薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

薬剤師の知識が活用できるCRA(臨床開発モニター)の仕事内容とは?

更新日:

本棚

治験に関わる仕事と聞くと、多くの薬剤師は治験コーディネーター(CRC)を思い浮かべると思います。
でもちょっと違う角度から新薬開発に関われる「CRA」という仕事もあるんですよ。

ここでは医療の現場を離れながらも薬剤師の仕事を生かして働ける「CRA」について、その仕事内容や待遇・求められるスキルなどについてご紹介します。

今成長中の業界CROで働くCRAは、上昇志向の強い薬剤師に向いている仕事です。

毎日決まった仕事内容ばかりでつまらないと感じているなら、CRAについてチェックしてみてください!

CRA(臨床開発モニター)とは、治験が正しく行われるための監視役!新薬開発に欠かせない仕事

CRAはCRO(受託臨床試験機関)に所属する職種の1つです。
「製薬会社に所属するMRという職業」と同じイメージですね。

CRA(Clinical Research Associate)は臨床開発モニターとも言い、その名前の通り臨床開発(治験)をモニタリングする役目を持っています。
モニタリング以外にも、治験に関わる様々な業務があります。

以下にCRAの仕事内容を抜粋して、治験の段階別にご紹介します。

治験の準備段階

臨床試験を行うに当たって、適切な医療機関を調査します。
治験担当医師がプロトコル(治験実施計画書)通りに治験を進められるかも、同様に調べる必要があります。

治験実施医療機関・担当医師決定後には、プロトコルに基づきモニタリングスケジュールの説明や、それに対する契約を行います。

治験に関わる看護師や検査技師に対する説明、治験に必要な機材や記録書の用意などもCRAの仕事です。

治験実施中

CRAの仕事の中で最も大切なのが治験期間中のものであり、「モニタリング」と呼ばれる治験の監視が業務内容です。

CRAがモニタリングを行うのは、「GCPの遵守」「治験実施計画書(プロトコル)の遵守」この2つが守られていることを確認するためです。

GCP(Good Clinical Practice)とは治験を実施する際に守るべきルールを定めたもので、主に「被験者の人権と安全の保持」「治験の科学的な質と成績の信頼性確保」を確保するための省令です。

具体的には医療機関や医師が治験を行うのに適しているかを治験中にも引き続き確認したり、治験結果が正しくデータとして残されているかどうかなどをチェックする、そしてモニタリングの結果を資料としてまとめるなど。

治験中に有害事象(副作用)が報告された場合には、直接医療機関に赴いて状況を確認し、場合によっては治験薬との因果関係を治験審査委員会へ報告する必要が出てきます。

治験期間中のCRAは、結構忙しく残業も多くなりがちです。

治験終了後

CRAが治験終了後に行うのは、簡単に言えば「治験の事後処理」です。

治験実施施設・医師に残された資料や治験結果・データがないか確認し、症例報告書(CRF)や患者日誌などをもれなく回収します。
残った治験薬の回収も必要です。

また回収した症例報告書や必要書類の内容を確認し、不備がないかチェックを行います。
問題がなければ医療機関での治験業務は終了です。

治験が始まる前から完全に終了するまで、全ての段階にCRAは深く関わりがあります。

最初は1つの治験だけを担当するのが一般的ですが、慣れたCRAであれば2~3つの治験を掛け持ちして担当することもあります。
当然その分仕事量が増え残業も多くなるので、自分がどの程度働きたいかは転職前によく考えておく必要がありますよ。

CRAの年収は薬剤師よりも高め!やる気と実力次第で1000万超えも

CRAの平均年収は600万円から700万円と、病院・調剤薬局・ドラッグストアで働く薬剤師より100万円以上高いものです。

新卒や未経験者の初年度年収は400万円から500万円なので調剤薬局やドラッグストア薬剤師とそれほど変わりませんが、経験や実績を重ねたときの上り幅が大きいため一般薬剤師と差が開いていきます。

未経験で入社した場合、年齢や営業経験の有無、臨床経験の年数や英語力を加味して年収が前後します。

特に「営業経験」と「英語力」は重視されることが多いですね。
もちろんどちらもアピールできないからと言って、CRAになれないわけではありません。

企業によっても初年度年収はかなり差があるので、CRAへの転職を考えるならいくつか面接を受けて提示年収を比較したいところ。
そのときには年収だけではなく予想残業時間や出張頻度などもあわせて比較しましょう。

CRAは経験年数だけではなく、ポジションが上がると大きく年収がアップします。
役職がつくと年収600万円を超え、さらに部長クラスになると1000万円を超えることが珍しくありません。

さらに外資系CRAではもっと高い年収を得られることもありますが、その分仕事はハードです。

内資系CRAから外資系CRAへの転職は、30万円~100万円ほど年収が上がるケースがほとんどです。
もちろん仕事が辛くて辞めてしまう人も多いので、ライフワークバランスもしっかりと考えて検討したいですね。

薬剤師がCRAになるメリット・デメリットは?

同じ医療業界の仕事でありながら、現場の薬剤師とCRAは全く違う仕事です。
薬剤師からCRAに転職したときに感じられるメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

年収が上がる

薬剤師の一般職からCRAへ転職すると、50万円前後年収が上がることが多いです。
薬局長など役職についていた場合には多少下がるか変わらないくらいのこともありますが、仕事を続けることで年収が上がりやすい仕事なのですぐに前職よりも高くなります。

土日祝が休みになる

病院やドラッグストアであればシフト制、調剤薬局では日祝は休みが多いですが土曜日は休めないこともあります
CROの休日はキッカリ土日祝と決められており、夜勤などもありません。
連休が取りやすいのでプライベートを充実させやすくなります。

福利厚生が充実している

CRO企業は製薬会社同様に福利厚生に力を入れている企業が多く、特に女性を対象とした産前産後休暇や育児休暇が充実しています。
CRA全体で見ると女性の比率が約半分ほどおり、出産・育児を経ても職場復帰しやすい環境と言えます。

デメリット

残業が多い

毎日残業があるというほどでなないですし、残業の量は企業によるのですが一般的な薬剤師よりは残業が多くなるでしょう。
特に治験期間中や治験終了後などは残業が多くなりがちで、薬剤師時代に残業を経験していないとツライと感じるかもしれません。

出張や外勤が多い

病院内や薬局内の決まった場所で1日を過ごしていた薬剤師にとって、あちこちを飛び回るのは精神的にも肉体的にも大変です。
外にいるのが向いていないという方は、CRAの仕事は大変だと感じてしまいます。

結果を求められる

薬剤師の仕事で実績を確認されることはあまりないですが、CRAは違います。
MRのようにノルマがあるわけではないですが、獲得症例数による目標値はあります。
自分の仕事に対する成績や評価を常に気にしなければならないことが、負担に感じる薬剤師もいるかもしれません。

薬剤師がCRAとして働くと、今までとが違う形のやりがいを感じられる

薬剤師の仕事は、基本的にその日で完結するものがほとんどですよね。
数日かけて調剤を行ったり患者さんの経過を観察することもありますが、継続して同じ仕事を続けることはあまりありません。

一方CRAの仕事は1つのプロジェンクト(治験)が終わるまで、ずっと同じ仕事を手掛けます。
長く時間をかけてコツコツと続けた仕事が完了するときには、大きなやりがいを感じられます。

薬剤師の仕事をしていて達成感ってあまり得られないですよね。
すごく大変な一包化を作り終えたときくらいでしょうか…。

そう考えるとCRAの仕事は薬剤師とは全く違ったやりがいがあるといえます。

また、主に関わるのは「新薬開発」です。
つまり「今は治療できない病気を治せるようにするため」「人々がより快適に暮らすため」の手助けをできると言うことです。

薬剤師からCRAになることは言わば医療の表舞台から裏方に回ることになりますが、「自分の仕事によって将来健康になれる人がいる」と思えるのは医療人として幸せなやりがいですよね。

研究職の人たちがどんなに頑張って素晴らしい新薬を開発しても、治験を通らなければ全く意味がありません。

CRAの仕事はより良い薬を世の中に送り出すための大切なサポートをしているということです。
薬のスペシャリストとして、興味がわく仕事ですね。

未経験でも薬剤師は問題なし!特別なスキルがなくても大丈夫

CRAへの転職では、年収の項目でお話ししたように「営業経験の有無」「英語力」「臨床経験の有無」他に「社会人経験の年数」や「年齢」が合否のポイントになることがあります。

もちろんスキルや経験よりも「面接でやる気をアピールすること」の方が大切です。
「未経験可」というCRA求人もたくさんあります。

薬剤師資格を持っていれば「営業経験」や「英語力」がなくても、採用されることが多い傾向です。
同じタイミングでよっぽど魅力的な人材が面接を受けている・面接で消極的すぎる態度を取ったなどがなければ、薬剤師のCRA採用率は高いです。

臨床の仕事ではないですが、CRAが活躍するのは実際の医療現場です。
最初に紹介した「CRAの仕事」をこなすためには、医療や薬学の知識が欠かせません。

医療に対する知識が全くないまま入社する社員も多いので研修制度が充実していますが、最初から知識がある薬剤師は一歩有利な上に会社としても即戦力になるので重宝します。

一部の製薬会社では新規MRを薬剤師資格保有者しか採用しないようになりましたが、CROの世界でも積極的に薬剤師を採用する傾向です。

もちろん薬剤師だからといってCRAの仕事がすぐにできるわけではありません。
多くの薬剤師は営業経験がないので、入社後の研修や先輩・上司に教わることで営業・対人スキルを磨く必要があります。

そうは言っても「このスキルがないとCRAになれない」ということはなく薬剤師にとっては無資格者よりも門が広いと言えます。

「営業経験がないから」「英語が話せないから」などとCRAへの道を諦める必要は全くありませんよ。
「未経験可」のCRA求人は意外とあります。

CRA求人はメディカル系転職サイトで探すのが◎

CROは成長中の企業ジャンルですが、求人数がすごく多いというわけではありません。
薬剤師なら普通に薬局や病院の求人を探す方が、ずっと簡単に就職できます。

しかもCRAの仕事は企業によって残業量や出張頻度が大きく異なり、年収も含め自分に合ったライフワークバランスの求人を見つける必要がありますね。

そうなると自力で求人を比較するのは、なかなか大変です。
オススメはメディカル系転職サイトに登録して、転職のプロである転職コンサルタントに情報を比較してもらう方法。

一般向けの求人サイトにもCRAの情報はありますが、メディカル系サイトの方が内部事情に詳しいことが多く残業量や評判など求人票ではわからないデータを集めてくれることが多いんですよ。

薬剤師資格以外にアピールできる強みが少ないというなら、「薬剤師を多く採用している企業」を紹介してもらうこともできます。

転職サイトの利用はお金がかからないので、2~3個のサイトに登録してより多くの情報をもらうと良いですよ。
何人かのコンサルタントと話してみて、信頼できる人を見つけると転職がスムーズになりますね。

CRAの仕事は大変な面が多いからこそ、自分に合った求人を見つけることが長く勤めるために大切です。
そのためには自分だけで求人を探そうとせず、客観的なアドバイスをもらうのが良いですね。

まとめ

CRA(臨床開発モニター)は、薬剤師の知識を活かすことができる仕事であり、現場の薬剤師とは違った角度から医療を支える大切な仕事です。

コツコツ仕事を続けて大きな達成感を得られる仕事であり、病院や薬局の仕事に物足りなさを感じている人にオススメできます。
多くの場合年収や福利厚生面でも、CROの方が勝っています。

その分残業や出張が多く仕事がハードだと感じることもあるので、自分の希望する仕事量やペースに合った求人を見つけることが大切です。

CRA求人に興味があるなら、まずは転職サイトやネットの口コミなどを参考にして情報を集めてみましょう。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.