薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

薬剤師にとってやりがいのある仕事、開発職とは?

更新日:

資料とメガネ

企業で新薬・新製品を作り出す研究職や開発職は、薬学生のみならず理系大学出身者に人気の職業ですね。

しかし人気・年収共に高い分、就職が難しいのが研究・開発の特徴でもあります。

そこで研究職と開発職の仕事内容や薬剤師が働くメリットとデメリット、そして薬剤師が転職で研究・開発の仕事に就く方法などをご紹介していきます!

新しい仕事の道を考えるヒントにしてみてくださいね!

「研究職」と「開発職」は似ているけど、かなり違う仕事。その仕事内容とは?

「研究・開発」と言葉が並べられることがあることから、どちらの仕事も似たようなものだと思っている人が多いですよね。
私も割と最近まで似たようなものだと思っていました。

どちらも「新しい薬や商品を作る」というイメージではないでしょうか。
特に「新薬を作る仕事」という印象が強いですよね。

実はこのイメージは「研究職」のものです。

研究職は先ほどのイメージ通りに、研究室で実験を行い新しい新薬成分を研究します。

化合物や既知の成分を合成・調査することで、新薬の成分となりそうな物質を探します。
また、新薬成分を薬の形にして動物実験にて薬効や安全性を調べるのも研究職の仕事です。

研究好きな人にとっては理想的な環境のように思えますが、実際には新薬開発が成功するのは2万~3万分の一と言われており、結果が得られず苦しい仕事だと感じる人も多いようです。

対して「開発職」とは、簡単に言うと「臨床試験を行う仕事」です。
研究職のように研究室で実際に実験を行うことはしません。

開発職が臨床試験を行うと言っても、ヒトに対する治験で実際に現場で管理を行うのは治験コーディネーターであり、患者を診るのは医師の仕事です。

開発職は治験を行っている病院など医療機関をまわり、治験と担当している医師と面会して治験の状況や結果・副作用の有無などを確認します。

これら開発職の仕事は「モニタリング業務」と呼ばれており最近ではCROと呼ばれる外部企業に仕事の一部を委託する製薬会社も多いですね。

製薬会社の研究室にこもって仕事をする研究職とは全く違い、開発職は全国の医療機関を飛び回るとてもアクティブな仕事です。
医師との面会では治験のための交渉を行う必要があり、実際の仕事相手は「薬」
というより「人」と「データ」です。

研究職と同じような仕事内容を想像して開発職に就くと、予想とのギャップに驚いてしまうので注意が必要ですよ。

研究職は知識・経験が必須。開発職は特別に求められるスキルはなし

研究職が難関と言われるのは、高い知識量や経験が必要とされているからです。

新卒で研究職になるなら薬学部など理系大学の博士卒・もしくは偏差値の高い大学院で研究を行っていた実績があるなどの条件が必須です。
学士卒で研究職になるのは、あり得ないと思った方が良いでしょう。

本当にごくまれに学歴がそれほど高くなく研究職に就いている方もいますが、そういった方は食品や化粧品など薬ほど高い学歴を求められない研究職からの転職組です。

知識・学歴に代わるものは経験であり、やる気だけではなんとかならないのが研究職です。

製薬会社は研究費用に莫大な予算を割いているので、有望な人材しか受け入れないのですね。

対して開発職は研究職ほど学歴や知識重視ということはありません。

仕事内容が似ているCRAも「営業経験」や「英語力」があった方が良いですが、全く経験やスキルがなくても仕事をすることができます。

同様に開発職も特別な知識やスキルがなくても問題ありませんが、扱うものが「医薬品」なので薬の知識があるに越したことはありません。

開発職で求められる知識量は普通に薬学部を卒業していればすでに持っており、他に必要な知識は仕事をしながら覚えることができます。

企業で働きたいけど研究の経験も高い学歴もない…という方は、開発職を目指すのが良いですね。

研究職・開発職それぞれの年収は?

製薬会社の研究部門での平均年収は、500万円~1000万円で大手製薬会社であれば30代後半から1000万円を超えることもあります。
中堅会社でも役職がつけば1000万円超えは珍しくありません。

高い学歴が必要とされる上に募集人数が少なくとても就職が難しい分、年収が高い上に福利厚生も充実しています。

開発職の平均年収は500万円~800万円と、研究職には及びませんが高収入です。

福利厚生の内容は研究職とそれほど変わらないので、病院や薬局に勤める薬剤師に比べるとかなり手厚い待遇ですね。

気になる福利厚生の詳しい内容は、次の項目でご紹介します。

年収・福利厚生の内容は製薬会社の規模や内資系・外資系によっても変わってくるので、一概に平均年収通りとはならないこともあるため注意が必要です。

平均年収だけをあてにせず、求人ごとに内容をしっかりと確認しましょう。

企業の研究・開発職として働くメリット・デメリットとは?

メリット

年収が高い

前述のように研究・開発職の年収は、薬局や病院で働く一般的な薬剤師よりも圧倒的に高いものです。

薬剤師でこれくらいの年収を目指すなら、かなり人口の少ない地方で働く必要がありますね。
それでも薬剤師で年収1000万円を超えるのは、難しいでしょう。

医療に関わる仕事と言っても、基本的にはお金のために働いているので年収が高いことは研究・開発職に就く大きなメリットです。

福利厚生が充実している

製薬会社の福利厚生は他の企業よりも圧倒的に良いものです。

特に良いのが住宅手当で、上限はありますが家賃の8割~全額補助してくれる企業が大半です。

薬剤師で家賃の補助がある企業はほとんどないので、それだけで手元に残るお金が50万円~100万円ほど変わってきますね。

他にもホテル代などレジャー費用の一部や自己啓発のための書籍代などの補助がある、会社所有の保養所が使用できるなど、プレイベートを充実させてくれる福利厚生がたくさんあります。

もちろん出産・育児休暇も取りやすい状況で、出産と共に辞めてしまうのを防ぐために、復帰しやすい環境作りにも配慮してくれていますよ。

一度研究職・開発職になれば転職は難しくない

製薬会社の研究・開発職はとても就職が難しいですが、一度仕事に就けば転職はそれほど難しくはありません。

なぜなら研究・開発の仕事で人員を募集する場合には、経験者を優先して採用するからです。

特に研究職の中途採用は経験がない人を採用することは、ほとんどないと言えます。

逆に言えば、一度研究・開発の仕事をしてしまえば「待遇に不満がある」「別の治療分野に関わりたい」などの理由で転職を考えたとき、それほど苦労することなく転職ができるということです。

出産や子育てでブランクがあいてしまっても、経験があれば比較的採用されやすいです。

研究・開発で働いた経験は、薬剤師資格同様に「一生もの」ですね。

日々、知識やスキルを高められる

特に研究の仕事は、医療や化学の最前線とも言える現場です。

一緒に働いている仲間もハイレベルの知識を持っている人ばかりであり、自らもそのレベルを維持できるように切磋琢磨する必要があります。

意識が高い調剤薬局の薬剤師もいますが、向上心を持たなくても仕事ができてしまうのが現状です。

それとは違い常にモチベーション高く仕事をする必要がある環境は、毎日自分を成長させてくれます。

デメリット

求人数が少なく就職がとても難しい

企業で働くことはメリットが大きいですが、働きたいと思ったからと言って働けるものではありません。

研究職で言えば求人倍率が500~1,000倍あるのは普通で、場合によっては10,000倍なんてことも。

もちろん開発職も難関であり、求人数も多くありません。

応募したくても求人自体が見つからないなんてこともあります。

残業が多い

研究・開発ともに残業が多く、それにより離職率も高くなりがちです。

残業量は企業によるのですが、一般的な薬剤師に比べればはるかに多いものです。
企業によっては月の残業時間が80時間を超えることも。

もちろん残業がほとんどない企業の中にはあるのですが、それでも新薬申請時期などでは残業をする必要が出てしまうので子育てとの両立はなかなか大変です。

企業への就職を考えるなら、転職サイトやネットの口コミで残業の量をあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。

成果の出ない仕事に対する辛さを感じることも

新薬を開発し、それが発売に結び付く確率は2万~3万分の1と言われています。

10年続けた研究が実を結ばずに終わる…なんてこともあります。

調剤薬局や病院で働いていると仕事が完結しないことはありませんし、患者さんと触れ合うことでの充実感もあります。

どれだけ頑張っても成果が表れない仕事が辛くて辞めてしまう人もいるのが、デメリットの1つと言えてしまいます。

研究職、開発職に転職するには?薬剤師からの転職ならCROも視野に

ハッキリ言ってしまうと、薬局や病院の薬剤師から企業の研究・開発職に転職するのは、かなり難しいです。

ここまでにお伝えしたように高い学歴や経験が必要ですし、中途採用の求人が出ることは本当に少ないです。

可能性があるとすれば開発職ですが、こちらもあまり見かけることがありません。

薬剤師から製薬会社の開発職へ転職を考えるなら以下の3つの項目を検討してみてください。

  • 転職サイトに複数登録し、情報を集める
  • 製薬会社以外の開発職も視野に入れる
  • CROも視野に入れる

転職サイトの求人情報はサイトに登録していなくてもある程度閲覧可能ですが、中には非公開求人もありますし登録しておくことで希望の求人が出たときにいち早く連絡してもらえます。

私自身も転職の際に希望しているエリアの求人が出たら連絡をもらえるようにしておき、無事希望の職場に勤めることができました。

企業の研究・開発職の中で、「製薬会社の研究開発」は一番難関です。
どの研究・開発でも難易度は高いのですが、食品・化粧品会社だと製薬会社よりは難易度が落ちるのでそちらも視野に入れてみましょう。

薬以外の分野でも研究・開発に携わっていた実績を作ることができれば、後々製薬会社に転職を考える際に有利になります。

製薬会社の開発職が行う仕事は、近年ではCROに委託されていることも多くなってきました。
つまりCROに就職することで、製薬会社の開発職とほとんど変わらない仕事をすることができるということです。

待遇は製薬会社ほどではないですが、こちらも経験を積んでおくことで製薬会社への転職がしやすくなりますし、CROから製薬会社への転職で年収アップも可能です。

医療を支える裏方として治験をサポートするCROとは?

薬剤師の就職先として主なものは病院・調剤薬局・ドラッグストアですね。 新卒薬剤師の就職先は、約7割がその3つで占められています。 多くの人が選ぶ就職先、でも何だかピンと来ないな~…という方もいるはず。 ...

続きを見る

一般薬剤師から企業への転職は、かなり難易度が高いため、選択肢を広くしておくことが大切ですよ。

まとめ

製薬会社の研究・開発の仕事は薬剤師にとって憧れの仕事ですが、その仕事に就くのはかなり難しいのが現状です。

一番良いのは新卒で入社することですが、どうしても中途で製薬会社に入りたいと考えるなら、開発職を狙ってみましょう。

製薬会社にこだわらなければ研究や分析の仕事の求人が見つかることもありますよ。

企業への転職は転職期間を長く設け、選択肢を広く持つことが転職成功への道です。

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.