薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の生活

フリーランスってなに?薬剤師もフリーランスとして働けるの?

更新日:

パソコンの前でコップを持ちながら笑顔でタイピングする女性

結婚、妊娠出産や子育て、体調不良や家族の介護…様々な理由から現場で働くことが難しい状況の薬剤師がいます。
そんな状況で少しでも収入が欲しいときの選択肢に「フリーランス」という働き方があるのをご存じですか?

現場で働くのが難しい薬剤師から副収入が欲しい薬剤師・新しい働き方をしたい薬剤師まで、薬剤師資格を活かしてフリーランスで稼ぐこととはどういうことなのかをまとめてみました。

薬剤師の新しい働き方の一つとして、こんな方法もあると知ってもらえれば良いなと思います!

フリーランスってどんな働き方をするの?

多くの社会人が企業や団体に所属して仕事をして、給与をもらいますよね。
つまり正社員・アルバイト・パートは「勤務先と雇用契約を結ぶ」という状態です。

フリーランスは「仕事・案件ごとに単発契約をする」働き方を指します。

仕事ごとに契約をする点では派遣契約と似ていますが、派遣社員は派遣会社と契約を結んでいるためどちらかというと前述の正社員やアルバイト・パートと近い契約状態です。

フリーランスは契約ごとに契約先が変わるため、どこかの企業や団体に所属することにはなりません。
個人で会社を設立しない限り、税務上の区分では「個人事業主」と呼ばれます。

フリーランスで働くということは、仕事を探して契約をし、仕事を行い報酬をもらうところまで自分一人でやるということです。

薬剤師がフリーランスとして働くことはできるの?

フリーランスとして働くために、何か資格が必要なわけではありません。
働こうと思えば、いつでも始められるのがフリーランスです。

つまり、薬剤師がフリーランスとして働こうと思えば、いつからでも働くことができるということです。

ただし、現状仕事をしている人は、注意も必要です。

フリーランスを名乗り仕事を探すだけなら良いですが、実際に仕事をしてお金をもらう場合には副業扱いとなってしまいます。

病院・調剤薬局の多くが副業やアルバイトを禁止しています。

現在企業等に所属している薬剤師が、本業とは別にフリーランスの仕事をするなら、就業規則を必ずチェックしてください。

フリーランスの収入が薬剤師として普通に働く収入を上回るのは、本当にほんの一握りです。

副業でわずかな収入を得るために、本職をクビになるわけには行かないですよね。

薬剤師の知識を活かしてフリーランスとしてできることは?

世間一般で言うフリーランスには本当に様々な働き方や仕事内容がありますが、薬剤師がその知識を活かしてフリーランスとして働く方法は主に以下の3つです。

  • クラウドソーシングでライターとして仕事をする
  • メディカルライターとして独立する
  • フリーの薬剤師として働く

順に詳しく見ていきます。

クラウドソーシングでライターとして仕事をする

最近話題となっているクラウドソーシングとは、「ネットで不特定多数の人にアイディアやサービスを求めること」ですが、ここで言うクラウドソーシングで働くということは「ネットで不特定多数に向けて募集された作業を行い、対価を得ること」です。

薬剤師としての知識を活かすなら「健康関係のサイトコンテンツを作っている事業主が発注した内容の文章を自分で書いて納品する」、「健康食品販売のサイト内容が薬事法に違反していないかチェックする」などです。

タスク形式と呼ばれる直接契約を結ばない方法で作業すると単価は安いですが、仕事内容を認められて契約を結んでもらえるようになれば単価がアップします。

クラウドソーシングを利用したライターならWEBで完結するため、スキマ時間に家で作業が進められます。

お小遣い稼ぎをしたい方や子育て中の方におすすめの働き方です。

クラウドソーシングを利用した仕事を探すなら、クラウドワークスランサーズがおすすめです。

メディカルライターとして独立する

クラウドソーシングでのライターとは別に、さまざまな専門誌、ウェブメディアなどに医療的な見解をもとに記事を執筆する「メディカルライター」もあります。

クラウドソーシングで行うような仕事を、サイトを介さずに契約・納品します。

メディカルライターとして働く場合、クオリティ・専門性共に高いものが要求されます。
その分、1記事の単価もかなり良いものとなります。

メディカルライターになることは名乗るだけなので簡単ですが、仕事をもらうのはかなり難しいです。

まずは、クラウドソーシングやウェブメディアへの寄稿などで実績を認められ、仕事がいくつか継続的にもらえるようになってから独立するのがオススメです。

フリーの薬剤師として働く

ここまでは自宅で行う仕事でしたが、病院や調剤薬局で働くフリーランスの薬剤師も存在します。

個人事業主として独立し、契約ごとに働く場所を変えて薬剤師として仕事をします。

派遣薬剤師が、派遣会社を通さずに仕事をしているようなイメージです。

薬剤師が不足している病院や調剤薬局に、スポット勤務でヘルプに入ることが多いでしょう。

派遣会社に所属するよりも給与は高くなりますが、自分で仕事を探して自分を売り込み契約までしなくてはならないためかなり大変です。

その分、自分のペースで仕事ができる、仕事を選べるという利点もあります。

こちらも独立するだけなら開業届を出すだけですが、仕事をもらうためには自分を売り込む技術と交渉術、そしてコネクションが必要です。

また、突然新しい職場へ飛び込んでも、問題なく働けるだけの経験と知識も求められます。

薬剤師がフリーランスとして働くメリット・デメリット

薬剤師の働き方として、一般的ではないフリーランスを選択肢に入れるなら、まずはそのメリットとデメリットも知っておきましょう。

メリット

完全在宅で働ける

妊娠中や子育て中で外に働きに出られなくても、フリーランスでライターとして仕事をするなら自宅にいながら働けます。

子供は預けたくないけど、少しでも収入が欲しいというママ薬剤師にピッタリです。

好きな時間、好きな分だけに働ける

子供が寝てからの1時間だけ、週末に夫が子供を見てくれるときだけ働く、そんなワガママな働き方もフリーランスなら簡単です。

自分が無理こなせる量だけ契約するようにしましょう。

休みを自分で決められる

ライターだけでなく、フリーの薬剤師として働くとしても休みを決めるのは自分です。

土日は休みにしたいならそのように契約すれば良いですし、長期休暇が欲しいなら契約を終了すれば休暇が取れます。

働きたくなったら、また新しい仕事を探すだけです。

能力を認められる充実感がある

フリーランスで働くと頑張った分だけ評価されるので、とても充実感があります。

評価がよくなれば契約金額が上がるので、またやる気が出るでしょう。

デメリット

向き不向きがある

ライターの仕事の場合、文章を書く必要があるため、苦手な場合は続けられないでしょう。

フリーの薬剤師は、自分自身で率先して動いていかなくてはいけないため、受身な方にはあまり向きません。

大きな収入を得るのは難しい

セルフプロデュースでフリーの薬剤師として働ける人は、ほんの一握りです。

その他、多くのフリーランス薬剤師はライターとして活動することになりますが、最初はなかなか稼げません。

コンスタントに仕事をもらえても、普通に薬局でパートをするほどの収入を得るのは難しいです。

収入が安定しない

「先月はたくさん契約してもらえたので5万円もらったけど、今月は数千円にしかならなかった…」ということは、フリーランスでは珍しいことではありません。

継続して同じ仕事がもらえることは少ないので、フリーランスの収入をアテにするのは危険です。

フリーランスとして働く際の心構えと注意点

下記は、私がフリーランス薬剤師ライターとして活動している中で、気が付いたことです。

これからフリーランス薬剤師として活動してみようかな?と思っている方は、読んでみてくださいね。

まずは簡単な案件からチャレンジしてみる

クラウドワークスやランサーズなどクラウドワーキングのサイトに登録して、200文字くらいの簡単な文章から作ってみましょう。

薬剤師に関係ない内容でもOKです。

薬剤師というアドバンテージがあるので、ライター未経験でも長文の仕事がもらえることがありますが、練習しておかないと納品できるような出来にはならず結局失敗してしまいます。

待ってるだけでは仕事は来ない

ライターでもフリー薬剤師でも、ただ待っているだけでは仕事はもらえません。

転職サイトに登録しておけば勝手に声がかかる、普通の薬剤師の仕事とは違います。

どんなことができるのか、自分の強みは何かをちゃんと理解して、クライアントにガンガンアピールしないと契約に結び付きません。

必ず完了できる仕事だけを請け負う

「失敗したら普通の薬剤師に戻ればいいや」という考えで適当に仕事をするのは絶対にNG。

契約をした時点で、その仕事を完了する義務があります。

正社員として雇用契約をしたら、好き勝手には辞められないのと同じです。

特に小さな子供がいてイレギュラーに仕事ができない日がある可能性があるなら、余裕を持った仕事量と納期を設定しましょう。

稼ぐことにこだわりすぎない

「フリーランスの収入がないと家計が成り立たない」なんて人は、フリーランスを始めない方がいいです。

前述のようにフリーランスの収入は安定しませんし、パートで薬剤師をやる方がずっと稼げます。

気分転換がてらのお小遣い稼ぎ…くらいに思っておかないと、予想よりも稼げないときに心が折れてしまいます。

休む日をちゃんと決める

フリーランスはいつでも仕事ができる反面、いくらでも仕事ができるので頑張りすぎてしまう人もいます。

画面に向かっての作業は肩が凝りますし、根を詰めすぎると心に余裕がなくなります。

家族とのコミュニケーション重視で、休むときはしっかり休むことが重要ですよ。

まとめ

子育てや家事はどれだけ頑張っても評価されないからツラい…と思っている主婦薬剤師がフリーランスを始めると、生活にメリハリが出て楽しく感じたりします。

家庭以外の人と関わりを持つことも、大切だと感じることができます。

子供がいるから、外に出るのが大変だから働けない…という方は、フリーランスという働き方を検討しても良いと思います。

会社勤めが合わない、もっと自由に働きたいという理由からフリーランスを選ぶ薬剤師もいますね。

薬剤師の知識は様々な分野で役立ちます。

いつでも現場に戻れる薬剤師だからこそ、フリーランスに挑戦してみても良いですね!

-薬剤師の生活

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.