薬剤師のライフステージに合わせた仕事術、スキルアップに必要な知識や就職・転職情報サイト

Pharmaly|薬剤師生活応援サイト

薬剤師の体験談

体験談|調剤薬局を選んだ理由と薬剤師として働くやりがい・魅力

更新日:

story

薬剤師の就職先代表とも言える調剤薬局。
多くの薬剤師が薬局で働くとは言え、やっぱり仕事には向き不向きがあるものです。

そこで私が実際に調剤薬局で働いて、感じたことや体験したことなどをお話します。
転職先を選ぶときの参考にしてみてくださいね!

就職先を決めるまで

なぜ調剤薬局を選んだのか

私は薬学部卒業後、すぐに調剤薬局に就職しました。
薬学部入学時から卒業後はすぐに就職するつもりで、大学院に行くつもりはありませんでした。

進学を選ばなかったのは金銭的に余裕がなかったこと、勉強が好きではなかったことが理由です。

病院就職は考えなかったわけではありません。
病院実習に行ったときはとても楽しいと感じ、やりがいが大きい仕事だなと思ったので気持ちが揺れました。

ただやっぱり決め手となったのは、給与です。
年収を比較したときに調剤薬局と病院では初任給に大きな差があったからです。

長く勤めて薬局長などポジションを狙う予定がある、地方勤務に抵抗がない方ならやりがいが大きい病院でも高収入を期待することができたかもしれません。

でも大学卒業時点で結婚を考えている男性がいたため、長く同じところで働くことや地方で働くことは選択肢にありませんでした。
そのため調剤薬局で働くことを選びました。

もちろん他にも薬局勤務を選んだ理由はあります。
仕事の中で何よりも、患者さんと話すことが好き。淡々と決められた仕事をするのが向いている…などです。

ただその中でも給与は、仕事先を決めるのにとても大事な要素でした。

どんな調剤薬局を選んだのか

最初に就職した会社は全国チェーンの大手企業です。

最初に勤めた薬局は事務さんに調剤を任せたり、薬歴を適当につけたりといい加減な経営姿勢が嫌で1年で辞めてしまいました。

そちらは所属店舗が悪かったのか、会社全体がそういった体制なのかまでは、わかりませんでした。
そのとき後悔したのは「情報を集めてから就職しなかったこと」です。

そこで次の勤め先を決めるときには、情報をシッカリ集めることにしました。
特に重視したのは、待遇など求人票で確認できるもの以外の情報です。

つまり「実際に働いている人の声」が知りたかったんです。
友達や先輩などから情報を集めたりもしましたが、足りない分はネットで口コミを読んだり、薬剤師専門の転職サイトで相談しました。

特に転職コンサルタントは客観的な視点から企業を評価してくれるので、役立つ情報をたくさんくれて助かりましたよ。

まとめると、以下の手順で就職先を決めたことになります。

  1. 求人票でわかる内容のみで、気になる求人をいくつかピックアップする
  2. ピックアップした求人についての情報を集める

結局二つ目の就職先として選んだのは「経営者が薬剤師の中規模企業」です。
具体的には全部で薬局が15店舗ほどの規模です。

経営者が薬剤師のため患者さんに寄り添った、きめ細かい服薬指導を指針にしていることや、働いている人の満足度が高いことが決め手となりました。
離職率もチェック対象にしています。

調剤薬局薬剤師として働いた経験

仕事の内容について

調剤での仕事は処方せん鑑査、調剤、調剤鑑査、投薬、薬歴など様々な仕事がありますが、個人的に一番大変だと感じたのは一包化鑑査です。

スムーズに一包化鑑査を行うためには錠剤の刻印を覚えないといけないので、覚えにくいものは一覧にして記憶しました。
最近では記号ではなく商品名を刻印している錠剤が増えたので助かります。

服薬指導が苦手と言う薬剤師もいますが、私は接客のアルバイト経験があるためか、投薬が一番好きな仕事でした。

次回に繋げるための薬歴を考えて記録を残すのも、やりがいがあると感じていました。

これは適当に薬歴をつけていた最初の職場では、得られなかったやりがいです。
転職先を決める際には職場見学をして、薬歴を見せてもらったのが良かったと思います。
全員の薬歴が素晴らしい‥というわけには行きませんが、いくつか薬歴を見せてもらえばその薬局の薬歴に対する姿勢は読み取れます。

働いていて大変だと感じたこと

「ピーク時間」の忙しさが何よりも大変でした。
多くの調剤薬局でのピーク時間は11時~13時、もしくは夕方頃です。

薬と言う命に関わるものを扱う以上、最も重要なのは「正確さ」です。
でも正確さを求めるあまりに時間をかけすぎていては、患者さんの待ち時間がどんどん延びてしまいます。

患者さんは薬局に来るまでに病院でも待たされているので、1分でも待ちたくないと感じているものです。
待つのが好きな人なんていないですよね。

そのプレッシャーの中で「正確さ」と「速度」のバランスを取りながら仕事をするのは、大変だと感じました。

私は忙しくなると細かいミスをしてしまうことがあるので、ダブルチェック体制が整っている薬局を選んで就職することで調剤過誤の可能性を下げています。

仕事での失敗

私は「薬剤師はこうあるべき」という気持ちが強すぎて、スタンスが合わない薬剤師と衝突してしまうことがありました。

薬剤師は医療従事者なので、第一に患者さんのことを考えて働くのが正解だとは思いますが、そうは考えていない人もいます。

言い方は良くないですが「とにかく仕事をこなせばOK」と考えている薬剤師もいると言うことです。

そんな薬剤師の仕事態度や調剤のやり方、薬歴の内容などにイチイチ口出しをしてしまい職場の空気が悪くなってしまいました。

患者さんに迷惑をかけるレベルで仕事内容が酷いのであれば問題ですが、そうでなければ口出ししすぎず周りと上手くやることも大切だと感じました。

調剤薬局は少人数の職場なので、少しでも人間関係が悪化すると連携が悪くなり、調剤の遅れやミスに繋ります。
それは結局、患者さんにとって不利益になると反省しました。

楽しさを感じる瞬間

調剤薬局で働いていて嬉しいとき、楽しさを感じるときは以下の瞬間です。

  • 患者さんに相談されて、十分な回答ができたとき
  • 自分のアドバイスにより、患者さんの症状や数値が改善したとき

医師は薬剤師以上に忙しいので、細かい食事指導や生活指導までは出来ないこともあります。
そんなときに残ってしまった疑問を、調剤薬局で解消しようと考えてくれる患者さんが増えてきました。

もちろん医師の判断がないとお答えできないとき、調べなければわからないときもあります。
でも自分の持てる限りの知識を総動員して、患者さんの疑問に答えることができ感謝された瞬間は、何物にも代えがたい充実感がありますね。

薬の飲み方一つ、食事の仕方一つで数値や症状が劇的に変わることもあります。
治療が上手く行かない原因を服薬指導の中で探り、いくつかの提案をします。

その結果を直接聞けるとは限りませんが、ふと薬歴を振り返ったときに自分の提案から改善が見られた記録を見つけると、とても嬉しくなりますよ。

薬局勤務で学べたことや仕事の魅力

調剤薬局での仕事は、薬剤師が一般的に就く仕事の中で、一番多くの薬に触れあう仕事です。

つまりはありとあらゆる疾患、その治療法を学ぶ必要もあり、場合によっては栄養やサプリメントなどの知識も求められます。

そうはいっても毎日一生懸命勉強していた…なんてことは恥ずかしながらありません。
(毎日勉強している薬局薬剤師もいますが…)

意図して勉強しなくても日々の仕事の中で、どんどん知識が付いていきました。
参考書を読んだこともありましたが、実践が一番です。

新しい薬を見かけたらその場で添付文書を読んで学び、患者さんに知らないサプリメントについて聞かれたらその場で調べて…そんな機会が多いのが薬局薬剤師の特徴だと思います。

もちろん病院薬剤師も学ぶ機会が多いとは思いますが、どちらかと言うと病院薬剤師は「狭く深く」対して薬局薬剤師は「広く浅く」というイメージです。

知識を広げれば広げるほど服薬指導で患者さんの疑問に答えることができるようになるので患者さんからの信頼度が増し、それによりさらに患者さんが色々なことを話してくれるようになります。

そうすると以前よりも患者さんの治療に深く関わることができるようになるので、やりがいや楽しさもどんどん広がります。

一生懸命仕事をすれば自然と薬を始め様々なことについて学ぶことができるのが、薬局薬剤師の良いところです。
それによって仕事の楽しさが増すのも魅力的だと感じています。

最後に

調剤薬局の仕事は、ただ働くだけなら薬剤師の資格さえあれば誰にでもできます。

ただ楽しく毎日を過ごしやりがいを感じるためには、まずは自分にあった職場選びが大切です。

働いてみてどうしても合わない…と感じるなら、転職するのも良いと思いますよ。

周りが勉強熱心すぎて合わない…なんて転職理由だって間違ってはいないと思います。
無理して働くことは自分のためにも、患者さんのためにもならないからです。

自分が働いていて「楽しい」「嬉しい」と感じられるポイントが、一つでも多い職場を見つけることが、自然に薬剤師としてのスキルアップに繋がると思いますよ。
体験談を参考に自分が楽しく働ける職場はどんなものかイメージして、転職先を探してみてくださいね!

北海道 30代前半 女性

現在は育児中のため現場から離れていますが、薬剤師の派遣会社、調剤薬局で勤務していました。
資格:薬剤師免許・ダイエット検定2級・おむつなし育児アドバイザー

<関連記事>
体験談|私がどのように勤務時間を減らして年収アップに成功したか
体験談|門前薬局でいじめにあった私の転職活動方法と学んだこと
体験談|派遣薬剤師として働く道を選んだ理由と派遣会社の選び方

-薬剤師の体験談

Copyright© Pharmaly|薬剤師生活応援サイト , 2018 AllRights Reserved.