薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の仕事術

災害時の薬剤師の役割と求められる知識・スキルまとめ

更新日:

世紀末を感じさせる東京の街

東日本大震災のとき、薬剤師の災害支援が注目されたことをご存じの方は多いと思います。

幅広い薬の知識が、薬を紛失した被災者支援などにとても役立っていました。

元の知識だけでもある程度災害時に役立つことはできますが、災害時に必要とされる行動や知識を頭に入れておくとよりスムーズに支援が可能になります。

そこで災害時において薬剤師は何をすべきなのか、また災害時に薬剤師が求められる知識やスキルはどんなものなのかまとめてみました。

いざというときに焦らないために、一度目を通してみてくださいね。

災害時における薬剤師役割と具体的な活動

薬剤師は医師・看護師のように直接患者さんを治療できないので、災害時にできることは少ないように思われていました。

薬剤師自身も「いったい何ができるのだろう…」と思ってしまうかもしれません。

薬剤師は薬の知識に関して、様々な職業の中でかなり高い方と言えます。
幅広い薬の知識が、災害時には以下のことで生かされます。

医師・看護師など医療従事者のサポート

診察を行う医師、手当てを行う看護師は災害時大忙しです。
そのような中で、治療に必要な薬を探したり管理したりすることは、とても大変です。

薬剤師がチームに1人加わることで、医薬品の管理がしやすくなり、被災者の治療がスムーズになります。

医師は、普段扱わない薬については知らないことが多いため、薬剤師による代替薬の提示が必要です。

普段から他医療従事者と連携を行っている病院薬剤師が活躍できるでしょう。

支援物資の薬・備蓄薬の仕分け

災害発生から数日で支援物資が届き、その中には医療用薬やOTC医薬品(Over The Counter/一般用医薬品)が含まれます。

しかしそれらの薬は分類わけされているわけではなく、そのままでは必要としている被災者に振り分けることが難しいため、薬の知識がある者が仕分けを行う必要があります。

また、災害発生直後であれば、被災した病院や薬局の薬を管理することも、その場に居合わせた薬剤師の役目となる場合があります。

医療用薬の医師の処方せんによらない調剤

通常薬剤師が調剤を行うためには、医師の処方せんが必要です。

しかし、災害時など医師が不在で、お薬手帳などから服用薬がわかる場合には、特例として処方せんがなくても調剤が可能です。

降圧薬や抗凝固剤など、数日服用しないことが命に関わる患者さんがいた場合には、何よりも服用することが優先されるためです。

今まで服用していた薬と同じものが手に入るとは限らないため、代替薬を考える必要もあります。

一般用医療薬の配布

支援物資や備蓄薬、または被災地のドラッグストアなどからOTC医薬品を調達可能です。

第一類医薬品をのぞけば、OTC医薬品は薬剤師がいなくても購入可能ですが、限りある物資を本当に必要としている被災者に分配するためには、薬剤師による管理が欠かせません。

特に医療用薬を服用している被災者であれば、相互作用が心配されるため特に注意して管理が必要です。

OTC医薬品については、ドラッグストア勤務の薬剤師が活躍できます。

避難所や臨時治療場所における服薬指導や健康管理

災害時においても、服薬指導は欠かせません。
むしろ災害時は、食事がイレギュラーとなったり、メンタルが不安定となるため、患者だけでは薬の管理が難しくなります。

例えば、血糖降下薬を服用している患者が、被災時の少ない食事をしながら普段通りに薬を飲んでは、低血糖になってしまうため減薬が必要です。

逆に食事ができなかったとしても、服用が必要な薬を服用している患者には、時間を管理して服用を続けるように指導をします。

普段であれば忘れずに服用できる患者でも、災害時となれば服用を忘れてしまうことがあります。

服用を促す声かけをしたり、避難場所で起こりやすいエコノミークラス症候群を防ぐためのアドバイスも薬剤師の大切な役割です。

普段から患者さんの生活を見て服薬指導をしている、薬局薬剤師が活躍できます。

避難場所の衛生管理

災害時の避難場所において、衛生管理はとても重要です。

水の水質管理、トイレや嘔吐物の消毒などを行わないと、感染による二次災害となってしまうからです。

水質管理は、学校薬剤師を経験している薬剤師が適任です。

消毒薬に関する知識は薬剤師であれば持っていると思いますが、病院薬剤師が特に詳しいでしょう。

このように災害時における薬剤師の役割はとてもたくさんあるため、多くの薬剤師ボランティアが求められます。

薬剤師自身が被災者となった場合にも、可能な範囲で薬剤師として求められる行動をできるようにしたいですね。

災害時において薬剤師に求められる知識・スキル、準備しておくべきこと

どんな知識・スキルが必要になってくる?

上記でお話しした災害時における薬剤師の役割から、求められる知識・スキルが見えてくるので、以下にまとめます。

  • 同効薬がわかるための広い薬の知識(薬効・薬理)
  • 他医療職種と連携するためのコミュニケーション力
  • 一般用医薬品の知識(副作用や相互作用を含め)
  • 患者の気持ちに寄り添った服薬指導を行うスキル
  • 衛生・消毒薬に関する知識

そして大切なのは、「臨機応変に対応すること」です。

災害時では普段と同じように調剤・服薬指導ができませんし、自分から何をすればよいのか考えて動かなければならない場面がたくさんあります。

自信がない場合には周りの人に助けを求めたり、確認することも大切ですが、日ごろから支持を待たずに自分から考えて動けるようにしておくと良いでしょう。

中堅以上の薬剤師は、新人薬剤師がそのように自分から動けるように指導していきたいものです。

災害に向けて準備しておくべきことは?

理想的なのは、自分に足りない知識を日ごろから補っておくことです。

病院薬剤師・調剤薬剤師はOTC医薬品の知識が不足しがちですし、調剤薬剤師やドラッグストア薬剤師は他職種との連携に不慣れで疾患についてもあまり詳しくありません。

病院薬剤師とドラッグストア薬剤師は環境によって、服薬指導の経験が足りないこともあります。

自分の働いてきた環境から不足している経験を補う勉強ができれば良いのですが、忙しい毎日の中で災害時だけを見据えた勉強はなかなか進みません。

そんなときは、まず災害時に起きやすい疾患と衛生に関する知識だけでも見直しておくのがおすすめです。

具体的に言うと、災害時に起きやすい疾患は、災害によるショックによるパニック障害・不安障害など精神疾患や、狭い避難所や車中泊によるエコノミークラス症候群などです。

消毒剤に関しては、塩化ベンザルコニウムと次亜塩素酸ナトリウムの使い方について、最低限学んでおきましょう。

日本薬剤師会が災害時に薬剤師が取るべき行動や、日ごろの災害対策について「薬剤師のための災害対策マニュアル」をまとめています。

勤務環境ごとの取るべき行動や、災害時に持ちだすべきものなどについて具体的に書かれているので、時間のあるときに目を通しておくと良いです。

まとめ

災害はいつ起こるかわからないものです。

どれだけの負傷者が出るのか、避難生活がいつまで続くのか、だれにも全くわかりません。

だからこそ医療従事者である薬剤師は、いつ災害が起きても動けるように、災害時の行動について学んでおきたいところです。

まずは、自分自身が被災したときのために、避難用品を必ずまとめておくことをおすすめします。

その中に普段使っている医薬品辞典(治療薬マニュアルや今日の治療薬など)を古いもので良いので一冊入れておくと、必ず役に立ってくれるでしょう。

-薬剤師の仕事術

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.