剤師も多いですが、仕事の内容は基本的に今まで行ってきたものがベースとなっており、特別なことばかりをするわけではありません。

基本となるのは「処方された薬についての指導」「残薬などの管理」「服薬に対するアドバイス」「副作用の確認」などです。
どれも薬剤師にとっては普通に行える仕事ですよね。

そして普段通りの仕事内容を、患者さんの生活している場で行う服薬指導だからこそのステップアップをさせていきます。

例えば寝たきりの患者さんとお話ししながら薬を確認していると、嚥下(えんげ)機能が思ったよりも低下していて薬が飲みこみにくそう…なんて気が付くことがあります。

薬がしっかり飲みこめないと効果が出ないだけではなく、薬が食道に張り付くことによる炎症・誤嚥性肺炎の原因になってしまうことに。

それを防ぐために薬剤師から医師へOD錠への変更を申し出るなどの、アプローチが可能ですね。

これは調剤薬局で家族が薬を受け取っていると、薬剤師は気が付くことができません。
在宅ならではの気付きですね。

他にも体のかゆみを訴えていた患者さんの身体を確認してみると老人性乾燥肌が原因だったことに気が付き保湿剤の処方を提案するなど、在宅の現場では薬剤師の広い知識を活かせる場面がたくさんあります。

処方せんの情報だけではなく、もっと患者さんと触れ合って患者さん全体を見て服薬指導を行いたいと考えている薬剤師には、在宅医療はとてもやりがいのある仕事でしょう。

薬剤師が在宅医療を行うためには、事前に手続きが必要なことに注意

在宅の仕事はやりがいがある上に調剤報酬も高く、薬剤師にとっても薬局運営にとってもメリットが大きいものです。

ただ「では今日から始めよう!」と思っても、すぐにできるわけではないので注意が必要です。

まず薬局で在宅医療を行うためには、いくつかの申請が必要となります。

まずは地方厚生局宛に「在宅患者訪問薬剤管理指導に係わる届出書」を提出。

そして対象患者が介護保険受給者の場合には「介護給付費の請求及び受領に関する届」、生活保護・中国残留邦人の場合には別途指定医療機関の届け出が必要です。

さらに在宅訪問医療を行うためには、医師から訪問の指示が必要です。

つまり薬局だけで在宅医療を進めることはできず、医療機関と相談しながら進める必要があるということ。

サービスが必要な患者やその家族に了解を得て、医師からも在宅医療の指示をもらったら、今度は「薬学的管理指導計画書」の作成です。

他にも患者への説明書・同意書・医師やケアマネージャーへの報告書・記録簿など用意しなくてはならない書類がたくさんあります。

準備不足で在宅医療をはじめようとすると申請不足で違反・調剤報酬がもらえないなどトラブルだけではなく、患者さんにも迷惑がかかってしまうことに。

在宅医療をこれから導入するのなら、かなり長期的に計画を進める必要があるということです。

在宅医療を行うために必要な資格はなし、ただし知識やスキルは必要。在宅療養支援認定薬剤師の取得がオススメ

前述の通り、薬剤師の在宅医療での仕事は何か特別なことをするわけではありません。

実際に在宅医療をはじめるときには様々な申請が必要ですが、資格がいるわけではないということです。

つまり在宅医療に関わる薬剤師が全くの未経験でも、在宅医療が可能。

ただし在宅での仕事をこなすための、それなりの知識は必要ですよね。

患者さんの飲んでいる薬全体を把握して副作用の兆候がないか確認が必要なため、門前病院の薬だけがわかっているだけでは対処できません。

もちろん参考書などを持ちこんでもOKですが、幅広い薬や疾患の知識がないと対応が難しいと感じる場面があるでしょう。

また、在宅医療の現場では基本的に薬剤師1人で活動します。

普段はどうしても困ったことがあれば同僚の薬剤師に助けをもとめられますが、在宅の現場では自分だけで解決する必要があります。

知らないこと、わからないことを適当に答えるわけには行かないので後日回答するという手段も取れますが、基本的に一人で一通りの対応をできるようにしておきたいですね。

慣れも必要なので、最初は在宅に慣れた薬剤師と一緒に行動して教えてもらいながら学ぶのがベスト。

これから在宅に関われる職場を探すなら、一人前になるまでシッカリ指導してくれる薬局を選びたいですね。
人数がギリギリで「とりあえず届けてくればいいから!」なんて薬局はナシですよ。

また、在宅医療についての知識をつけるなら「在宅療養支援認定薬剤師」の取得もオススメです。

在宅療養支援認定薬剤師とは日本在宅薬学会が認定している資格です。

認定を受けていると在宅療養支援に必要な知識を持っている薬剤師であるアピールになるのはもちろん、認定の過程で在宅支援を行うにあたって必要な知識やマナーなどを身に着けることができます。

在宅医療に必要な知識は自己学習では身に着けにくい内容であり、実践的な内容を教えてもらえる講習会に出るのがオススメ。

日本在宅薬学会主催のセミナーは人気があり、すぐに満席になってしまうことも。
学会に所属していなくても参加可能なので、認定を目的としなくても気になる講習会だけ参加してもOKですよ。

セミナーの開催状況は日本在宅薬学会のウェブサイトで確認してみてください。

まとめ

在宅医療はこれから増えると予想される超高齢者(90歳以上)に適切な医療を提供するために、欠かせない医療の形となっていきます。

超高齢者ではなくても、病院やホスピスではなく自宅で最期を迎えたいという患者さんも多く、薬剤師の在宅への介入は必要不可欠です。

今はまだ在宅医療未経験の薬剤師も多いですが、これから先調剤薬局での必須スキルとして求められる可能性もあります。

いざというときに困る前に、そして在宅医療の中で即戦力となれるように、今から準備を進めておいたり在宅医療を始めている薬局に転職するなど検討してみましょう。

-薬剤師の業界

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.