薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

ドラッグストア薬剤師の仕事内容、年収や他の職場との違い

更新日:

drugstore

調剤薬局や病院、研究職など医療に深く携わる仕事の他に、薬剤師にはドラッグストアで働くという選択肢もあります。
処方薬を扱う薬局やさまざまな業務を行う病院とは違い、ドラッグストアではOTC医薬品やサプリメントなどに携わることになります。

OTC(Over The Counter)医薬品とは、一般医薬品とも呼ばれ、ドラッグストアや薬局などで販売される薬です。
医者が一人ひとりに合わせて処方する薬と違い、自己判断で安全に服用することができるよう副作用を極力抑えた上で、症状の緩和できる薬となっています。

病院や調剤薬局などと取り扱う薬の種類が違うこと以外にも、ドラッグストアではお客さんとの接し方や働き方など、他の職種と異なる点が多数あります。

もし就職や転職を考えている方がいた場合、他の職種と比べお店での接客がメインになることに戸惑いを覚えるかもしれません。

そこでドラッグストアの仕事がどんなものであるかや、収入・待遇などを薬局や病院と比較しながらご紹介します。

ドラッグストアの仕事内容

ドラッグストアでの薬剤師の仕事と聞くと、OTC販売がメインと考える方が多いかもしれませんね。
確かにOTCの説明はドラッグストア薬剤師の大切な仕事の1つであり、特に第一類医薬品は薬剤師にしか販売できません。

でもドラッグストアでの仕事は本当に様々なものがあるんです。
OTCだけでもお客様への説明の他に品出し・発注・レジ打ちをしなくてはなりません。

ドラッグストアに置いてあるのは医薬品だけではないので、ティッシュペーパーなどの日用品や食品・化粧品などの品出しやお客様の案内もしなくてはならないので、店舗内全ての商品の場所を覚える必要があるんです。

化粧品にはビューティー専門社員がいますが、健康食品は薬剤師や登録販売者の担当です。
OTCだけ詳しくても仕事が成り立ちませんね。

もちろん開店前、閉店後のレジ内の処理や店舗清掃、商品整理なども仕事に含まれます。

仕事の種類や覚える内容の多様性は、薬局や病院の比ではないと感じるかもしれません。

ただ大抵のドラッグストアはスタッフが多いので、一人前になるまでは周りの薬剤師・薬剤師以外の一般スタッフが助けてくれます。
周りの助けを借りながら少しずつ仕事を覚えれば、仕事をこなすことができるようになれます。

ドラッグストアの待遇や働き方

ドラッグストアの年収

薬学生が選ぶ卒業後の就職先は薬局はと病院が約7割を占めます。
次いでドラッグストアが1割程度、MR、研究職と続きます。

メジャーな就職先と言える薬局・病院・ドラッグストアの中では、ドラッグストアが一番年収が高いと言えるんです。
平均年収は500万円~700万円となっており、同年代の病院勤務の薬剤師と比べた場合に150万円以上差がつくこともあります。

他の職場よりも平均年収幅が大きいのは、ポジション給による変動が大きいからです。
調剤薬局の薬局長手当、管理薬剤師手当よりもドラッグストアの店長手当の方が多いケースが珍しくありません。
店長になると基本給などのベースアップが見込めることもありますね。

もちろんその分仕事量は増えますし、店舗の売上実績に対しての責任も持つことになりますので、プレッシャーも大きくなります。
さらに高収入を望むなら、エリアマネージャーなど店長より上のポジションを狙うことも可能です。

ドラッグストアの福利厚生

現在ドラッグストアとして営業し、薬剤師を募集しているような企業は、ほとんどが大規模のチェーン店です。
中には東証一部に上場している企業もあり、企業の規模が大きいほど福利厚生は充実している傾向にあるので、薬局や病院よりも福利厚生が良いのが一般的です。

例えば借り上げ社宅の用意、提携企業の保険を安く契約できる、財形貯蓄を利用できるなどがあります。

また、多くのドラッグストアでOTCや自社製品の社員割引があるので、特に主婦薬剤師には助かりますね。
日用品も割引になる企業もあるので、給与だけでなく福利厚生にも注目して求人を比較してみましょう。

ドラッグストアでの働き方

結婚や子育てのために仕事のペースを落としたいと考える薬剤師にとって、ドラッグストアは働きやすい環境です。

営業時間が長く、ピークと言える時間が少ないので、希望する時間に短時間で働くことができるからです。

パートやアルバイトだと時給1800円~2000円程度、派遣であれば時間2200円~2400円程度が一般的ですが、過疎地域など薬剤師が少ない地域では時給3000円など高収入求人が見られることもあります。

ママ薬剤師が子供が幼稚園に行っている数時間だけ働くことができ、家庭と仕事を両立しやすい仕事環境だと言えます。
薬局や病院ほどの専門知識を必要としないので、出産や子育てでブランクがあっても復帰しやすいのも女性薬剤師に優しい仕事ですね。

ドラッグストアで働くメリット・デメリット

ドラッグストアで働くメリット

調剤薬局や病院で働く薬剤師は、医師の指示がないと薬を調剤できません。
仮にもっと他に患者さんに合った薬があると思っても、医師の判断を仰がなければ勝手なことはできないですね。

その点ドラッグストアでは薬剤師の判断でお客様に合う薬をオススメすることができます。
症状や悩みを聞いて適切な薬を探しだすためには経験や知識が必要ですが、とてもやりがいがあります。

薬局や病院で働いているとなかなかOTCに触れあう機会がないので、OTCや健康食品の知識を付けておくと転職したときに周りの薬剤師に重宝されます。

ドラッグストアは駅の中や街中から住宅街まで様々なところにあるので、近所で働きたいパート薬剤師に良いですね。
短時間から働けるのでパートやアルバイトなどプライベートを重視した働き方も可能です。

ドラッグストアで働くデメリット

処方薬に触れる機会がないので、知識に片寄りが出てしまいます。
疾患に対する知識も積極的に勉強しないとつけることができません。

正社員で高収入を目指そうとすると転勤があり、残業が多いなど仕事が大変になりがちです。
土日は休めないことも多いので家族と休みが合わないことも多いようですね。

食料品や日用品の取扱いが充実している店舗では水やトイレットペーパーなど重たいものを運ぶことになるため、薬局や病院よりも体力が必要です。

どんな人がドラッグストアで働くのに向いているか?

ドラッグストアで求められるスキルとは?

ドラッグストアの仕事の基本は接客です。
ドラッグストアの店員の中でも特に薬剤師は詳しく商品説明をする必要があるので、接客スキルは大切です。

ただ特別な接客スキルが必要というわけではなく、仕事をしながら慣れれば問題ありません。
お客様がどんな薬を求めているのか聞き出す技術は、先輩薬剤師の接客から学ぶと良いですね。

OTCや健康食品の知識はあるにこしたことはないですが、こちらも働きながら学ぶので十分です。
お客様が少ない時間帯にお店にある薬の説明を読んだり、休憩時間に参考書読むなど少しずつ知識と経験を重ねていきましょう。

調剤薬局や病院から転職すると、どう感じる?

調剤薬局から転職すると、一番気になるのはシフト制の出勤ではないでしょうか。
薬局は基本的に日祝が休みで連休も取りやすいですが、ドラッグストアでは暦通りに休みが取れません。

仕事内容は服薬指導で接客に慣れている薬剤師にとっては、それほど大変ではないでしょう。
接客よりも商品の運搬など肉体的な辛さを感じるかもしれません。

病院はドラッグストアと同じくシフト制のことが多いので、出勤形態はあまり気にならないと思います。
その分病院薬剤師は薬局薬剤師ほど服薬指導に慣れていないので、接客が大変だと感じるかもしれません。

OTCや健康食品に触れる機会もほとんどなかったので、覚えることが多く最初は大変だと思います。

調剤薬局・病院からドラッグストアへの転職はそれなりに大変なこともありますが、多くの場合年収がアップします。

処方せんに縛られることもなく自由に薬をすすめることができるのは、とても楽しいと感じる薬剤師が多いですよ。

店舗の売上のためにあれこれと試行錯誤するのも、自由度が高く自分で考えながら仕事をするのは新鮮に感じられるはずです。

決められた仕事をただこなす毎日に飽きている薬剤師は、ドラッグストアへの転職を検討してみても良いかもしれませんね。

まとめ

ドラッグストアでの仕事は調剤薬局・病院での仕事と大きく異なります。
医師に指示をされることなく自分で適切な薬を考えることは大変ですが、自分のオススメした薬でお客様の体調が良くなるのはとても嬉しいものです。

専門的な知識が必要なわけではなく、短時間からでも働けるので女性に優しい職場です。
ブランクがあって復帰をためらっているなら、未経験だとしてもドラッグストアで働くことを検討してみても良いのではないでしょうか。

調剤薬局や病院での収入に不満がある場合にも、ドラッグストアへの転職は検討する価値がありますよ。
ドラッグストアでの仕事内容に不安を感じるなら、まずはドラッグストアと調剤薬局の併設店で働いてみる方法もありますね。

自分に合ったドラッグストアがわからないという場合には、薬剤師専門の転職サイトに相談してみるのも一つの方法です。

M3グループが運営。薬剤師10万人以上が登録済み。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人を全国4万件以上掲載。
薬キャリサイトイメージ

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.