薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

実は化粧品メーカーで薬剤師の資格が活かせる!?仕事内容など

更新日:

化粧品アイテム

化粧品って女性をワクワクさせてくれますよね。
百貨店などで働くキレイな美容部員さんに憧れた経験がある女性は、少なくないと思います。

そんな化粧品の世界に、薬剤師が資格を活かして入っていける可能性があるって知っていますか?

肌トラブルが基礎化粧品の選択一つで改善したりコンプレックスをコスメで解消できるのは、薬によって健康を維持することと少し似ていますよね。

医薬品だけではなく化粧品にも興味を持っているという方は、ぜひ化粧品メーカーでの仕事について知ってみてください!

化粧品メーカーでの仕事は主に新しい化粧品の開発や研究!薬事法に基づく品質管理も薬剤師の役目

薬剤師が化粧品メーカーに勤務するなら、「開発部門」か「薬事法関連部門」のどちらかに所属するのが一般的です。

ちなみにその他には、百貨店やドラッグストアなどをまわり自社製品を置いてもらったり実際に販売促進を行う「販売部門」、インターネットやメディアと通して製品を宣伝する「宣伝部門」人事や経理、品質管理など事務を行う「管理部門」などがあります。

薬剤師が所属する薬事法関連部門は「管理部門」の一部として扱われることがありますし、消費者からの問い合わせに薬剤師が応対する場合には、それも管理業務の一つです。

それでは「開発部門」と「薬事法関連部門」の仕事内容について詳しく見てみましょう。

開発部門は製薬会社の「研究職」を想像する場合とほとんど変わらず、新しい化粧品成分の研究開発、既存成分からの新しい化粧品開発が仕事です。

新しい化粧品が開発されたら、医薬品の新薬同様に臨床試験を行います。
動物による実験有無は化粧品メーカーによって異なりますが、現状多くの企業で実施されていますが、医薬品以外での動物実験は動物虐待に当たると考える企業もあります。

有名なところだと女性に人気のLUSHやTHE BODY SHOPは化粧品開発における動物実験に反対していますね。

動物実験以外にも様々な方法で化粧品の試験を行い、その安全性や実用性が立証されれば晴れて製品化です。

化粧品の研究開発や医薬品の研究同様に、薬理や化学の知識が必要となるため薬剤師の知識を活かすことができる現場です。

薬事法関連部門では、自社製品が薬事法の基準に沿って製造されているかの品質管理や、新しい商品の薬事申請などを行います。

特にメインとなるのは品質管理の仕事であり、原料や製造過程の全てにおいて薬事法が守られていることを見張る役割です。
「品質管理・管理薬剤師」として求人が出てくることもありますね。

もちろん薬剤師でも販売部門や新商品開発のプロジェクトチームなどに入ることもあり、化粧品会社での勤務を考えるならまずはどんな働き方をしたいのかを考えてみるのが大切です。

開発部門は狭き門、薬事管理なら薬剤師有利

化粧品メーカーで開発を行う人のことを「化粧品開発技術者」といいますが、化粧品開発技術者になるために必要な資格というものはありません。

ただ当然化学の知識は求められるので、理系学部出身者が優先して採用されます。

薬剤師は化学の知識が高いイメージもありますが、実は理学部や農学部・工学部などでも化学の知識をつけることが可能なので薬剤師資格が化粧品開発職に就くのに有利とも言い切れません。

そもそも化粧品メーカーでの開発職は求人数が少ない割に理系女子に人気の職業のため、かなり門が狭い状況です。

「薬剤師だから大丈夫」という考えでは全く通用せず、採用がもらえないなんてこともあり得ます。
しっかりと職務経歴書作成・面接対策を行う必要がありますね。

それに対して薬事管理を行う部門への就職を狙うのであれば、薬剤師資格が有利に働きます。

例えば化粧品を作るためには「化粧品総括製造販売責任者」という資格を持っている人を配置する必要があるのですが、薬剤師であればこの資格を届出のみで取得可能です。

もちろん薬剤師であれば薬事に関する知識もあるため、即戦力として現場の薬事管理を任せることができますね。

薬剤師の求人サイトなどで見かける化粧品会社の求人内容は、薬事関連の仕事を任される「化粧品会社の管理薬剤師」が大部分を占めています。

薬剤師の資格を活かして化粧品会社で働きたいなら、管理薬剤師を目指すのが近道と言えます。

研究職は理系の憧れではありますが、かなり就職が難しいと覚えておきましょう。
特に未経験からの転職は、本当に門が狭くなります。

化粧品メーカー勤務の年収は比較的高め!薬剤師からの転職で感じるメリット・デメリットとは?

一般的な薬剤師の年収が350万円~550万円であるのに対し、化粧品会社勤務の薬剤師の年収は350万円~700万円と幅が大きくなります。

そのため平均年収で考えると、化粧品会社勤務の方が高くなりますね。

中でも開発職は年収が高く、700万円を超えるケースが多くなってきます。
薬事関連など管理薬剤師はそこまで高くないですが、ポジションがつけばどんどん年収が上がって行きます。

つまり開発職の年収は薬剤師よりも圧倒的に高く、薬事管理の仕事であれば薬剤師と変わらない~それ以上ということです。

薬局や病院などで働く一般薬剤師は役職がついてもそれほど年収が上がらないですが、企業勤めだとポジションと共に年収もグッと上がるのが嬉しいですね。

頑張り次第で高い年収を狙えるのは、薬剤師から化粧品メーカーへ転職するメリットの1つと言えます。

それではその他の化粧品メーカーへ転職するメリットと、逆にデメリットはどんなものなのか見てみましょう。

メリット

化学の知識を活かすことができる

薬剤師として働いていると薬理の知識ばかり使い、せっかく学んだ化学の知識はお蔵入りになってしまいます。

化粧品会社での勤務は薬の知識よりも化学の知識が優先されるため、実験好きの薬剤師にとって楽しさを感じられる仕事です。

福利厚生が充実している

薬剤師を採用して管理を行う、また新商品の開発を行うような企業は規模の大きな化粧品会社です。
一般的に企業の規模に応じて、福利厚生の充実度も高くなります。

また化粧品会社では女性社員の割合が高いため、結婚や子育てを経ても復帰しやすい職場環境や福利厚生がシッカリ整えられています。

デメリット

薬剤師の経験はあまり役に立たない

臨床現場で培った経験は、一般的にあまり役に立ちません。

決して全てがムダということはありませんが、新たに覚えることが山ほどあるのでしばらくは仕事が大変だと感じることも多いでしょう。
新卒のような気持ちで多くのことを吸収して行く必要があります。

求人数が少ない

せっかく働きたいと思っても、化粧品メーカーの求人はあまり多くありません。
開発職よりは管理薬剤師の募集の方が多いですが、それでも薬局や病院の求人に比べれば本当にわずかです。

その上競争率が高い仕事のため、転職する意欲はあるのにそれが叶えられない可能性は十分にあります。

薬剤師から化粧品メーカーへの転職を考える場合には、メリットとデメリットをよく考えて検討したいですね。

化粧品メーカーの開発職と製薬メーカーと研究職。その違いとは?

2つの開発・研究職はどちらも新規成分や製品を作り出すという面では同じですが、いくつかの違いがあります。

まず、製薬メーカーの方が高い学力・経験が求められます。
化粧品メーカー勤務では修士卒が多いのに対し、製薬メーカー研究者の多くが博士卒です。

高い学力と大学での研究の実績・経験がなければ新薬開発は務まらないということですね。

化粧品開発も学力・経験があるに越したことはないですが、博士だと学歴過剰と考えられて採用されないこともあります。(最終学歴と共に年収ベースも上がってしまうため)

逆に言えば博士卒ではない薬剤師が研究・開発職を目指すのであれば化粧品メーカーの方が入りやすいということですね。

製薬メーカーでも経験があれば博士卒でなくても採用されることがあるので、化粧品メーカーの開発で経験を積んでから製薬メーカーへの転職を目指すという方法もあります。

高い最終学歴が必要な分、製薬メーカーの方が平均年収は上です。
製薬メーカー勤務にも学術・MRなど色々な職種がありますが、研究職だけの平均年収は1000万円近くです。

新薬が販売に結び付くなど実績を重ねることで、さらに上も目指すことができます。

また、製薬メーカーの研究職は新薬研究のみを仕事とすることが多いですが、化粧品メーカーの開発職は新規成分の研究から商品化のプロジェクトまで携わる業務が多いケースがあるのも特徴です。

自分が携わった化粧品が世の中に出るのは、新薬の製品化と同じように大きなやりがいを感じられますね。

スキルがなくても就職は可能!大切なのは「諦めない心」と「化粧品を好きな気持ち」

化粧品メーカーで働くために、特別必要なスキルというのはありません。

当然開発職であれば「研究の経験」「英語スキル」など、薬事関連であれば「管理薬剤師の経験」などがあればなお良いですが、なくても採用されないということはないので大丈夫です。

スキルの有無に関わらず未経験からの転職はなかなか門が狭いので、やる気をシッカリと面接でアピールしていきたいですね。

化粧品企業での仕事が向いている薬剤師は「コツコツ仕事を続けられる人」や「メンタルが強く失敗しても諦めない人」などです。

一般的な薬剤師の仕事と違い、化粧品が製品化するまで長い時間をかけて一つの仕事に取り組む必要があります。
その間には失敗してダメになること、思うように開発が進まないこともありますが、めげずにコツコツと研究を進めて行かなければなりません。

企業での管理薬剤師の仕事も「コツコツ系」です。
細かな作業も多く、人と話すことが好きで薬局やドラッグストアの薬剤師をしているという人にとっては、あまり向いていない仕事とも言えます。

開発、管理のどちらにしても「化粧品が好き」という気持ちがなければ続きません。
就職までも長い道のりとなることがあるため、「化粧品が好きだからどうしても化粧品に携わる仕事がしたい!」という強い気持ちが必要となるでしょう。

逆に言えば強い気持ちを持って化粧品メーカーでの仕事に就くことができれば、大変なことがあっても楽しく仕事を続けられますよ。

まとめ

薬剤師の働く場所は医療現場や製薬関連企業だけではなく、化粧品メーカーという選択肢もあります。
最近では製薬会社プロデュースの化粧品もありますね。

一般薬剤師よりはかなり狭き門ではありますが、年収が高くやりがいのある仕事です。
女性に対する福利厚生も厚いので、一生の仕事にできるのが嬉しいですね。

管理薬剤師であれば開発職よりも就職難易度が下がりますが、こちらも求人数は多くありません。
化粧品会社への転職を考えるのであれば、転職サイトに登録して求人が出たら連絡をもらえるようにしておくとわずかなチャンスを逃さずにすみますよ。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.