薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の業界

薬剤師が医薬品製造に関わる全体を見る品質管理として働くには?

投稿日:

シートをチェックする黒子

企業で薬剤師が働く道としてMRや研究・開発など様々な職種がありますが、その中でも品質管理の仕事は未経験でも転職しやすい部類に入ります。

品質管理の仕事は特別なスキルや経験が必要ということはなく、薬剤師の知識があれば後は現場で働きながら学ぶことで問題なく仕事ができるからです。

病院・薬局などでの仕事に疲れた、暦通りの休みが欲しい…など考えている人にとっては、企業の仕事は働きやすいと感じる可能性がありますよ。

未経験でも企業に転職できる「品質管理」の仕事について詳しくみてみましょう!

品質管理の仕事は品質保持のための見張り番

品質管理の仕事内容は読んで字のごとく「製品の品質を管理すること」です。

医薬品以外にも食品や化粧品の企業・工場で品質管理職がおかれます。

医薬品が製品として作られるまでには、まず原料を入荷するところからはじまります。

品質管理職はその原料の品質が基準に適合しているか・異物の混入はないかなどの「原料試験」を行います。

原料に問題がなければ製造が始まりますので、次は「工程分析」です。
ポイントごとに適切な濃度・反応が出るかなどをチェックします。

無菌製剤であれば「無菌状態が維持されているか」を複数回チェックすることで、確実な無菌状態を確保する必要がありますね。

無事に製品が完成したら最終的な「製品試験」を行い、適合すれば出荷となります。

各検査で異常が出た場合には都度その要因を分析し、結果を報告したり改善提案を行う必要があります。

品質管理の仕事は製品が作られる前から無事に製品化するまでを見張る、品質の番人のような仕事ですね。

似ているけど「品質保証」とは違う仕事

「品質管理」とよく似た仕事の名前で「品質保証」というものがあります。

名前はよく似ていますが、全く別の仕事です。

品質管理の仕事が実際に医薬品の管理を行うのに対して、品質保証の仕事は実験や分析は行いません。

品質保証の仕事内容は簡単に言うと「品質を保つための環境を整える」こと。

例えば品質を保つために必要な機材・原料を選定するなどハード面を整えたり、一定の品質を維持するための作業工程を考えるなどソフト面を考えます。

トラブルが起きた場合にも品質保証部門が対処・対策を行うため、医薬品製造に関わる全体を見る能力が必要です。

製造された商品が薬事法の基準に適合しているかを品質管理職が確認し、それに対する書類を作成するのも品質保証職の仕事です。

薬剤師の知識は品質管理の現場で大活躍、コツコツ派の薬剤師にピッタリな仕事!

品質管理の仕事では、当然化学・薬学の知識が必要不可欠です。

加えて統計学や分析学の知識も必要となりますが、大学でそれらの知識を重ねてきている薬剤師にとっては既知の内容が多くとっつきやすいですね。

そのため薬剤師の免許があれば未経験でもOK!という求人が多く、実際に未経験で就職しても「経験がなくて困った…」となることはありません。

MRや研究開発の仕事が未経験だと慣れるまでかなり大変なのに比べると、品質管理の仕事は薬剤師であれば大学で培った知識や実験の経験でこなしていくことができるため、ストレスなく続けられますね。

「大学時代に実験が好きだった」「コツコツ仕事をこなして行くのが好き」という薬剤師に向いている仕事と言えます。
特に「分析学の研究室に所属していた」なんて方は、即戦力になれる可能性が高いですよ。

逆に「人と話すのが好き」「医療の現場で働きたい」という方には向いていません…。

医療現場から企業への転職を考えるなら、向き合う相手が人から化学物質になることに注意が必要ですね。

薬剤師が品質管理業務で働くことのメリット・デメリットとは?

病院や薬局などで働く一般的な薬剤師とは、少し違った形の仕事をする品質管理職。

薬剤師が品質管理の仕事をするメリットとデメリットをみてみましょう。

メリット

土日祝が休みで残業も少ない

病院などで働く薬剤師の不満として「土日祝が休めない」というのがよく挙げられます。

調剤薬局では日祝が休みのこともありますが、面調剤メインの薬局であれば門前病院がないので年中無休なんて薬局もありますし、夜遅くまで開けている薬局も増えています。

病院やドラッグストアはシフト制なので休みは一定ではない上に、夜遅い時間の勤務もありますね。

その点企業で働く品質管理職は、土日祝がキッカリ休みとなるのが一般的です。
残業も少なく、正社員であっても家庭と両立しやすい女性にやさしい職場と言えます。

福利厚生が充実している

製薬会社など大手企業では福利厚生に力を入れていることが多く、大抵の病院や薬局よりも福利厚生が充実しています。

薬剤師ではあまりつかない住宅手当や暖房手当などがつく企業もありますし、社員用の保養所や施設の割引制度がある会社も多いですね。

女性に対する産後休暇・育児休暇なども取りやすく設定されていることが一般的で、育休狩猟後も短時間勤務で働きやすく復職しやすい環境です。

化学の知識が活かせる

せっかく大学で学んだ化学の知識、無駄になっているな~と思いませんか?

大学で得た知識や経験をもれなく活かすなら研究職が理想ですが、研究・開発の門は狭くなかなか就職は難しいものです。

品質管理の仕事は研究職ほどの学歴を必要とせず、未経験でもOKという求人も見かけます。
実験が好きだったけど研究職は難しかったという方は、品質管理の仕事で自身の経験や知識を活かす方法があります。

デメリット

企業勤務だけど年収は高くない

MRや研究職など「企業勤務は高収入」というイメージがありますが、品質管理職の年収はそれほど高くはありません。

品質管理職全体の平均年収は400~500万円ほどで、一般薬剤師とほとんど変わらないですね。
役職がつけばもう少し上がりますし、外資企業であれば+100万円ほどになりますが、1000万円を超える収入などにはなかなかなれません。

企業勤務だから高収入と思っていると、期待が外れてしまうかもしれません。

薬剤師としての経験・知識はつかない

品質管理の仕事をしていたからと言って、現場の薬剤師に復帰できないなんてことはありません。

企業での仕事でも薬学の知識は必要ですし、一度覚えたことを全て忘れてしまうなんてことはないからです。

ただ、今は薬剤師の専門資格が注目されている時代です。
もちろん今後は今まで以上に専門資格を持っている薬剤師が優遇されるでしょう。

そうなったときに企業勤務のままでは専門資格を取ることができず、知識面でも長く現場で仕事を続けた薬剤師に追いつくのはなかなか大変です。

求人数が少ない

品質管理はプライベートを充実させたい薬剤師や、実験や化学が好きな薬剤師にとって働きやすい仕事です。

もちろんその分人気が高く、いつでも転職できるわけではありません。

求人数自体も一般薬剤師と比べて圧倒的に少ないので、転職しようと思ってもなかなかできないのが現状です。

自力で企業のホームページをみたりハローワークに通うだけでは見つからない可能性が高いので、求人が出たら連絡をもらえるように転職サイトに登録しておくと便利ですよ。

品質管理職が働く現場は製薬会社だけではない

多くの品質管理職求人は医薬品メーカー勤務のものです。
薬剤師が品質管理の仕事をするなら真っ先に思いつく職場であり、医薬品という慣れ親しんだものが相手になるので働きやすいでしょう。

医薬品メーカー以外にも、薬剤師が品質管理職として活躍できる場がありますのでいくつかご紹介します。

製薬会社

医薬品メーカーも製薬会社と呼ぶことがありますが、ここでいう製薬会社とは「医薬品の製造をする会社」のことで、医薬品を実際に病院や薬局に向けて販売することはしません。
販売先は医薬品メーカーです。

ただ扱っているものは医薬品のため品質管理職の仕事内容としては、医薬品メーカー勤務とそれほど大きく変わりないですね。

専門的でやりがいのある製薬会社での薬剤師の働き方

医薬品の業界は他業界と比較しても、景気の影響を受けにくい安定した業界です。 厚生労働省の発表によると、製薬会社の数は、内資系・外資系企業合わせて329社に及び、大規模な市場となっています。 薬剤師の資 ...

続きを見る

化粧品メーカー

女性に人気なのが、化粧品企業での品質管理職です。

化粧品は肌に直接触れるものなので、医薬品同様に品質を管理する必要があります。

化粧品といっても中身は化学物質がほとんどなので、薬剤師が化粧品メーカーの品質管理職に就くことは特に珍しくありません。

実は化粧品メーカーで薬剤師の資格が活かせる!?仕事内容など

化粧品って女性をワクワクさせてくれますよね。 百貨店などで働くキレイな美容部員さんに憧れた経験がある女性は、少なくないと思います。 そんな化粧品の世界に、薬剤師が資格を活かして入っていける可能性がある ...

続きを見る

食品メーカー

食品を扱う企業においても、品質管理職・品質保証職は必要な職業です。

普通の食品の原料品質チェックからはじまり、健康食品の品質保持など仕事は様々です。

薬剤師資格が必須ではありませんが、薬学部卒であれば管理職候補として採用してもらえることがあります。

どの企業に勤めても「品質管理」としての仕事内容は、それほど大きく変わるわけではありません。
医薬品メーカーだから難しいとか、化粧品メーカーだから簡単ということはないので、職場の雰囲気や待遇などを比較検討して決めたいですね。

同時にいくつかの求人が出ていて決められないというときには、実際の職場に見学に行ってみるのもオススメです。
「品質管理」の仕事へのイメージがまとまりやすくなりますよ。

まとめ

品質管理の仕事は化学物質・医薬品に慣れ親しんだ薬剤師にとって、未経験でも始めやすい仕事です。

コツコツと仕事を積み重ねていくことや実験が好きな方には、とても向いている仕事と言えます。

大学時代にそれほど熱心に実験をしていなかったとしても、特別なスキルや経験が必要な仕事ではないので問題はありません。

薬局や病院での仕事がツライと感じる方、企業で暦通りの休みがもらえる生活をしたいと考える方は、品質管理職の仕事を検討してみてはいかがでしょうか?

-薬剤師の業界

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.