薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の職場

病院薬剤師の仕事内容、年収と人気の秘密をご紹介

更新日:

病院

薬剤師の職場というと、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などが挙げられます。
その中で今回は、常に一定の人気を誇る、病院内で働く薬剤師について、仕事の内容、必要なスキルから人気の秘密までのを紹介します。

病院薬剤師の仕事と重要性

病院薬剤師は、調剤薬局での薬剤調製、服薬指導などとは異なり、医師や看護師など病院内のさまざまな人と連携し、患者の治療をサポートします。
最近では、薬剤師の業務の中でも「臨床薬剤師」というカテゴリーに分類されて語られ始めています。

臨床薬剤師とは?

臨床薬剤師とは、海外の特にアメリカ発祥の「Clinical Pharmacist(クリニカルファーマシスト)」を日本語に訳したものです。

アメリカでは、 処方せんを見て調剤、監査し投薬するという調剤業務一連の作業の大半をテクニシャンが行っています。
テクニシャンは正式には、「Pharmacy Technicians(ファーマシーテクニシャン)」という職業で日本語に訳すと調剤技師です。
日本では、薬剤師法により薬剤師以外の無資格の者が薬の計量などを行うことは禁止されています。
しかし、アメリカでは薬剤師の監督下で行うことが可能なのです。

では、アメリカの薬剤師の実務はどのようなものなのでしょうか。
アメリカでは、薬剤師がチーム医療のメンバーの一員として活躍しています。
たとえば、病棟回診のメンバーとして同伴し、患者の症状変化に伴い処方する医薬品の提言を行ったり、カンファレンスに参加して薬剤師の立場で見解を述べたり、患者への服薬指導を行うことが業務の大半を占めています。

このようなアメリカの臨床薬剤師を見本に、日本でもチーム医療の概念が病院の臨床現場に浸透してきています。
多くの病院がチーム医療の概念を取り入れ、薬剤師もチームの一員として働いてもらいたいというニーズが増えているため、病院の薬剤師は臨床薬剤師と分類されるようになってきています。

チーム医療の一員として求められている臨床薬剤師

院外処方せんが主流になる前は、病院の薬剤師の仕事は外来患者の処方せん調剤と投薬、入院患者の処方せんの調剤が主な業務でした。
しかし、現在は病院の約70パーセントが、院外処方せんとなりました。
今まで外来処方せんの調剤業務に費やしていた時間や労働力は減り、病棟業務へとシフトしてきています。

参考厚生労働省 院外処方箋率

病棟業務というのは、処方せんによる調剤業務ではありません。
チーム医療の一員として、医師や看護師、検査技師といった多くの他の医療スタッフによって構成されるチームの一員として、患者の治療に積極的に関わる業務を意味します。
いわゆる、これが臨床薬剤師の薬剤師像です。

チーム医療とは、一人の患者に複数のメディカルスタッフ(医療専門職)が連携して、治療やケアに当たることです。
チーム医療推進協議会

このチーム医療の一員として薬剤師の力を発揮できる病棟業務は、国からも医療スタッフからも積極的に関与することが期待されています。
日本では診療報酬の改定の度に、この業務を数値化して評価できる、加算点数が制定されています。
病棟薬剤業務実施加算」は診療報酬改定の際に制定されました。

病棟薬剤業務実施加算からみる薬剤師の重要性

医療には、診療報酬という評価基準が存在します。
診療報酬は、医療保険の資格を有する人が診療してもらった際に、対価として計算される点数です。
これは、病院においても調剤薬局においても同じで、1点は日本円の10円に換算されて計算されます。

病棟薬剤業務実施加算とは、薬剤師が病院業務の負担軽減、薬の安全性や有効性の向上などの薬剤関連業務を行った場合に加算される点数です。
平成24年の診療報酬改定で「病棟薬剤業務実施加算1」、平成28年の診療報酬改定で「病棟薬剤業務実施加算2」が制定されました。
病棟薬剤業務実施加算1や病棟薬剤業務実施加算2を計算するためには、チーム医療に積極的に関与できる環境であることが前提で、病棟毎に病棟専任薬剤師を配置しないといけない条件になっています。

薬剤管理指導業務に要する時間以外に各病棟に1週間に20時間相当以上の病棟薬剤業務 を実施している必要がある。
医薬品情報の収集、抗がん薬等の無菌調製など、病棟薬剤業務の内容によっては病棟以外でも実施することができ、同一の病棟において、複数の薬剤師が業務を分担することもできる。
日本病院薬剤師会 薬剤師の病棟業務の進め方

この評価基準からもわかるように、病院にとって薬剤師は重要な役割を担っていることがわかります。

また、現場の医療スタッフからも薬剤師にチームの一員として、積極的に関与して欲しいとの声が挙がっています。
たとえば、「各病棟毎に担当薬剤師を任命して病棟に駐在してもらえると、常にリアルタイムで相談が出来る」、「朝の病棟回診に参加してもらえると、指示をあらためて出さなくてもその場で出来る」、「ナースの申し送りの会に参加してもらえると、患者さんの状態を共有出来る」、「病棟カンファレンスに参加してもらえると、その場で薬の治療について最善の選択が出来る」などです。
このように患者さんを中心とした情報共有の場に直接的に参加してもらい、薬の専門家として薬剤師に意見や見解を述べて欲しいという、ニーズが増えてきているのです。

薬剤師にとって病院という職場は?

厚生労働省の調査によると、全国の薬剤師の数は平成26年には約29万人と発表されています。
そして、就職先は薬局が約16万人、病院は約5万人でした。
病院を職場として選んでいる薬剤師が少ないのは、調剤薬局に比べて病院数が圧倒的に少ないからです。
全国の病院数は約8,000ヶ所で、調剤薬局は5万7,000軒以上とも言われています。
当然、病院の数が少ないため、薬剤師の採用数も少なくなります。
また、知名度の高い病院であればあるほど、倍率が高く入職試験も難関です。

病院の年収について

厚生生労働省による平成25年賃金構造基本統計調査では、就職先を分類せずに全体を人数で割った薬剤師の平均年収が533万円でした。
男性薬剤師が562万円、女性薬剤師が520万円という結果でした。

これを就職先に分けて実際に民間病院に勤務している薬剤師の給料を見ると、20代では平均で350万円、30代で平均400万円~450万円、40代で平均500万円~550万円、50代で550万円~600万円(※薬局長を除く)が相場と言われています。
これは、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師の給料体系に比べると、低い傾向にあります。

病院薬剤師の仕事は、調剤薬局やドラッグストアと比較すると、当直などもあり体力的にも大変です。
しかし、給料面に数字として反映されにくいです。
その理由には、病院が医師を頂点とした資格業の集団だからということ、また病院経営的に最新の設備導入などの投資に、資金を当てないといけないからという現実的な側面があるからです。

病院の福利厚生について

病院の福利厚生は、公立病院、民間病院、企業の病院によってさまざまで一概には言えませんが、一般的に多く見受けられる福利厚生は以下のものです。

  • 関連施設(保養所など)の利用が可能である
  • 独身寮がある
  • 院内にサークルなどの活動やリクリエーション活動があり自由に参加できる
  • 職員食堂があり安くて便利
  • 院内に図書館があり文献検索などが自由にできる
  • 健康管理しやすい
  • 定期的な健康診断が無料で受けられる、インフルエンザなどのワクチンを補助してくれる
  • 院内に保育園があり子供を預けられる、ベビーシッター等の費用の負担をしてくれる
  • フィットネスクラブを利用できる
  • 財形貯蓄制度を導入している

職業を超えたサークル活動や、文献検索時に気軽に行ける図書館、健康診断のためにあえて休みを取らなくても受けられることは、病院に特化した福利厚生といえるでしょう。

給料が低い設定なのになぜ病院は人気があるのか

学生時代から病院勤務は大変で給料が安いということは知られています。
しかし、人気が衰えず狭き門となるのは、第一に「やりがいがあるから」と言われています。
そのため、新卒でも中途採用でも難関となるのが、病院薬剤師求人の特徴です。

病院薬剤師の人気の秘密とは

病院に限らず、企業が新人を育て一人前にするためには、多くの費用を投資する必要があります。

病院では一人前の薬剤師を育て上げるために、薬剤部のカリキュラムだけでなく、医師、ならびに他の医療スタッフの力も借りて育てます。
薬剤師として一人前になるための道のりは長く、まずは薬の商品名を何千品目と覚え、外来調剤に従事し、製剤を学び、医薬品情報に触れ、当直によって緊張と責任感を覚えます。
そして、外来から病棟デビュー、内服外用調剤から無菌製剤調整デビューなどなどをへていく地道な道です。

技術の習得に時間と人的なサポートが必要ですが、それを達成して実際に医療スタッフに信頼され、患者に慕われるようになると、「このやりがいは金銭では換えられない」となります。
これこそが、病院薬剤師の人気の所以です。

病院へ転職するために必要なスキルとは

薬剤師として求められるスキルとは

厚生労働省が定義しているチーム医療の一員としての薬剤師の病棟業務について、日本病院薬剤師会が「薬剤師の病棟業務の進め方」にまとめています。

薬剤管理指導業務(主に投薬後における患者に対する業務)
①薬歴の確認
②処方内容の確認
③ハイリスク薬・麻薬等への対応
④患者等への説明と指導等
⑤退院時指導
⑥薬剤管理指導記録簿の作成

病棟薬剤業務(主に投薬前における患者に対する業務、医薬品の情報及び管理に関する業務、医療スタッフとのコミュニケーション)
①患者背景及び持参薬の確認とその評価に基づく処方設計と提案
②患者状況の把握と処方提案
③医薬品の情報収集と医師への情報提供等
④薬剤に関する相談体制の整備
⑤副作用等による健康被害が発生した時の対応
⑥多職種との連携
⑦抗がん薬等の適切な無菌調製
⑧当該医療機関及び当該病棟における医薬品の投与・注射状況の把握
⑨当該病棟における医薬品の適正な保管・管理
⑩当該病棟に係る業務日誌の作成等
⑪病棟薬剤業務実施加算を算定できない病棟又は治療室においても病棟薬剤業務を実施するよう努める
薬剤師の病棟業務の進め方

医師や看護師は、学生時代から臨床現場にて患者から学んでいます。
そのため、薬剤師にも必然的に他職種に劣らない医療薬学的知識と、コミュニケーション能力が求められています。
時間と共に経験や知識は養われるものですが、常に忍耐強く問題解決に当たることが出来ることや、最新の医療を習得するモチベーションが高いかなど、意欲的な姿勢を保てることが必要とされています。

どんな人が病院薬剤師に向いているか

病院は、自身で責任を持って仕事をし、病棟業務に積極的に参加する薬剤師を求めています。
そのため、チーム医療の一員として病棟業務で必要とされる薬学的知識を、積極的に身に付けようとする人には適しています。

また、垣根を越えた他の医療スタッフとの連携に必要な、コミュニケーション能力も求められます。
問題を一人で解決できる力が備わっている人でも、問題が大きくなると一人では対処できないものです。
そんな時に、周りのスタッフが気持ちよく助けてくれる人柄を持つことも大切です。
そのためにも、普段から職業の垣根を越えた集まりや、コミュニケーションの場にも物怖じせず積極的に参加できる人は向いているでしょう。

チーム医療では、様々な医療スタッフがそれぞれの分野で培ってきた知恵を出し合い、本気で問題解決にあたります。
一刻も争うような緊急時には、他職種の相手の言っていることと知識を、100パーセント信じて患者に向き合います。
そのため、信頼できる人とチームを組みたいと欲します。

うそを言わないこと、自信がないときは調べてから言う人、そうでないと患者の命に直結してしまうからです。
強い信頼関係で構築されたチーム医療のスタッフ間の連携感は、金銭には換えがたい人とのつながりと医療人としてのやりがいになるでしょう。

M3グループが運営。薬剤師10万人以上が登録済み。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人を全国4万件以上掲載。
薬キャリサイトイメージ

-薬剤師の職場

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.