薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の生活

なぜ人間関係の問題が多いの?問題を抱えやすい薬剤師の特徴と対処方法

更新日:

交差する人々モノクロ

薬剤師の転職理由って、どんなものだと思いますか?

給与や休みなど待遇面への不満が多いのかと思いきや、薬剤師の転職理由1位には「人間関係」が絶えず居座っているのが現実です。

誰とでも仲良くするのは難しいですが、転職が必要なほど関係がこじれてしまうのはツライですね。

自分だけが上手くやろうとがんばっても、人間関係は上手く行かないことがよくあります。

そこで、薬剤師の人間関係がこじれやすい理由やこじれてしまったらどうなるか、問題解決のために気をつけたいことなどをお伝えします。

いま人間関係に困っている方も、そうでない方もぜひ読んでみてくださいね。

薬剤師の職場はなぜ人間関係の問題が多いの?

薬剤師が人間関係トラブルを抱えやすい大きな理由は「職場の人数が少ないこと」です。

調剤薬局・ドラッグストアで企業のような大人数が働いているということはないですし、病院も基本は薬局内で仕事をするので、日常的に一緒に仕事をする相手はそう多くありません。

たくさん人間がいれば一人や二人苦手な人・イヤな人がいてもなんとかなりますが、薬剤師の勤めるような環境では全員と関わらないと仕事になりません。

イヤだイヤだと思いながら接していると、やはり無理が出てきてしまいます。
無理をしてがんばったとしても人間関係がこじれてしまうのは、ある意味仕方がないことです。

他に薬剤師の人間関係がこじれやすい理由としては、以下のものが挙げられます。

常にピリピリしているから(病院・調剤薬局)

少しのミスが患者さんの命に関わる仕事をしているので、病院や調剤薬局の薬剤師は常に気が張っています。

そのため、他人の行動やミスが過剰に気になって、人間関係悪化につながりやすいと言えます。
(本当は人間関係が悪い方とミスになりやすいのですが…)

異動がないから(病院)

調剤薬局・ドラッグストアは頻繁に異動があるケースが多く、多少人間関係に問題があっても異動によってリセットされます。

その点、病院では異動があまりないので職場のメンバーが入れ替わらず、問題を抱えたまま長年同じ環境で過ごすこととなりトラブルが起きやすいんです。

待遇に対する妬み(調剤薬局・ドラッグストア)

調剤薬局では事務さん、ドラッグストアでは販売スタッフなど、待遇の違う人と同じように仕事をすることになります。

仕事の大変さはそれほど変わらないのに、薬剤師の方が圧倒的に給与が良いことから、妬みとなりイヤな感情を持たれてしまうこともあります。

仕事が大変なのはみんな同じなので「たくさんお給料をもらっている分、周りよりもたくさん働こう」と意識しておきたいですね。

人間関係がこじれるとどのような問題に発展するか?

人間関係にトラブルがあると、仕事がしにくくなるのは当然ですね。

でも薬剤師の仕事の性質上、もっと大きな問題が出てきてしまいます。

薬剤師の職場で人間関係のトラブルが発生すると、どのような問題になるのか職場ごとに見てみましょう。

病院

薬局内だけで仕事が完結しないため、看護師や医師など他医療職種との関わりも大切です。

薬局内で人間関係がこじれていると連絡が上手く行かず、他職種との連携にも支障が出てしまいます。

また、調剤薬局やドラッグストアに比べて仕事の種類が多いので、薬剤師同士がお互いの仕事を把握していないとムダが出たり仕事が間に合わなくなってしまうこともあります。

クリニックや診療所など薬剤師の人数が少ない職場で人間関係が悪くなると、苦手な人と二人きりで丸一日過ごすことになりかねず、仕事に行くこと自体が辛く感じてしまいますね。

調剤薬局

とにかくスピード重視の職場なので、スタッフ間の連携が大切です。

扱う薬の種類が多いので、どうしてもわからない薬が出てくることがあります。

患者さんから質問されたとき、処方せん内容に疑問があるときなどに同僚にサッと相談できない関係だと、その分時間をロスしてしまいます。

忙しい分ミスが出やすい環境なので、薬剤師同士でのダブルチェックが必要不可欠ですが、人間関係が悪いとせっかくのチェック機能が上手く働かず、ミスを起こりやすくなります。

ドラッグストア

薬剤師が複数人で同じ時間帯に勤務することは珍しく、登録販売者や販売員スタッフと一緒に働くことがほとんどです。

薬剤師だけでは処理が難しい場面で、他のスタッフの力を借りる必要がたくさんあり、ドラッグストアは様々なものを販売しているからこそ、様々な知識を持ったスタッフが助け合わないと仕事が進みません。

店舗や時間帯によっては少ない人数で営業することもめずらしくなく、クリニック同様に単純に気まずさから仕事が辛いと感じてしまうこともあります。

人間関係の問題を抱えやすい薬剤師の特徴とは?

薬剤師の人間関係問題はどんな職場でも起こり得ますが、問題が起こりやすい人とそうではない人というのがいるものです。

人間関係でトラブルを抱えやすい薬剤師の特徴と、そんな人が人間関係を良好に保つためのコツをいくつか挙げてみますので、思い当たることがないかチェックしてみてください。

完璧主義

自分だけが仕事に完璧を求めるなら良いですが、完璧主義の人は他人にも完璧を求めてしまう傾向にあります。

仕事の質を高めようとするのは良いことですが、他人には他人のペースがあるので自分の理想を押し付けないように気をつけたいですね。

人と関わるのが苦手

薬剤師は勉強を中心としてきた理系の人間が多いので、コミュニケーションを取るのが得意ではない人も少なからずいます。

同僚と友達のように接する必要はありませんが、必要以上に会話を避けるのはトラブルの元になります。

会話を楽しむのが難しいと感じる人は、まずは気持ち良いあいさつをすることから始めましょう。

他者を敬えない

自分よりも仕事が遅い人を見下す・無資格者スタッフを見下す…なんて人は他人と上手く行かなくて当たりまえです。

1日の仕事を振り返ってみると、事務さんや販売スタッフ、そして自分以外の薬剤師に助けてもらいながら過ごしてはいませんか?

自分一人だけですべての仕事ができるなんて思わずに、周りのスタッフに感謝しながら働くことで人間関係が円滑になり仕事がしやすくなりますよ。

要領がよくないタイプ

性格上スピード重視の職場についていけない、新しい物事を飲み込むのに時間がかかる方はいるものです。

そういった方は「どうせ自分はできないから…」なんて卑屈になると、周りも助けるのがイヤな気分になってしまいます。

「いつも助けてもらってありがとう!」という気持ちでいれば、フォローを嫌がる人はそうそういません。

もちろん向上心も忘れずにいたいですが、必要以上に自分を責めなくでもOKです。

ストレスをためやすい

働いていれば多かれ少なかれストレスはたまるものですが、そのストレスを上手く発散できるかどうかが重要です。

ストレスを抱えて「仕事イヤだ」「ツライ」ばかり思っていたり、それを口や態度に出すと周りも嫌な気分になるので、疎ましく思われてしまいます。

ストレスはためずに発散するか、ストレスの原因を取り除けるよう工夫してみましょう。

自分自身の意識を変えれば対処できる?

「人間関係で問題を抱えやすい人の特徴」をお伝えしましたが、その特徴に当てはまる人が自分を変えれば必ず上手く行くでしょうか?

残念ながらそうではなく、どれだけ自分が変わっても上手く行かないこともあるし、トラブルを抱えやすい特徴に全く当てはまっていないのに人間関係が原因で退職してしまう人だっています。

その理由は「人間関係というのは自分だけではなく、相手によっても変わる」からです。

こちらがどれだけ仲良くしようと歩みよっても、相手に仲良くする気持ちがなければ関係は決裂してしまいますよね。

人間関係が悪化したときに「自分が悪いせいだ」と責めてしまう人もいますが、相手が悪いこともあるし、単純に相性や環境が悪いせいで誰が悪いということもないこともあります。

何年も上手くやっていた職場なのに急に1人薬剤師が退職したことで劇的に忙しくなり、ストレスやイライラから人間関係が最悪になってしまった…。
この場合は誰が悪い…という話ではないですね。

つまり、「人間関係の悪化」は避けようがないケースもあるということです。

誰かが悪い…という犯人探しをしたり自分を責めるのではなく「運が悪かった」と気持ちを切り替えることも大切ですよ。

重要なのは「この先楽しく仕事をするためには、どうするか?」ということです。

修復不可能な人間関係に陥ってしまったらどうする?

誰かが介入することで人間関係が修復できることもありますが、一度こじれてしまった関係はなかなか元には戻らないですよね。

どちらかが歩み寄る、こじれてしまったキッカケを探るなど修復のための努力は大切です。

でも、どうしても修復不可能な状態になってしまったら環境を変えるしかありません。

チェーン薬局やドラッグストアであれば、他店に異動させてもらうことが可能なので、簡単に解決できることが多いですね。

病院でも系列病院に異動できることがありますが、なかなかそう上手くはいかないことが多いです。

チェーン薬局でも市内に異動先がない、他店に空きがない…など異動が叶わないこともあります。

そんなときはジッと耐えるのではなく、思い切って転職を検討してみませんか?

人間関係がツライのに耐えて働き続けると、そのうち心や体の健康を失ってしまうかもしれません。

病気になってまで続けたい職場って、あまりないと思います。

幸い薬剤師はまだ売り手市場なので、転職先がなくて困るということはないでしょう。

「人間関係」が理由で転職しても、転職に不利になるということはほとんどありません。
(同じ理由で転職を繰り返す場合には、マイナス評価になってしまうこともあります)

「人間関係がイヤで仕事が辛い…」と思ったら、まずは転職先を探してみませんか?
ハローワークや転職サイトに登録してみると、自分を求める職場がたくさん出てきます。

すぐに転職する気がなくても「いつでも転職できる」「ここじゃなくても働ける」と知ることで「いつでも辞められる」と思えるので気持ちがとても楽になりますよ。

まとめ

職場の人間関係は良いに越したことはないですが、上手くやろうと思ってもこじれてしまうことがあります。

そんなときに「どうして上手く行かなかったのか」を考えることは大切です。

教訓として自分の中に留めておくことで、次の人間関係を円滑にさせる参考になりますし、転職するなら次の職場選びの参考になります。

どうしてもツライと思うなら、サッサと諦めて転職するのも良い方法です。

そもそも昇給幅が小さい薬剤師という仕事は、一つの職場にこだわる理由がそれほど多くありません。

人間関係がツライ…と思っているなら、ネットで求人票だけでものぞいてみましょう。

たくさんの薬剤師求人情報を見ていると、今の職場にこだわる必要はないと思えますよ。

M3グループが運営。薬剤師10万人以上が登録済み。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人を全国4万件以上掲載。
薬キャリサイトイメージ

-薬剤師の生活

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.