薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の転職

薬剤師が円満退職のためにするべきことと退職までの流れ

更新日:

カレンダーの上で話すミニチュアビジネスマン二人

転職や家庭の事情で退職を決意したものの、まずは何をするのが正解なんだろう…。

初めての退職のときは悩んでしまうものですよね。
どんな職種の人でも同じです。

薬剤師は身近に退職経験がある人がいないこともあり、誰にも聞くことができずに困っているなんてことも。

そこで、退職を決意してから実際に退職するまで、どんな段取りを踏めばよいのかまとめてみました。

気持ちよく送り出してもらうために、周りに迷惑をかけないスムーズな退職をしましょう!

退職を決めてから、退職届を出すまで

本当に退職しても良いかもう一度考えてみる

退職届を出してから「やっぱり退職はナシで」というのは、なかなか大変です。

本当に退職しても良いのか、もう一度考えてみましょう。

退職を考えた理由が人間関係や職場までの距離、門前診療科に飽きた、もっと勉強できる職場で働きたい…などの場合、チェーン薬局に勤めていれば異動で解決することもあります。

まずは薬局長など、管理者に相談してみると良いです。

それでも問題が解決しない場合や勤めているのが小規模の薬局や病院で異動が難しいとき、年収への不満が退職理由になっているときには、そのまま今の職場に残るメリットはないと判断してOKです。

退職して問題なし」と自信を持ちましょう。

退職をする時期を決める

退職の意思が固まったら、いつ退職をするのかを決めます。

基本的にはボーナス後がオススメです。

退職を急いでいないのなら、繁盛期の退職は避けた方が良いです。

パートやアルバイトでボーナスをもらっていない場合や、なるべく早く退職したい場合などには、気にしなくても問題はありません。

大切なのは「退職の意思を伝えてから実際に退職する日まで、2か月以上確保すること」です。

どうしても早く退職したいなら、退職日を事前に決めた上で準備を進めましょう。

退職の理由を決める

退職の理由は「一身上の都合により」でも問題はありません。

でも残される職場の人としては、理由がハッキリしないと良い気分はしないですよね。

家族の転勤についていく、妊娠や出産、結婚などが理由であればそのまま伝えたほうが、円満に退職できます。

キャリアアップ目的の場合も、伝えて問題ありません。

  • 「○○の資格が取れる職場で働くために」
  • 「○○の勉強ができる職場で働きたいから」

このような理由を告げられて、悪い気分になる人はあまりいません。

難しいのは人間関係が理由の場合と、年収アップ目的で転職する場合です。

薬局長など責任者がすでに人間関係の不和について知っている場合には、そのまま伝えても問題ありません。
新しい環境でがんばりたいと思います」で大丈夫でしょう。

人間関係が良くないことを知られていないケースと、年収アップ目的の場合は、理由をハッキリ伝えない方がスムーズに転職できる可能性が高いです。

無難なのは「キャリアアップ目的」ということにしておくか、「知人の薬局を手伝うことになった」など、現在の職場が悪くて辞める訳ではないと伝わる理由です。

退職の理由なんてどうでも良いと思う方もいるかもしれませんが、良くない印象を持たれて退職するのは良いことではありません。

またいつどこで今のスタッフと一緒に働くことになるか、わからないため可能な限り円満な退職を心がけるとよいでしょう。

退職の意思を伝える

ドラマなどで見る「退職届」を書いて管理者にいきなり突きつけるのは、実はNG。

まずは口頭で退職の意思を伝えます。
管理薬剤師や薬局長などに対して、他のスタッフに聞かれない場所や時間を選んで話すのがベストです。

もちろん正式に退職が決まるまでは、周りのスタッフに退職することをベラベラ話さないようにしましょう。
基本的にはしかるべきタイミングで、管理者からスタッフ全員に伝えてもらえます。

退職の意思と理由を伝えたら、管理者と相談しつつ会社の規定に沿って退職届を提出します。
決められた書式があることが多いので、管理者もわからない場合は人事部などに相談しましょう。

薬剤師が不足気味の職場では、引き留めにあう場合もあります。

所属店舗の異動やポジションアップ(別店舗の薬局長や管理薬剤師へ昇格)を、打診されることもあるようです。

店舗の場所や人間関係、給与が理由で転職を考えていた場合、打診された条件が良いと感じるなら残ることも選択肢の一つです。

ただ会社の体制がイヤ、もっともっと年収を上げたい、スキルアップしたい…などの望みは、同じ会社にいることでは叶えられないことが多いので、スッパリと断ることも大事です。

「後任が決まらないのに無責任だ!」と言い出す上司もまれにいますが、気にする必要はありません。
人員確保は会社の責任であり、辞める人に責任はありません。

このような会社の要望を聞いているとずるずると仕事をすることになり、結局やめられないことが多いです。
やめる際は退職の日をしっかり決め、その日に必ず退職することをおすすめします。

2か月程度あれば新しい薬剤師が見つかるケースがほとんどなので、しっかりと退職までの期間を設けている場合には、会社側に何かしらの問題があると見たほうがよいです。

あまりに引き留めがしつこい場合には、「もう次の職場が決まっているので」と言ってしまいましょう。

次の職場が決まっている場合、どこに決まったのか聞かれますが、基本的には言う必要はありません。

次の職場が知られることにより、就職できないよう根回しをされたり、次の職場の悪口を言われ、とどまるよう説得することもありますので、注意が必要です。

退職が決まってからの、退職準備

会社に返却すべきものをまとめておく

会社から貸付されている備品や、経費で購入してもらったものなどは退職時に返却する必要があります。
いざ退職日になってから見つからない!とあわてないように、早めにまとめておくと良いです。

一般的に返却するものは以下の通りです。

  • 健康保険証
  • 白衣
  • 調剤印
  • 社員証や名札
  • 参考書や社内資料

調剤印は返却不要のこともあります。
社内の退職時に関するルールがあるはずなので、退職が正式に決まったらメールなど文書で返却物リストをもらっておきましょう。

逆に>会社から受け取る必要があるものもあります。

薬剤師免許証や保険薬剤師登録票、年金手帳を会社に預けている場合は、退職日までに必ず返却してもらいましょう。

源泉徴収票雇用保険被保険者証離職票も必要となります。
退職後でも受け取ることはできますが、いつ受け取ることができるのか一度確認しておいた方が安心です。

有給消化について相談する

有給を使うのは労働者の権利です。
もし有給が残っているのなら、使い切ってから退職しましょう。

ただあまりに多くの有給が残っている場合に、それをすべて消化してから退職しようとすると、引き継ぎ期間が取れずに職場に迷惑をかけてしまうことも。

そうならないように有給が多く残っている人は、有給消化期間を見越して早めに退職の意思を伝えたほうが良いです。

もしくは有給を買い取ってもらうという方法もあります。

有給の買い取りは行っている会社が限られているので、あらかじめ調べておきましょう。
退職時のみ、買い取りを行っているというケースもあります。

仕事の引き継ぎ

退職前には、仕事の引き継ぎをする必要があります。

予製や棚卸、発注など受け持っている業務があれば、既存スタッフにしっかりと引き継ぎしましょう。
引き継ぐ相手は管理者を含む全スタッフとよく相談してください。

例えば、自分が正社員なのに週3回しか出勤しないパートさんに引き継いでも、仕事がうまく回らなくなってしまいますし、手持ちの業務がいっぱいの人に引き継ぎをするのも難しいです。

また、自分がまだ勤めている間に代わりの人員が補充された場合には、その人の教育係になってしっかりと仕事内容を伝えていきましょう。

新しいスタッフが、周りと同じように仕事ができるようになるまでには時間がかかるものですが、最初の教え方が慣れるまでの速度を左右することもよくあります。

通常の仕事をこなしながら人に教えるのは大変かもしれませんが、自分の代わりをしてもらうと思って、引き継ぎを頑張りたいですね。

退職時のあいさつ

退職の決意から様々な段取りを経て、さあいよいよ退職日。
ここまで来ると残る段取りは、退職時のあいさつだけです。

気持ちよく退職するために、お世話になった人たちにしっかりとお礼やあいさつをして行きたいですね。

まずは、朝礼でスタッフ全員に今までのお礼をしましょう。

できれば3,000円程度の菓子折りも持参したいところです。

休憩室に置いておき、朝礼のときにその話をしつつ、お休みの人や遅く出勤する人にもわかるようにメモ書きもつけておきます。

門前病院と密接に関わっている薬局や、病院で働いている場合などでは、病院へのあいさつや他部署へのあいさつが必要になることもあります。

どこまでのあいさつが必要になるかは、事前に薬局長と相談しておきましょう。

薬局内以外へのあいさつは、忙しい時間を避けて短時間で済ませるようにします。
こちらには菓子折りは不要です。

終業時にも一言あいさつをしたいですね。

早く帰るパートさんなどには、その都度今までのお礼を伝えます。
それ以外のスタッフには薬局の戸締りをして解散をするときに。

この人とまたどこかで一緒に働きたいな

こう思ってもらえるような、あいさつを心がけたいですね。

最後に

薬剤師の世界はとっても狭いもの。
人間関係がイヤで逃げるように仕事を辞めても、次の職場にいる薬剤師が前の職場にいた薬剤師の友人だったなんてことは珍しくありません。

新しい職場でイヤな思いをしないためには、やっぱり円満退職を目指したいですね。

退職の手順がわからず困っている人は、まずは今回ご紹介したマニュアル通りの手順を踏んでみましょう。

円満退職ができれば、次の仕事を楽しく始めることができますよ。
まずは退職までのシミュレーションをしてみるのが良いでしょう!

M3グループが運営。薬剤師10万人以上が登録済み。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人を全国4万件以上掲載。
薬キャリサイトイメージ

-薬剤師の転職

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.